あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ママたちへのメッセージ :: 2016/09/23(Fri)

前回の記事にジジさんからコメントをいただいたので、改めてこちらでご紹介。


「この1ミリを微調整する経験が、今の子どもたちの生活やあそびの中でどれだけあるのか知りませんが・・・」

「1ミリの微調整」は注意が集中される中で可能なのでしょうね。

早期教育の塾では、一般的にこういう所には注意を向けないでしょう。外からの刺激に対して、何らかの反応を身につけていくことに関心が向けられているように思います。

何を信じるかは人それぞれですから、とやかく言うことはできませんが、私たちリボンクラブでは、子どもが自力で成長していく姿に、焦点をあてていきたいと思いますね。

「自覚と制御」という言葉があります。

幼年時代は、概ね「無自覚と制御」という段階だと思います。これが、学童期に移って年齢を重ねるにしたがって「自覚と制御」を身につけていくようです。

どういうことかというと、例えば母語は無自覚に覚えていきます。中学生に「ニホン語はどのようにして覚えましたか?」と聞いても答えられないでしょう。答えたとしても「自然に覚えた」としか言いようがないと思います。

ところで「国語はどのようにして身につけましたか?」と聞かれたら「教科書や先生に指導してもらって身につけました」と答えることができるかもしれません。国語は自然に身につけることはできないからです。

話し言葉は自然に覚えて操作することができるようになりますが、書き言葉は練習をして身につけていきます。

このあたりに「無自覚と制御」と「自覚と制御」の違いがあるようです。

「1ミリの微調整」は、ここでは「微細な運動の調整」という意味合いが強いと思いますが、中学生くらいになって作文を書こうとするときには「微細な概念(言葉)の調整」が必要とされてくるでしょう。

とくに手紙のようなものではなく、誰が読むのか分からないような「記事のような文章」を書くとしたら、それぞれの概念(言葉)の調整をしながら、記述していかなければならないと思います。

このあたりを支えているのが「自覚と制御」という働きかも知れません。発達は一足飛びに行くのではなく、順序もありますし、時間も必要とするようです。

5歳のお譲ちゃんの「1ミリの制御」が、どのような道筋を通って「自覚と制御」という段階にたどり着くのか?興味深い問題です。

「自然に成長していく領域があって、その領域を基盤にしながら自覚して成長していく領域が継ぎ足されていくのだ」ということを発見したのがヴィゴッツキーです。

これが、自然発生的概念から科学的概念へというテーマでした。

ヴィゴッツキーの活躍した1920~30年ころは、行動主義心理学の隆盛期だったようですが、ヴィゴッツキー自身は行動主義の考え方を不十分だと考えていたようです。

このあたりの論争になるとジジにもなにがなんだか?分からなくなるのですが、

ピアジェもヴィゴッツキーも、子どもの自然発生的概念に焦点をあてていたということは共通しています。

そして行動主義は子どものこの領域を「科学の領域に入らないもの」として無視したようです。

ジジが出会った「早期教育しているママたち」にも同じようなところがあります。子どもの自然な発達に目を向けないで、メソッドの効果に価値をおいていました。

ジジがなぜこんなことをクドクド言うかというと、リボンクラブのママたちには
せめて子どもの自然な発達に目を向けて欲しいからです。

それは、幻想でも何でもありませんよ。

子どもたちは将来の自分にとって今必要なことをしていくのです。

ヴィゴッツキーは、障がい児教育の専門家でもありました。

彼の考え方は「障がい児は、同年の健常児より少ししか発達しないのではなく、
彼自身の発達の仕方をする」ということだったようです。

「一人一人は違うということ」この考え方を身につけていきたいですね。



わたしは、ジジさんのように論理的にママたちへメッセージを送ることはできないでいますが、
こちらを読んでいただくと、

そうか、ジェリーさんが言ってたのはこうゆうことか!とご理解いただけることと思います。


幸い、拙いわたしのメッセージからも
何かを感じ取って実践されているママたちがいます。

それは、子どものあそぶ様子や話すことから見えてきますし、

ママたちの家庭でのエピソードを聞いているときに、その出来事に対してどう見て感じているのか伝わってくるのです。


そうすると、たとえこどもがなにがしかの事情を抱えていたとしても、
スーッと発達の軌道にのっていくのがわかるのです。


こどもを変えようとしないで、わたしたちが学ぶこと。


どこかの誰かに言われた根拠のない不安材料に惑わされることなく目の前のこどもを信頼して、

二度とかえらない貴重な瞬間を見逃すことなく子育てしたいものですね。










  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

つみき :: 2016/09/20(Tue)


5歳になった年中さんのお二人さん。

単純なルールのゲームなら、大人がいなくてもこどもだけで進めていくことができます。


わたしがカプラでおうちを作ると、
「わたしもつくりたーい!」と言って、モデルをよく見て作ることができます。

とっても真剣!

