あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





島根から祖母が :: 2017/05/24(Wed)


わが家のことですが、
先週は5日間、実家のある島根から7時間かけてバスで母と祖母がウチに滞在しました。
祖母は今年米寿のお祝いをしたところです。

よくも長時間バスに揺られて大阪まで来れたものだと驚きました。

足が動くから元気で、よっし大阪いこー!という気持ちになれるのでしょう。
足が動かなくなったら、何をするのも億劫になるし気持ちもふさいでしまうのではないでしょうか。
この歳まで大病を患うことなく、沢山のひ孫に逢えるほど健在であることは嬉しい限りです。


滞在中、どのように過ごすのか?

案を巡らせていました。
元気とはいえ足腰は弱り、歩くと疲れてしまうことは母から聞いていたので、一日1ヶ所出かけたら翌日はお休みするというのんびりスケジュールを立てました。


家にいるときは、頼んだ訳ではないのですが、
母と祖母は日中出入りするわたしに代わり、家事や生い茂った庭仕事をして過ごしていました。

何も大阪まで来てそんなことしなくても、と言うのですが、気になるのでしょうね。
甘えてしてもらうことにしました。


40過ぎのわたしですが、母や祖母にしてみれば
至らない娘であり、孫なのでしょう。


ピカピカのキッチン、スッキリ剪定した庭木は気持ちのよいものです。


リビングにゴミ箱を置いていないことを不便に思ったようで、二人の生活の知恵なのか、チラシで箱を折り、ゴミ入れとして使うようお達しがありました笑

また、新聞紙で大小の袋が折られ、残飯入れや犬のウンチ入れにと。

そんな調子でお風呂場にもトレーで作った石鹸入れなど作品を置いて帰ったのには、二人が帰った今となっても見るたびニヤリとし、温かい気持ちになるのです。


そんなふうにして過ごした祖母ですが、
毎日欠かさずやっていたことは、朝の散歩でした。

犬の散歩と一緒に行かないかと誘いましたが、
「(わたしと犬が)歩くのが早いから」と断られ、自分のペースでゆっくりと歩くのを楽しんでいるようでした。


滞在3日目くらいで、かなりの生活地図が出来上がっていることには舌を巻きました。
北へ歩くと学校があること、まっすぐ歩いていく小学生と、道を曲がる小学生を不思議に思ったり(うちは校区の境い目にあるのです!)、スーパーが2軒あること、公園があること、かなり知っていました。


祖母が帰れなくなったらどうしようかと案じ、携帯持った?と尋ねたのですが、そんな心配は必要なかったようです。

ちなみにわたしと母は知らないところをウロウロするのは帰れなくなるんじゃないかと心配になるので進んで行きたいタイプではありません笑


大阪の主要な観光名所はだいたい行っている祖母に
どこか行きたいとこある?と尋ねると、
「スーパーに行きたい」というので、

え~っ、スーパーなの?と思いつつ、
「近所のスーパーはそんなに品数ないから、いろいろ売っててわたしの好きなスーパーに連れて行ってあげるよ、車で」と言うと、


それは必要ない、歩いてスーパーに行ってくる!と行って母と出かけて行ったのでした。


今回の祖母たちの来阪には、いろいろ考えさせられることがありました。


「ついそこ」が祖母には足腰がツラく大変であること、
いつも歩く阪急からJRの乗り換え通路は難所でした。

目的地までに食べるところなんて山ほどあると思って調べずに行ったら、高齢者には遠く、
なるべく歩かず移動できて食べれるところは満員で入れませんでした😱😱

おばあちゃん、ゴメン・・


みちみち休憩をはさみ、わたしが予定していた時間より倍の時間がかかり、昼食を急がなければならなくなってしまったことを申し訳なく思いました。


わたしが良かれと思って計画したことは、祖母にはツラかったかもしれません。

祖母は特別なところに連れて行ってほしいのではなく、
行きたい!と望んだのは散歩であり、近所のスーパーに歩いて行くことでした。


ジブンの出来る範囲で、ジブンが興味のあるものをジブンで選んで見てまわりたかったのでした。


おばあちゃん、あちこち疲れたね。
ゴメンね!
これに懲りずまた来てほしいなぁと
高齢者と行動を共にする際の配慮に欠けていたジブンを反省したのでした。



と、同時にこれって乳幼児にも通じることなんじゃないかと思ったのです。


ジブンの家の周りをお散歩して生活地図を広げたいと思ってるんじゃない?


