あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





こびとのごはん報告 :: 2017/08/11(Fri)


7月末のこびとのごはんの様子です。
3歳児以上の7名が参加。

テーブルの高さと身長が合うかな?
ひじを直角に曲げることができないコは、踏み台に乗ります。


まずは講師のあいさんによるデモストレーション。


お米を洗うことを「研ぐ」ってゆうよ。
台所以外ではあまり使わない言葉かもしれないですね。


左から順番に研ぎ汁が変化しました。

どんなふうに変わったかな?

牛乳?カルピス?
そうね、だんだん透明になってきたね!


水をたっぷり吸わせるため先にお米を研いでおこうね。

今回最年少の3歳女児。
お米がかぶるくらいの水で研ぐよ。水加減は大事ね。

こんなふうにザルの中で研いだら、危うくお米を流してしまうリスクもなくなります。


これ、な~んだ?

ワカメ?そうね、海で採れるものよ。
そう、昆布!
とても長いわね。コレは切ってあるからホントはもっと長いのよ~


どんな感じかな?さわってみて、におってみて、

かたい!
なんか白いものがついてるよ~
海のにおい!

五感を働かせて、食材の特徴を全吸収!



これは、みんなおんなじなかまです。
さて一体、なんのなかまなんでしょうね?

全部わかりますか?

左から順番に冬瓜、ズッキーニ、南瓜、そうめん南瓜(金糸瓜)、胡瓜、西瓜


これらはみんな瓜の仲間~!


先ほど触ったり、嗅いだりした昆布を水に漬けたものと比較。

どうなったかな?

やわらかくなったー
大きくなったー


そうだね。
乾燥しているものを水に戻すと、大きくなるし、やわらかくなるんだね~



これはそうめん南瓜。
あらあらおもしろい!
なまえ通り、中からはホントに実が麺状になってでてきました。


見た目にも工程にもテンションあがる「そうめん南瓜のすまし汁」が完成~



キュウリ🥒を切る年長児。

とっても真剣なまなざし。


こちらは白ネギを切る年少児。

右手と左手の役割の分化が進み、
手を切らないように・・・注意を払いながらホンモノの刃物を扱うことが出来ています!


こちらは白ネギを切る年長児。



こちらはキュウリの皮をピーラーを使って、しましまに剥いています。年中さんと年長さん。


まな板の下には濡れ布巾が敷いてあり、簡単に動かないようにしてあります。

包丁は、使わない時はまな板の上に、刃を自分より反対側に向けて置くお約束です。



レンジで柔らかくしたそうめん南瓜の実をほぐしています。

糸状にほどけていくのがおもしろいですね~


シソを丸めて切っています。



わぉ!たくさんでてきたよ~!








ガスコンロに点火!

火が危ないことはよくわかっています。
緊張しながらもやりたがるこどもたち。

イヤだ、やりたくない!と言うコはいません。
普段おとながしていることをやりたくてしょうがないようです。

今や、指一本で点火できる時代。
押して回すってなかなか経験できませんね。



これは枝豆の薄皮を剥いているところ。
中からキレイな実がピョコとでてきます。

じみ~な単純作業の繰り返しですが、大人顔負けの集中力で見事、全ての豆の皮を剥きました~



写真の順番が前後していますが、
昆布と鰹節で出汁をとっているところ。

出汁をとったあと、鰹節をすくい出すのも金魚すくいみたいでおもしろい!


キュウリと梅のさっぱり炒め

食欲の落ちる夏にぴったりのメニュー


これに枝豆ごはんと一緒にお昼ごはんをいただきました~

デザートには西瓜のシャーベットをいただきました🍉


メニューは、事前の打ち合わせで
和食でお願いしていました。
あとは、旬の食材を使い、季節を感じることができるようオーダーして講師にお任せしました。

このときにも、参加のお母さんたちにはお話ししたのですが、実はメニューの「キュウリと梅のさっぱり炒め」には少々心配でした。
こどもが果たして梅味を好むだろうか?という点です。
そこで、このメニューは再考を!とお願いしたのに対して愛さんは、「食べても食べなくてもいい。味覚を広げる機会としたい」と言ってくださったのでした。

こどもが好きそうな、食べそうなメニューにしたいと思っていた節があったので、この愛さんからの「味覚を広げる機会」には打ち砕かれたような衝撃を受けたのです。
あそびや生活のことには、こちらの願いを込めてサポートしているのに、
なぜだか、食べることに関しては完全にこどもの嗜好に寄せている自分がいることに気づいたのです。

また、愛さんは、
「食卓にこどもが食べないものもあってイイ。いろんな味付けや食材が並ぶのが良い」とおっしゃっておられたのも印象的でした。

思い返せば、わたしがこどもの頃、祖母と住んでいたこともあり、いろんな味付けのメニューや見た目にもとても箸をつけたくないような?大人の食べ物も並んでいました。
食べろ食べろと勧める親戚たちの誘いを、イイ、イイと断っていたものです。
見た目の悪い料理代表の茄子は今では大好物となったわけですが、小さな頃食卓に上がらなかったら
こんな美味しいものを知らずに過ごしていた事でしょうね。

