あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





島根から祖母が :: 2017/05/24(Wed)


わが家のことですが、
先週は5日間、実家のある島根から7時間かけてバスで母と祖母がウチに滞在しました。
祖母は今年米寿のお祝いをしたところです。

よくも長時間バスに揺られて大阪まで来れたものだと驚きました。

足が動くから元気で、よっし大阪いこー!という気持ちになれるのでしょう。
足が動かなくなったら、何をするのも億劫になるし気持ちもふさいでしまうのではないでしょうか。
この歳まで大病を患うことなく、沢山のひ孫に逢えるほど健在であることは嬉しい限りです。


滞在中、どのように過ごすのか?

案を巡らせていました。
元気とはいえ足腰は弱り、歩くと疲れてしまうことは母から聞いていたので、一日1ヶ所出かけたら翌日はお休みするというのんびりスケジュールを立てました。


家にいるときは、頼んだ訳ではないのですが、
母と祖母は日中出入りするわたしに代わり、家事や生い茂った庭仕事をして過ごしていました。

何も大阪まで来てそんなことしなくても、と言うのですが、気になるのでしょうね。
甘えてしてもらうことにしました。


40過ぎのわたしですが、母や祖母にしてみれば
至らない娘であり、孫なのでしょう。


ピカピカのキッチン、スッキリ剪定した庭木は気持ちのよいものです。


リビングにゴミ箱を置いていないことを不便に思ったようで、二人の生活の知恵なのか、チラシで箱を折り、ゴミ入れとして使うようお達しがありました笑

また、新聞紙で大小の袋が折られ、残飯入れや犬のウンチ入れにと。

そんな調子でお風呂場にもトレーで作った石鹸入れなど作品を置いて帰ったのには、二人が帰った今となっても見るたびニヤリとし、温かい気持ちになるのです。


そんなふうにして過ごした祖母ですが、
毎日欠かさずやっていたことは、朝の散歩でした。

犬の散歩と一緒に行かないかと誘いましたが、
「(わたしと犬が)歩くのが早いから」と断られ、自分のペースでゆっくりと歩くのを楽しんでいるようでした。


滞在3日目くらいで、かなりの生活地図が出来上がっていることには舌を巻きました。
北へ歩くと学校があること、まっすぐ歩いていく小学生と、道を曲がる小学生を不思議に思ったり(うちは校区の境い目にあるのです!)、スーパーが2軒あること、公園があること、かなり知っていました。


祖母が帰れなくなったらどうしようかと案じ、携帯持った?と尋ねたのですが、そんな心配は必要なかったようです。

ちなみにわたしと母は知らないところをウロウロするのは帰れなくなるんじゃないかと心配になるので進んで行きたいタイプではありません笑


大阪の主要な観光名所はだいたい行っている祖母に
どこか行きたいとこある?と尋ねると、
「スーパーに行きたい」というので、

え~っ、スーパーなの?と思いつつ、
「近所のスーパーはそんなに品数ないから、いろいろ売っててわたしの好きなスーパーに連れて行ってあげるよ、車で」と言うと、


それは必要ない、歩いてスーパーに行ってくる!と行って母と出かけて行ったのでした。


今回の祖母たちの来阪には、いろいろ考えさせられることがありました。


「ついそこ」が祖母には足腰がツラく大変であること、
いつも歩く阪急からJRの乗り換え通路は難所でした。

目的地までに食べるところなんて山ほどあると思って調べずに行ったら、高齢者には遠く、
なるべく歩かず移動できて食べれるところは満員で入れませんでした😱😱

おばあちゃん、ゴメン・・


みちみち休憩をはさみ、わたしが予定していた時間より倍の時間がかかり、昼食を急がなければならなくなってしまったことを申し訳なく思いました。


わたしが良かれと思って計画したことは、祖母にはツラかったかもしれません。

祖母は特別なところに連れて行ってほしいのではなく、
行きたい!と望んだのは散歩であり、近所のスーパーに歩いて行くことでした。


ジブンの出来る範囲で、ジブンが興味のあるものをジブンで選んで見てまわりたかったのでした。


おばあちゃん、あちこち疲れたね。
ゴメンね!
これに懲りずまた来てほしいなぁと
高齢者と行動を共にする際の配慮に欠けていたジブンを反省したのでした。



と、同時にこれって乳幼児にも通じることなんじゃないかと思ったのです。


ジブンの家の周りをお散歩して生活地図を広げたいと思ってるんじゃない?


特別な場所より、安心できる家族と近所の公園に行ってあそびたいと願ってるんじゃない?

祖母は大人だから、
疲れる、しんどい、痛い、こうしたいって言語で伝えることができるけど、

大人に説明して納得させる程の話し言葉を持たない乳幼児はどうやって、パパやママに伝えることができるの?


過敏性の強いコはどうやってそのつらさを訴えることができるの?