特別な場所より、安心できる家族と近所の公園に行ってあそびたいと願ってるんじゃない?

祖母は大人だから、
疲れる、しんどい、痛い、こうしたいって言語で伝えることができるけど、

大人に説明して納得させる程の話し言葉を持たない乳幼児はどうやって、パパやママに伝えることができるの?


過敏性の強いコはどうやってそのつらさを訴えることができるの?


私たちは、私たちと違う乳幼児や高齢者や過敏性のある少数の人たちなどに寄り添う努力が足りていないんじゃないかと反省する機会となったのでした。







  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

ゆっくり大きくな~れ! - やくそく- :: 2017/04/18(Tue)



この3月にリボンクラブを卒業した年長さんのお母さんが先日用事があってこちらに来られた際、伺ったエピソードが素敵でした。許可を得たのでご紹介しますね。




新しい環境にやや緊張したり、不安を抱えるコではありますが、イヤがることなく学校へ通っているようです。

家では、「お友だちの作り方がわからない」とお母さんに話したので、

「では、幼稚園のときはどのようにしてたの?」と尋ねると

「おはなしする」と答えたので、

「じゃあ、席の近くのコに話しかけてみたら?」とお母さんは返したということでした。


6歳のこどもがココロの疑問を言語化し、安心できる人(お母さん)に伝えることができたことをステキだな~と思いました。
また、その疑問に対して、大人の考えを押し付けることなく対話によって導く語りかけは見事だなぁと。


お母さんは知ってか知らずかは不明ですが、心理やカウンセリング、企業の人材育成、スポーツ選手、もちろん育児にも有効なスキルとされているコーチングを使っておられます。


コーチングとは、悩んだり困ったことの解決法や答えは実は一人ひとりが既に持っていて、対話によって自己肯定を強め、ジブン自身を導き出せるスキルともいえるでしょうか。

『対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。ウィキペディアより』


また、「これからは放課後あそぶ約束をしてきてもいいのよ」と、お話ししたのだそうです。

いつ、だれと、どこであそぶかをジブンで決めれる、
約束をする、
目的達成のために必要なことを考える


このようなことは幼稚園に通う間はあまり経験しませんよね。
せいぜい園庭、
通園バスで同じのお友だち、といった制約があるのがほとんどではないでしょうか。


小学校に入学すると、お友だちもたくさんいますし、
あそぶ空間が「校区」とものすごく広い世界へと変わります。
必ずしも相手のおうちを知っているとは限りませんし、まして今や連絡網も配布されない時代ですから、連絡先も知らない、相手のお母さんの顔もわからない・・
ナイナイ尽くしですから、大人は何もしてやれません。


そんな訳で、こどもの「約束」がとても重要な役割を果たすことになるのですが、当の本人たちは大人ほど時間や正確さなど「約束を果たす」ことの意味合いを理解できていないもので、どこか曖昧なスキだらけの約束をしてくるのです笑!


このコも「あそぶ約束をした」と帰ってくるも、時間は決めていなかったり、

翌日、確認するのを忘れてしまっていたり、

待ち合わせの場所を決めたけど、なかなか相手はやってこないで1時間待ち続けたり(一緒にお付き合いくださったお母さんも大変でしたね)、


確認したはずの待ち合わせ場所は、相手のおうちでは「行っては行けない場所」とされていることを知ったり・・


こんな調子でなかなか会えない日が続いているそうなのです笑


待っているときの気持ち、会えるといいなぁと期待する気持ち、会えなくて残念な気持ち、思い通りにいかなくてモヤモヤする気持ち、おそらくいろんな気持ちが入り混じることでしょう。
こどもは真剣ですから、笑ってはいけないのですが、
もう可愛くって。

だって一冊の絵本になりそうじゃないですか。


いつ、それは会えることになるんだろうってわたしまでワクワクするのです。


そして何よりステキなのがお母さんで、
こどもが困っていることには助けるけど、決して先回りすることなく、
こどもがジブンでできるように待っていらっしゃる、
忙し過ぎないゆっくりした時間が持てるよう調整しているところです。


今は、習い事が多くて送迎に忙しかったり、
待つことが難しいために、こどもが自由にあそぶことを禁止したり、
未熟な約束をしてきたことを叱ったり、
こどもに代わり親同士で約束をとりつけたりすることが多くあります。

こどもの問題より、大人が時間的・精神的余裕がないこと、過保護・過干渉といった問題の方が圧倒的に占めているように思われますから。


このお母さんがしていることは、
「こども同士で約束をしてきたとしても、相手が病院や習い事があって遊べないこともある」という可能性を示唆することと、

こどもの疑問や困りごとに対し、対話によって自発的な行動を促す


ということでした。

こどもを信頼している姿がとても気持ちよく感じられました。



もう間も無く、放課後お友だちと盛んにあそぶようになるのでしょう。
ゆっくり大きくな~れ!