つまり、こどもは食べないだろうと決めつけて
作らないのは、こどもの味覚が育つチャンスを奪うことにつながるから、例え食べなくてもどんどん食卓に並べよう!ということです。


当たり前のことだけど日々の生活の中で忘れていて、こどもに迎合している自身に気づいたのです。


参加したこどもの保護者も部屋からみていましたから、
何らかの気づきがあったのではないでしょうか。

あれから2週間以上経ちましたが、早速
同じメニューを作って家族に振る舞ったという報告がありました。
危ない包丁や火の仕事もこどもが注意してできることがわかりました。
長いデモストレーションも限界までよく頑張って聞けていたことに驚きました。
どの工程にも積極的に参加できていたことを嬉しく思いました。

などなどの感想が寄せられました。


家でこどもと台所に並ぶ注意点として、本物の道具を揃えてやることの大切さを教えてくれました。
今では扱いやすいセラミック製の包丁があるけど、切れ味は大事で、切れにくいものだと余計な力が入ってケガの元になるのだそうです。

また、必要ないものは片付けて見た目をスッキリしてやることや、切った野菜の入れ物や切り落とした野菜の端や皮など食べないところを入れる容器をまな板の近くに置いてやることで気が散らずに集中力が持続し、効率がよいこともなるほどなぁ~と再確認。そこは大人の環境配慮が必要なところですね。



おまけのショット📷

サンリオにこんなキャラクターいなかったかなぁ?



こびとのごはんの時間はこれからも長期休み期間中に計画できたらと考えています。
継続していきたい取り組みの一つです。









  1. おりょうり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

水の旅 :: 2017/08/09(Wed)


この日の年長ボーイズは室内あそびの後、お外へ出たくなったようでした。

水を出してあそんでいるところに、
「この水はどこにながれていくんだろうね?」と投げかけてみました。

外の水道の水はどこか別の近く場所からジョボジョボ流れ出る音が聞こえてきます。

「あれ、音が聞こえるね。」

「あ、ココから聞こえるよ!ココから水がでてきてるよ!」と言って、ホースの先を下水の蓋に差し込んでます。


間も無くすると、固いコンクリートに覆われた地面の下をつたって、道路脇の溝へ流れ出てきました。

乾いた溝を濡らして、水の道がどんどん伸びていきます。


少しずつ少しずつ進む水の道に男の子たちは釘付け!



水が流れていくのに合わせて移動していきます。
が、途中グレーチング蓋で覆われている箇所は先回りしてこんなふうに待ち伏せ(笑)


お母さんやよその大人が見たら、やめなさい!何してるの!って怒られるかしら・・と思いながらも、こどもたちの能動的な姿にわたしも楽しませてもらいました。

だって、大人はこんなこと絶対にしないでしょうから。


この水の旅はどこまで続くのかしら・・?とワクワクしてきたところで、思いもしなかった事態が判明!

溝の中にもさらにグレーチング蓋があり、そこへ流れ落ちてゆくではありませんか。

そしてこのグレーチング蓋(底)に顔を近づけて、その下がどうなっているのか見てみると、車道側の地下へと伸びた下水管へと繋がっていることがわかりました。


と、いうことは、
外の水道の下水や雨水はこんなふうにして道路の地下へと集められて流れてゆくようです。


残念ながら、リボンクラブからスタートした水の旅が意外とスグに寸断され、探索を断念せざるを得ない状況でしたが、こどもたちは諦めきれなかったようでした。

車庫にあった不用品の中からおあつらえ向きのベニヤ板を見つけてグレーチング底を塞いで水を渡らせる作戦です。


果たして上手くいくかしら、と思っていたら、
ただベニヤ板を置くだけではなく、なんと隙間から水が流れ落ちないように踏んで隙間を埋めることを考えついたのでした。

その結果、ご覧の通り、本来流れ落ちるはずの水が
ベニヤ板を濡らして、さらに下方へと水の道を伸ばすことに成功したのでした!
(ベニヤ板が濡れているでしょう)



そのあとは二人協力してバケツに溜めた水を運んで、流すという、大人にはわからない非生産的な?活動に懸命な様子でした。



道路の下には見えないけど下水管が通っていること、
下水管を通って水が集められることなどを話し合いました。
大阪市下水道科学館というところに行ったことがあるコがいました。
わたしもこの夏休みに息子と行ってみたいと思っています。

















  1. 「理しりそめし6歳児」
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

真剣な眼差し :: 2017/08/07(Mon)

ママから離れておもちゃでよくあそべる☆ちゃん(2歳7ヶ月)

始まりのご挨拶も椅子に座ってちゃんとできるのですから、すごいですよね~。


最近はパズルもよくするようになったのだとか。

無いパーツに目星をつけてはめ込みます。
だいたいのあたりがついている手の運び。


「よんで~」

きっとおうちでもこのような光景があるのが目に浮かびます。幸せの図ですね。


パズルでよくあそぶようになったということですから、写真のような構成あそびも見られるようになりました。

アーチとアーチを合わせた真ん中の丸に、同じ色の半円球を入れました。

とっても真剣!集中しています。
2歳児さんでもこんなにしっかりモノと関わり集中力を一定の時間持続させることができるんですね!