私たちは、私たちと違う乳幼児や高齢者や過敏性のある少数の人たちなどに寄り添う努力が足りていないんじゃないかと反省する機会となったのでした。







  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

グミつくろ~ :: 2017/05/23(Tue)

「おかしづくりが大好き!」というコと
「作ることもいいけど、食べる方がもっと好き!」というコ。

「何がたべたいの?作ってみようか」と誘うと、「グミ!」ということでした。

早速作り方を調べてみると、材料もすぐ準備できそうだし、プレイングの時間内で作って食べることもできそうです。

「では、今ないものはお店に行って買ってこなきゃね、ないものは、ジュースゼラチンよ。忘れちゃうと買えなくなるからしっかり覚えておかなきゃだけど、どうしたらいいかなぁ」と忘れないための策を考えてもらいました。

字を書くコたちですからメモにするかな?
イラストにするかな?
今の時代ならスマホで写真を撮るのかな?


しかし、二人のガールズが考えたのは
「買うもの二つ、こどもの人数二人とおんなじだから、
一人がひとつ覚えたらいいんじゃない?」

と、いうことでした。それは素晴らしい案ですね~!

「買い物するにはお金が必要よ。100円が五つでごひゃくえん。これだけおサイフに入れていきましょう」

おサイフを預かる人、エコバッグを持つ人、
二人で話し合って決めていました。

わたしは危険から守るための付き添いです。


ついでに、わがやのリサイクル♻️をマークを見てカテゴリーに分けています。
リサイクルすれば、ゴミ減量化につながり新たな資源となって生まれ変わります。



何味のグミにしようか?二人で相談しています。


楽しくてキャッキャとテンション上がります⤴︎⤴︎

ジュースを選び終わったところで目的は達成されたかのような空気が流れ、・・

ここで、「アレ?もうひとつ何か買うものなかったっけ?」

「えーっと、・・・わすれた~!」
「×&△チン・・え~っとー。◯△×チン、そんな名前やった」

「そうだね、普段使うものじゃないから覚えにくいのは確かね!ゼラチンよ!ゼラチン。」

「あー、そう!それだった!笑」

無事、買い物を終え、何をするのも楽しくてたまらない二人は爆笑しながらの道中。
目的を見失わないよう、リボンクラブに帰ってからすることの計画を再確認。
見通しを持たせます。
「時間内に固まらない、あるいは食べる時間がない場合はありがたくジェリーさんのデザートになりますよ~」と、付け加えておきました笑

「え~っ?じゃあ、どうしたらいいの?」

「食べて帰りたいなら早く固まらせなきゃね。固まらせるためには早く冷蔵庫に入れて冷やすこと。早く冷蔵庫に入れるためには、いま何をしたらいいんだろうね?」

いますべきことがわかると、自ずと相応しい行動へと向かっていけるコたちです。

必要な材料を計量中。




冷やしている間に、四角の群生化の課題に挑戦。

ちゅうくらいの概念がわかるかな?

この線を布に転写して縫いさしの作品へ仕上げる予定です。




  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

小舟出航 :: 2017/05/21(Sun)


◯ちゃん、7ヶ月女児。

目の前のオモシロそうなものに目が止まりました(定位)

このとき、おもちゃは「動機」となります。


◯ちゃんはまだハイハイはできませんが、
安全基地であるママから離れて探索に出かけようとしています。



手、膝が前に出ました!



目的達成! 見事、ペグを手に入れることに成功しました。


興味のあるものを見つけて、可能な限り前傾姿勢で四肢を使って目的を達成したのです。


これを、ウィニコットはおもちゃを「移行対象」とよび、ママと離れて「一人でいる力」を育んでいる、といっています。

少しの間、ママと離れて一人でいる


小舟ですから、長い時間航海できません。
小波が寄せると頻回に母船へと帰港します。


こんなふうにして、こどもはジブンとママとその他の世界を切り結びし、少しずつ大きな海へと漕ぎ出していくようです。








  1. お人形教室
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

明日のお天気は? :: 2017/05/12(Fri)


明日は池田ルームのおさんぽ会を予定していますが、

残念ながら予報では終日雨模様となっております。


時間の推移と雨雲の推移をみましても、明日の朝は雨が降り続くものと思われます。


中止連絡は、明朝7時を持って順次ご連絡いたします。

連絡を待ってからご準備下さいませ。



ジェリー

  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

春の陽射しを利用して :: 2017/05/11(Thu)


斜めの課題も簡単にできるようになりました(5歳8ヶ月)幼児期仕上げの時期ですね。



この日はお天気がよかったので、陽射しを利用してセロハンで・・


影遊び!

どうして影ができるの?
こちら側に影ができるのはなんで?
質問をなげかけてみました。

日光の存在や向きといった理科的な考察もできるようです。





ひとりで作ったというポシェットを見せてくれました。

かわいいですね。


言葉の端々から、わたしのお母さんってすごいのよという憧れや尊敬するキモチが伝わってきます。

きっと彼女のモデルは「お母さん」なんでしょうね。


子どもに与える「お母さん」の存在はとても大きいことが伝わってきました。











  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