あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





お母さんのための勉強会(1) :: 2017/11/06(Mon)


11/3(金)に、池田ルームのお母さん(お父さん)を対象にした勉強会を開きました。


講師には熊本よりあそびの心理研究所のジジさん、
山梨より森のようちえんピッコロ代表の中島久美子さんにおいでいただきました。


午前中はジジさんにお話しいただきました。

まず始めに睡眠と子どもの脳を研究されている三池輝久先生のお話しを紹介くださいました。

わたしも赤ちゃん学や著書から三池先生のことは存じておりますが、三池先生は先進国のなかでも日本の子どもの睡眠時間が少ないことを危惧されておられます。

睡眠中は身体は休んでいるように思われますが、実はそうではなく、
脳内ではたんぱく質の量を調整して昼間のストレスを軽減してくれたり、
記憶の整理をしているのだそうです。


そのためには途中で覚醒することなく連続した睡眠が望ましいと言われています。


私たちの身体のリズムは24時間ではなく約25時間という宇宙のリズムとズレがあるので、眠くなるまで待っていたら、自然にズレが生じてきます。

入眠のズレは30分までにとどめることとし、床について入眠するまでには家庭で積極的にリズム調整する必要があり、母親にしか出来ない仕事だということです。


朝、なかなか目覚めない、
起きてもボーっとしている、
体が重い、
疲れている、
ヤル気が起きない、
指示が入らない
そんな感じで午前中を過ごし、


お昼ごはんを食べた午後に、ようやく脳が目覚め身体が動く、なんて子は珍しくないようです。

それでいて、国語や算数がわかるようになってほしいというのはちょっとムリがありますよね😅



次に、リボンクラブに赤ちゃんのときから参加いただいみてるお母さんはよく耳にすることばであろう「アタッチメント」について、進化発達心理学の側面と合わせておはなしがありました。


赤ちゃん学会で遠藤先生が講演された「親子のアタッチメントが大事!」というのは最近よく浸透されてきたようです。


アタッチメントが安定型の子どもは、いろんなものに興味を持ちやすいことがわかっています。
そのアタッチメントを安定型にもっていこう、というのがリボンクラブの午前中にやってくる親子の最大のポイントとしています。


お母さんは赤ちゃんを産むと脳内物質オキシトシンという愛情ホルモンが放出されるのだそうで、

その物質が
わが子を可愛いという気持ちや
知らない人は受け付けない、子どもを守るシステムが働くという訳です。


赤ちゃんを産み育てるのは哺乳類の特徴で、
お母さん、お父さんペアで子育てする際
お母さんはお世話をする、ケアするのに対して、
お父さんはふざけたり、肌を合わせたりする違いがあり、そんなところから「あそび」が発生したのでは?と考えられているようです。


生物のもつ
「攻撃性」は子孫を残したり、捕食するために大切なシステムですが、ヒトは協力して生き残るための戦略として攻撃性を表出することなく友愛性を示し、

珍しいものに向かって引き起こされるのが「あそび」であったと考えるのが、脈々と受け継がれた生命の進化のなかで自然なことだったのかもしれません。


発達には順番があり、ヒトの赤ちゃんは概ね
10ヶ月頃から探索期に入り、2歳から3歳ごろに見立てあそびや並べること、分類、配列、カテゴリー分けなどするようになる表象期、4歳頃から調整期を迎えるのは
遺伝子に組み込まれた戦略であり、社会をモデルにして獲得した能力ということでしょう。


近代化以降ここ200年のことには、まだわれわれの脳は対応できていなくて、教科モデルには適応していないというのは進化の歴史を背景にして考えれば納得できるものですね。


となりの子より早く字が書けることや計算ができることに注目して子育てすることが悪いことだとは言わないけど、今出来るようになったことを共に喜び、
お母さんにしかできない環境調整を大切にすれば、そんなにおかしなことになりはしないだろう。

