FC2ブログ

記事一覧

壊れた積木、その先へ

「かげでおしろをつくりたい!」元気にやって来た〇ちゃん(5歳0か月)はこうわたしに伝えてくれました。プロジェクターを使ってお城をつくることは、以前にも池田ルームのときに経験がありました。準備できるまで待ってもらっている間・・・Luxyアーチとジュエル積み木で。〇ちゃんの「美しい」と感じる配列でしょうか。おしろづくりへの期待も伺えます。プロジェクターの反射板のうえで積み上げています。光に照らされてとても美...

続きを読む

立派なヒト リターンズ

以前、9月末に当ブログで紹介するためアップロードを試みるもなぜだか途中で落ちてしまうため、やむなくインスタ(facebook も)で1分に短く編集したのを投稿したのですが、今回、落ちることなくアップロードに成功したためご覧ください。《2分30秒あります》皆さんはこの動画をどうご覧になるでしょう。わたしは以下のようにみました。形を認識し、概ね当たりをつけて全てのパーツを運んでいます。左右の手指を使い、指の外転も内...

続きを読む

大人の言ってることよくきいている⁈

午前中、あそびのアトリエには太陽の光が差し込み、その証拠とばかりに虹のプリズムが辺り一面に広がる時間がある。プレイング中の☆ちゃん(2歳)が気がついた模様。その様子でわたしも目を見張る。モビールの揺れに伴い、プリズムもうごく。とてもキレイ✨✨動画撮影するも、この美しさは伝わらないだろうなぁなんてつぶやいた。するとどうだろう。先ほどの☆ちゃん、フェードアウトしたかと思うとジャンボムシメガネ🔎を手に現れた!...

続きを読む

子どもの興味の先は・・?

「きょうはなにしようかな~」こんな声が聞けると嬉しくなります。実はこの日したいと思っていることがあるそうで直前にお母さんから聞いていました。果たして計画を実行するのか?はたまた他に面白そうなことを見つけるのか?それも密かな楽しみなところ。下の写真は、色鉛筆で描いたり、ハサミやキリなどの道具を上手く扱えるようになった☆ちゃんとしてみたもの。黒い画用紙に白鉛筆で図形を描いて、その線上にキリで穴を開けま...

続きを読む

幼児に必要な「憧れの活動」とは

子どもたちと過ごすプレイングの時間。何が子どもたち一人ひとりを魅了するのか?子どもの興味のありそうなことや季節、手指の使い方、身体の動かし方を見てこんなあそびはどうだろう?と提案できる引出しを多く持ち、臨みます。入室したときに目に触れるように出しておいたり、子どものその日の様子を見て、黙ってして見せたり。「それなぁに?」と聞いてきたら「よし」と心の中でガッツポーズしたり笑、何も見つけられずウロウロ...

続きを読む

白石正久先生講演会 報告^_^

9月18日に枚方で白石正久先生(現龍谷大学現代福祉学科)の講演会がありました。白石先生については、あそびのアトリエで子どもの発達を学ぶときの教科書としている教育者で障害児教育者の田中昌人先生と同じチームで、数人の子どもを長年かけて研究されていたと認識しています。田中昌人先生は故人ゆえお話しを聞くことは叶わないけど、同胞の白石先生にお会いできるなんて!それも枚方で!またとないチャンスだった訳です。そし...

続きを読む

論理的思考力

ボードゲームの棚の前に立った○ちゃん。先月6歳のお誕生日を迎えました。そんな彼女に普段アトリエには置いていないDOMEMOドメモというゲームに誘ってみました。見えている数字のタイル(相手側と場の数字)から、相手側に向けた自分のタイルの数字を推理するゲーム。初めは簡単にルール説明するため、数字タイルを減らしてやってみたのですが難なくクリア!数字タイルを増やしてもできたので、これからは場のタイルをいくつか伏せ...

続きを読む

あそびのアトリエについて

子どもが幼稚園や保育所などの集団生活の場で、特に困り感を抱えていることもなく、保育者や母親の手を煩わすこともない健康な子どもというのはたくさんいる。健康であっても人間には波のようなものがあって、遠くからみていても安心なときと、少し距離を近づけて関わったほうがよさそうなときがあることを本能的に感じている母親もまたたくさんいることだろう。もっともわかりやすいのは子どもが眠たいときやおなかがすいたとき、...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数