語彙力がぐんと増えました。
メモリーカードのなかから、お気に入りのカードをピックアップしています。また、「おんなじ」もわかります。



ぶら~ん♪

ジブンでジブンの体重を支えることができます。
足が床から離れても怖くないもんね。
ギッタンバッコン、シーソーのような揺れあそびなど不安定な体勢になることも好んでやりたがります。


穴にどんどんさしていきます。
つなげるのって楽しいわ、と言っているみたいな表情。




図鑑を見ていると、おもむろに側にあったウォーターゴーストの入ったペットボトルを横向けに倒して絵の上に置きました。

見てみると、虫眼鏡みたいに拡大されて図が見えます。
水の屈折によってレンズの役割を果たしているようです!


この発見にわたしは驚いてしまいました!
☆ちゃんはどうやら小学生のお兄ちゃんがしていたのを模倣したようです。

「こうするとおおきいね。よくみえるわね」と言うと
「うん!」と応えがありました。


日常生活の中の何気ないこどもの発見をともに喜び、共有したいと思っています。




  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

わたしは元気です! :: 2017/08/04(Fri)

たくさん記事にしたいことがたまりにたまっているのですが、滞ってしまっていますね😅


心配される方もいらっしゃるといけないのでお伝えしますと、
まず、わたしは元気です!


そして、記事が更新できない理由は
息子が地元のサッカーチームに入団しているのですが、
今期役員のため、わたしの頭の中の考え事や時間を占める割合が仕事の次くらいに多いからです。


こどもがスポーツ少年団に入ると、親が大変!
という噂は予々聞いていましたが、これが現代の世の中では敬遠される第一の理由でしょうね。

わたしは、自分のコのみならず、みんなが頑張っているのでお役に立てるなら頑張りたいという思いでさせてもらっています。


健康な身体に感謝しつつ、
毎週土日の練習、遠征に精魂費やしている次第であります。



随時、更新していきます!





  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

夏休みワークショップのご案内【小学生向け】 :: 2017/08/02(Wed)


昨年好評だった小学生向けの夏休みのワークショップ。
今年も開催します!


『夏休み!親子で学ぶ金銭教育 おこづかいゲーム
~21世紀を生きるこどもたちが自立した生活を送るために必要なことってなんだろう?~』



学校のテストで高得点を取れば、
偏差値の高い大学を卒業すれば、
有名企業に就職すれば、
自立できるの?
スポーツ選手になって、何億と年俸を稼ぐようになれば生涯楽して暮らせるの?



今や、現金を持っていなくても買い物、食事、娯楽施設が、また自動販売機やコインロッカーに至るまでカードをかざすだけで利用できますね。(もはやコインロッカーとは呼びませんね)

アレ?お金要らないの?もしかしてタダ?


いえいえ、そんな訳ないですよね。
代金は後から口座から引き落とされたり、前もって払っていることを私たちは知っていますが、
こどもたちは目にしないので知らないかもしれません。


普段 家には親が買ってあるおやつを食べ、欲しがるモノ、必要なモノは買い与えられている場合は、
お金を遣うことに興味がない子が多くいます。


自立して生きるためにお金は必要。
でも、失敗する機会も得られず経験不足なため上手な遣い方を学び損ねて大人になってしまうのはもっと危険。

若者のカード破産は増えていて、借金返済のために働くという構図があるようですが、こどもにそんな人生歩んでほしくないなぁと思います。


この金銭教育は親子で参加していただくことに意味があり、
こどもは実際にホンモノのお金を遣って買い物を体験したり、ゲームを通じて選択し、意思表示をする経験をします。


大人は、こどもが決められた範囲の中で、満足したり、失敗して反省したり、貯めたり、計画できるようにするために目をつぶり、
但しどんなことに遣っているのか振り返ったり、傾向を分析してお金の観点から親子のコミュニケーションをはかるヒントとなるはずです。


日時: 8月3日(木)14時から16時(13:40から受付開始)

場所: 池田市保健福祉センター 4階 会議室2

対象: 小学生とその保護者

参加費: 親子1組 2,000円(兄弟姉妹 1人につき+500円)



お申込・お問い合わせは
このブログのメールフォームをご利用いただくか、
omocharibon@gmail.comまで、件名に「おこづかいゲーム」と、

本文に
① お子さまのお名前
② 学年
③ 性別

をお知らせください。
追って、こちらから詳細をご連絡いたします。







  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
次のページ