子どもは自ら動き、発達していく存在であるということが現在の研究者の前提となっていて、

赤ちゃんの能力はゼロだから外から刺激を与えて好反応を引き出すという研究者はいないそうです。



赤ちゃんを研究対象にした赤ちゃん学会の学術集会にここ数年参加していますが、わたしもそのような研究者発表を聞いたことはありません。



そして、驚くべきことにこのオキシトシンという物質は
将来の配偶者選びへとつながっているそうで、

ほかの誰でもない特別な人に出会うと
オキシトシンが出るというのですから、
あながちビビっときた、というのには科学的に証明されることなのかもしれません。



私たちは子どもを産み育て
その子どもは大きくなったとき、配偶者となるべき相手を選び出せることに向かっているともいえるのかもしれません。


生物ですから、「子孫を残す」ということが遺伝子に組み込まれているのはあらがうことのない自然な流れだなぁとスッと入りました。



続きます。







  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

お久しぶりだね。 :: 2017/10/26(Thu)


2歳のお誕生日を迎え、1ヶ月ぶりの再会です。
☆ちゃんのおうちには、新しい家族が増えたのです。

少し前まで☆ちゃんのいたママの抱っこ紐には赤ちゃんが、☆ちゃんはしっかりとした足取りで
リボンクラブに意気揚々とやってきたのには感動です!


☆ちゃんは物怖じすることもなく、
「ココ、知ってる!」と言わんばかりの勢いで
ジブンで靴を脱いで入室し、知っているおもちゃに順番に触れていきます。


首にはいくつかの「かけるもの」。
ペンを手にしたので紙を出してあげました。

以前は紙の一部分にだけ線の往復(弧を描く)でしたが、紙全体に縦や横線といったように、「自分の意思で手を止める」動きへと変化してきました。

また、色を変える楽しみも加わりました。

腕の動きが身体の中心から末端へ、より可動するようになりましたね。
視野の広がり、色彩の美しさ、豊かな感覚もわがものにしてきたようです。

写真は、線を「指差し」していますね。




沢山ある部屋のおもちゃの中から、おもむろにノブ付きパズルを選びましたよ。

右手の三本の指でノブを掴み、外していきます。

丸は見て、元に戻せるようです。

三角や四角をはめるには、手首のひねりが必要になる分、難しいです。

お次は、動物編。
今☆ちゃんは動物のブームだそうです。

形を認識し、同じものがわかり、ことばに置き換えることもします。

ゾウ、キリン、カバなど、明瞭な発音ではないものの、
何を話しているかは聞き取れます。


こんなとき、もしこどもが間違って言ったとしても
「違うでしょ、○○よ」と否定したり、言い直させる必要はないと言われています。

「そうね、カバね」と側にいる大人は正しい発音で受け応えすると、まず自分の発話に反応があることの安堵と心地よさを感じるようです。
そのうちに聞いたことばを正しく発音するようになるといいますから、言い間違いもことば習得前の期間限定のお楽しみと捉えられるといいのでしょう。



メモリーカードを出してきました。

☆ちゃんはクマを並べています。




今回の様子は、おやすみ前には見られなかった☆ちゃんのあそびです。

2歳児さんらしい姿です!




  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

わたしたちの社会 :: 2017/10/25(Wed)



私たちの体は、約60兆個の細胞でできています。私たちの細胞の核の中には、30億個の塩基からなるゲノムが入っています。その中に約2万数千個の遺伝子の存在が明らかにされています。私たちの遺伝子は、99.9%同じです。



45億年前に地球が誕生し、38億年前に遺伝子を持つ単細胞生物ができました。それから長い年月を経て、多細胞生物、軟体動物、脊椎動物、両生類、爬虫類、哺乳類が進化してきたと考えられています。20万年前に巨大な脳(新皮質)を発展させた、二足歩行するホモサピエンスが誕生し、10万年前にアフリカの地から地球上の様々な地域に移動しました。私たちはその子孫です。




