FC2ブログ

記事一覧

2021おとまりかい①

3月末行ったお泊まり会の様子です。このときお天気はあいにくの小雨☔︎カッパや傘をさすほどでもないけど…という感じです。天気予報では昼過ぎから晴れの予報となっていました。駅に集合して電車、バスに乗り継いで行きます。宿泊先に到着🚌ここでスタッフのニーナさんと合流。雨のため、宿泊先のレストランのウッドデッキをお借りしてお弁当を食べました。お母さんからの手紙に自分を励ます姿もありました。なんてったって不安や緊...

続きを読む

こびとのごはん復活!

3月は年度末でみなさんあわただしい毎日をお送りなのではないでしょうか。ひらかたルームも多分にもれずイベント目白押しで、ブログも追いついていません💦3月23日講師に「こどもキッチン」の石井由紀子先生をお迎えして、小さいひととお母さんのための台所仕事「こびとのごはん」を開催しました。台所仕事を通じて子どもの自立をサポートするのがねらいです。子どもは熱心な努力家であり、やりたがり屋です。お母さんが扱う道具や...

続きを読む

2021 やまのぼりかい②

下りなぜだか大きい子たちは勢いよく駆け足で🏃‍♀️まるでアクセル全開の暴走列車のようです。足場の悪い山道では滑ったりこけたりすることもあるでしょう。余計なことかもと思いながらも、「それあぶなくないですか?痛いことにならんやろか」と言ってみるものの、何度も繰り返します。身体的欲求に従っているようです。そこで欲求を満たすことと平行して、「ブレーキ」をかけることを提案。すると駆け降りたあと「ぶれーき」と言っ...

続きを読む

2021 やまのぼりかい①

先日やまのぼりかいを開催しました☀️⛰去年はあいにくの天候不良でやむを得ず中止したので、ひらかたルームになってから今回初のやまのぼりとなります。ひらかたルームに集合してからバスで移動し、最寄りの停留所で降ります。「やま、どこー?」そうなんです!降りた地点から辺りを見渡してみても山は見えないんです。「これから山のある方に歩いて行くよ~」みえてきた!前方に山はっけん!!え~、とお~いあそこまであるくのー...

続きを読む

できるようになるのを待っててね

電車好きの★くん(3歳6ヶ月)机の上には立方体×8コを大きな立方体に積み、いろんな角度から見えるようにしています。その積木を手に取り、「でんしゃだよ」よく見ると、同じ基尺のレンガ積木の上に2つの立方体を乗せています。ピッタリ合うのは気持ちいいですね。「でんしゃだね。それはなん両編成なの?」の問いには、一つずつ指差し対応させながら、「イチニーサンシー…ハチ!はちりょうだよ」そうして遊んでいると、お友だちが...

続きを読む

言語習得前の人たちとのコミュニケーション

お母さんを介して三項関係が築けています。睡眠や食事などの生活の型が安定しているようです。☆くん(1歳3ヶ月)昼間は興味の対象に意欲的に活動します。あそびのアトリエでの過ごし方も流れが安定しているので、これまで見えていなかったかもしれない?絵本コーナーから一冊チョイスして読んでみました。見ているようでみていない?聞いているようで聞いていない?そんな反応でしたが、絵本を棚に戻すとその直後、絵本を手に取り...

続きを読む

前回の記事について

前回の記事にいただいたジジさんのコメントにお返事を作成していたら、長くなったのでこちらに記事として投稿することにしました。子どもと接していると、私たちの生活には男であるとか女であるということに随分制約がかかっているいることに気がつくようになりました。これをジェンダーバイアスというのだそうです。幼児が発達の過程で「自分の性がわかる」ということがありますね。それは体の違いに気がついたり、性自認がありま...

続きを読む

アップデートが必要な大人

年前も前の出来事です。娘が起立性調節障害を患い、入学した高校を辞めて自宅療養をしていた時期がありました。この頃の娘は自律神経が乱れ、とても不安定な日々が続いていました。「なりたい自分」と「思うようにならない身体」の間で悩み、苦しかったことと思います。私も正解がわかりませんでした。リビングを占拠していた彼女とは、生活のちょっとしたことでよく衝突したものです。息子も自身の特性で学校生活には課題もあり、...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数