集中して作っているときはあまりおしゃべりもしません。(もちろん、静かに作りなさいとも言ってません)

「どうなってるの?」
見る視点、角度を変えて目と指で宙を数えるようにしてカプラの数を対応させていました。
実際にくっつけて数えなくても、宙をなぞるだけでシールを貼ったように頭の中で印を付けていくことができるんですね。

こういう経験が、
学童期に指を使わないでたし算や引き算をしたり、筆算のとき繰り上がりを書かなくても頭の中で一旦記憶の作業台にのせてとどまらせておくことができることの原体験であるかもしれませんね。


高く積み上げていくと、大人が思っている以上に緊張するようです。
その証拠に、完成するとホッとしてお母さんにくっついて開放される姿も見られました。

がんばったんだね
お母さんが寄り添います。

お母さんが側で見守ってくれていて良かったね。
嬉しいね。



この日はニキーチンの積み木にも挑戦!

斜め2コ、4コ入りのモデルに苦戦。


4コ入りのモデルは大変難しく、集中力も限界に近づいていましたので、
これまでの頑張りを認め終わりの時間を伝えました。


しかし、難しいと感じているにもかかわらず「やめたくない」意思をみせました。
あきらめたくない!
そう言っているようです。
これには側にいる大人はビックリです!

そこでお母さんには完成するまで時間を許してもらい、見事納得いく仕上がりに満足して帰りました。


その間、黙々と机上で先ほどのカプラのおうちを建てる小さな建築士さんは
経験を重ねるうちに慣れた手つきで何軒も完成させていたことにも大変驚きました。

この1ミリを微調整する経験が、
今のこどもたちの生活やあそびの中でどれだけあるのかわかりませんが、

ジブンの指先を使って得られる達成感や満足感、
ジブンってスゴい!
そんな経験をたくさん積んでほしいと願っています。





  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

『家族の家事ノオト』 :: 2016/09/15(Thu)


転勤族でしたので、3人のこどもを幼稚園に通わせるにあたり、関西・九州とじつに計5つの園に通ったことになる。

なかでも末っ子を通わせていた幼稚園は最も少人数でこじんまりとアットホームな雰囲気で、
卒園するときは、もうここに来れなくなるのかと思うと寂しくなるような園だった。


その幼稚園に通わせていたお母さんたちは、
多才な方がたくさんいて、わたし自身も刺激を受けた。
育児や安全な食事、絵本や健康などなど、
お母さんがイキイキと毎日を送るヒントを随分与えていただいた。


今は府外へ転居されているので直接お会いする機会は難しくなったけど、
園で出会った彼女から学ぶものは大きい。
彼女のような人がいるから頑張れる。

パワフルで自身のこどもだけでなく地域のこどもたちのことも視野に入れて活動されている彼女のブログをご紹介。


吉田さん(家事セラピスト)のブログ(下記をクリック!)
家族の家事ノオト



  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

疲れるほどあそぶ二人 :: 2016/09/12(Mon)


「コッチオイデー」とお母さんを呼び寄せ、それに応えるお母さん。

☆ちゃん1歳10ヶ月

コッチ、ムコウなど距離空間を表す言葉を見事に使い分けます。



カメラをそっと向けたつもりでしたが、敏感に反応してこのポーズ!

どこで覚えたんでしょうね~?笑


こちらはお母さんと数の対応と数唱。◯ちゃん3歳0ヶ月

対応はできていましたが、取り出しは難しいようです。
3歳になると、数多くあそびも楽しめるようになってきますね。


ポッチ付きジグソーを全部取り出し、入れようと試みます。

入れるときは適当ではなくおおよその当たりをつけて入れています。

以前のように力づくではなく、やや手首が柔軟に内外転できるようになってきました。
こうなると成功体験として感じられますから、型はめなども楽しくなりますね。


3つに分かれた動物を合成しています。

3分割されたカードを順序よく並べ替えて完成させるのは3歳児さんにとって大変難しい課題です。頭とお尻をくっつけて、お腹に当たる真ん中の行き場がわかりません。
こうかな・・、なんかちがうな・・
「それ、お腹だね。お腹はどこかな?」と言うと、先ほど並べた二つのカードの間をあけてお腹を合成することができました。
「できたー!!」