人は二足歩行して、巨大な脳を支え、手を使い様々な操作を行うことができるようになりました。人はことばを獲得し、頭の中で考え、コミュニケーションをはかれるようになりました。文明、文化を発展させ、地球の様々な地域に進出し、開発しました。2,000年前、地球の人口は3億人程度でしたが、1,804年に10億人、1959年30億人、1999年60億人、2011年には70億人になり、さらに増え続けています。急速な勢いで環境破壊が進んでいます。食糧問題、民族紛争、地球温暖化は現実の問題です。



今から50~60年前の昭和30年代、日本で家庭に電話がある家はまれでした。黒のダイヤル式で受話器は本体につながっていました。それがプッシュホンに、コードレスに、そして携帯電話になりました。携帯電話にカメラやインターネット機能が加わり「ケータイ」になり、スマホの時代に突入しています。インターネットで瞬時に世界中とつながることができる時代になりました。かつての100年、1世紀の変化が、10年以下のスピードで変化している現在の社会の中で、私たちが生活し育児をしているのです。




子どもは大人をそのまま小さくしたものではありません。体が大きくなり、機能が成熟する、発育・発達する存在です。人は1年間未熟で生まれてくると言われています。またひとりでは決して生きていけない、社会的動物であるともいわれています。必然的に、育児が必要になります。乳幼児期に適切な愛着(アタッチメント)が形成されることが、将来の子どもの人格形成に大きな役割を果たします。子ども虐待はこの愛着形成に破壊的な悪影響を及ぼします。乳幼児期は、社会の中で生きていく決まりごと、ルールを身につける時期でもあります。




〈参考文献〉いけだファミリーサポートセンター講習会テキスト 中村敬『子どもの健康と福祉ー人間学を学ぶ人のための子どもの科学』大正大学出版会2011年3月






  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

子どもがドンとぶつかってきて、よろめくようではだめ :: 2017/10/20(Fri)




子どもがご飯を一杯食べるのなら、お母さんは二杯食べなきゃだめよ、と私はいつも言っています。
子どもがドンとぶつかってきても、よろけないで突き返せるくらいの体力が必要だからです。


子育て真っ最中のお母さんが、私にはうらやましくてたまりません。なんて幸せな人だろうと思います。


子育てに追われておしゃれもできない、社会から取り残されているなどとぼやいていますが、そんなことはありません。あなたはまぶしいほど輝いています。



世の中のすべてのことが我が子の将来にかかってくるのですから、いまの社会の先端に立っているのはお母さんたちです。
窓際族の私には本当にうらやましい限りです。


ただ忙しさのせいで、自分の体を後回しにしているお母さんがけっこういます。健康診断はちゃんと受けてほしい。



子どものために自分を犠牲にするという時代ではありません。



何よりも自分自身をふくめた家族を大事にしてほしいのです。






日本文学作家の中川李枝子さんの
『子どもはみんな問題児』のなかの一部です。
わたしの祖母世代の方ですから、おっしゃることに重みを感じる一方で、そうそう、とうなづける部分があるのは、わたしが小さな子どもを育て終わったからでしょうか。


今、懸命に子育てしているお母さんたちを応援したいと思っています。
そんなお母さんたちに届けたくて抜粋しました。







  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

LittleBits気になってマス! :: 2017/10/17(Tue)


小学生向けの物作り好きなコの興味のありそうなものをみつけました。


スターウォーズDROID INVENTOR KIT


ハンダづけや配線、プログラミングなどの特別な知識がなくてもマグネット式の各モジュールをつなげることで簡単に電子回路を学べる電子工作ができるキットです。


大阪でワークショップがないのが残念な限りですが、
ずっと気になっています。

今回のスターウォーズのキット、
息子が気に入りそう。
クリスマスプレゼントの候補です❤︎



  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