悩んだぶんだけ、納得いく仕上がりに嬉しそうに喜びます。

キリン、ゾウ、ワニ、トラ・・その他にも動物を知っているようです。




こちらはクリップで釣りあそびの最中の光景。
たくさん釣れたことが嬉しくて、お母さんにカップの中を見るように求めています。
「たくさん釣れたね~」

すると安心して再び釣りあそびに興じます。
お母さんみて!→ 探索活動の繰り返しが行われます。

このとき、お母さん(に代わる養育者)に余裕がなく忙しかったり、スマホに夢中だったとしたらどうなるのでしょう?

共有できた喜びや安心感が持てず、再び探索活動に出かけていけないことが起こるかもしれませんね。


基本的に並行あそびの二人ですが、
このあとなぜか二人が夢中になったのは、
高さ30センチくらいのボブルスからのジャ~ンプ!

☆ちゃんは受け止めてくれるお母さんがいるから安心してダイブします。
こわくないんですね。嬉しそうです。

触発された◯ちゃんは、一人でジャンプ。

両足をつけて着地できます。

「じゅんばん、じゅんばん」と言いながら、大人が調整してかわりばんこができました。
こんな関わり合いも一人では出来ないことです。
社会性を身につけるために経験したいことです。
(といっても、彼女たちは兄弟姉妹の末っ子どうし。家庭での日常茶飯事でしょう)


☆ちゃんはずいぶんあんよもしっかりしてきたようで背伸びをしたり、
歩くときも片足だけ背伸びをしてピョコンピョコンとわざとアンバランスな体勢をとったりする姿が見られました。
少し高いところから好んでジャンプするところを見ると、これから固有感覚や前庭感覚を刺激するあそびも☆ちゃんの周りに取り入れるといいと教えてくれているようです。
それでも、おさんぽに出かけても歩きたがらない~とお母さんがおっしゃっておられました。


字なんか読めなくてもカルタできるよ~

読み札のお話しを聞いて、そのイメージの取り札を探せます。


カタカタと坂道を下りるのを見ると、再び坂道の上に置いてみています。

いつも決まった結末に安心安心。
繰り返しのおもちゃが楽しいときです。



なにそれ?オモシロソウ!

接近しても大丈夫。警戒心や不安感なく、お互い存在を認め合い、受け入れているのがわかりますね。



それぞれの発達の軌道を歩むお二人さん、
笑顔が絶えません!

  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

「だす」「入れる」が楽しいとき :: 2016/09/08(Thu)


先日1歳のお誕生日を迎えたばかりの☆ちゃん。

テーブルでお腹を支えて二足姿勢になります。
「立つ」とハイハイの姿勢からでは見えないこの世の中をより知ることができます。


写真は蜜蝋クレヨンを手にしたので、紙を差し出したところですが、
☆ちゃんはクレヨンを把握して容器から出す→ 手を離す(下へ落とすことも)
出したクレヨンを掴み→ 容器へ入れることに懸命でした。

入れること、出すこと、


私たちにはなんの新鮮さも面白さも感じられない単純な、ともすれば注目することなく見過ごされてしまうようなごくごく小さな出来事ですが、
こんなに注意を持続できるなんて素晴らしいですよね。
私たちにもきっとこんな時期があったんです!

☆ちゃんの身の周りに、安全で把握しやすいモノと容器がいくつかあると良さそうですね。

こどもが一人で集中してあそんでいるときは、
近づいたり、話しかけないで
その動きや表情を見守るくらいがちょうど良さそうです。



機嫌よく、モノやわたしと関わる力がしっかりしてそうなので、
お母さんには☆ちゃんと距離をおいて部屋の端まで移動してもらいました。

お気に入りの「たくさんのカード」を出したり、広げたりして、触覚の違いを楽しんだり、「たくさん」を感じているのかもしれません。


好きなことをして、お母さんが常に視野に入っていなくても〝一人でいる力〝が備わっているようです。



まだまだお口で情報を取り入れる時期。
誤飲には気をつけなければなりません。



この日、わずかな時間でしたが、
なんの支えもなく一人で立っている姿を見ました。


次回お会いするときには、一人で立つことができているかもしれませんね。


☆ちゃん、どうぞよろしくお願いします!




  1. 小さな探検家1歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