  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

まちのおもしろ企画 :: 2017/02/28(Tue)



先日、本を返しに図書館へ行ったときのこと。

こんな興味深い案内チラシを目にしました。




え~っ!なんなの~?

してみたいしてみたい!

しかし、対象年齢 小学3年生までとある。


大人はもちろん、家族最年少の息子をもってしても該当せず・・
あー残念


だれかわたしの知り合いで、このおとまりかいに参加する人いないかなぁ


なんてぼんやり考えるこの頃です❤︎







  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

カフェでのできごとから :: 2017/02/01(Wed)

現在、長女が入院中で長時間病院で過ごしています。(重篤な病気やケガではないのでご心配なく~!)


院内カフェでのできごと。



わたしの座った席の通路を挟んだ隣の席に、小さなお兄ちゃんと妹が仲良くトレーを運んで座りました。(一見したところ、妹ちゃんは四肢が短く障がいを抱えているかもしれません。)


お兄ちゃんがコッチコッチと呼んでいます。

あとからお母さんと思われる女性が軽食をはこんでやってきました。


まもなくすると、何か連続した音が聞こえてきました。


ん?何の音?


顔をあげると先ほどの妹ちゃんが泣いていたのでした。


どうやら、お兄ちゃんと半分こで食べるつもりでお母さんが買ったプレートを妹ちゃんは分けずに一人で食べたいと思っていたようです。


(なるほどね~あるあるやね~)



はじめから分けっこって言ったでしょ。

そんなに欲しいなら家でまた作ってあげるから・・

ダメよ、半分よ。

お母さんはなだめます。


言って聞かせようと説得しているようです。


しかし、妹ちゃんは泣き止むどころか益々激しく泣き、カフェ内に声が響きます。

泣き止む気配はなさそうです。


周囲の無言の圧力を感じたのか、お母さんが突然妹ちゃんの前髪をひっつかみ

もう、いい加減にして!

だから、半分こゆうてるやろ!

ココ、外やから。家と違うで!

恥ずかしいから泣かんといて!




お母さんのホンネですね。



そのあとも、お母さんはクドクドと正論を述べています。




妹ちゃんがどれだけのことを理解できるのでしょうか?


次にわたしが顔をあげたとき、そのファミリーはいませんでした。



わたしより後に座ったのに、早々に切り上げて退散されたようです。


それも得策と言えるでしょうが、なんだかモヤモヤが残りました。

残念な気持ちになりました。


おそらく妹ちゃんにしてみたら、
目の前のお皿を全部ジブンのものにしたかった。
半分に減ってしまって残念な気持ち
に、尽きるのでしょう。


このときに、
全部たべたかったんだね。
今日は全部食べれなくて残念だね。


気持ちに寄り添い、落ち着くのを待つより仕方ないし、みんなの目が気になるなら場所を変えてもヨカッタんじゃないかと思うのです。


お母さんは間違っていることは言ってないし、
正直だけど、


イライラしたり怒りが込み上げてきたのは、お母さんの問題よねー、と。



子どもが外で聞き分けがないとき、だれもが経験することですね。


他者からの視点は大事ですが、


子どもの気持ちに寄り添い、待つファースト




これができない中にいると
子育ては苦しいなぁと思うのです。


そのためにも、お母さんが疲れていたり忙し過ぎると、ゆったり待てなくなったり、

言わなくてもよい言葉を浴びせかけてしまって子どもを傷つけたりすることもあるんじゃないでしょうか。



自戒をこめて。




  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

仲間へ :: 2016/10/14(Fri)

ジョージラックパズルを全制覇!

しっかりとゆっくりと取り組むことができます。

「ぼくはひとりであそぶのがいいもん!」

ドールハウスが生活の場であることに気づいています。
どこにどの家具や道具があるのがふさわしいのか、
全体に目をやり黙々と配置していきます。
しっかり自己の内面と育てているようです。

一人がキネティックサンドを出してきました。

もう一人も砂あそびが気になるようで、テーブルの砂に視線が移ります。
「一緒におすなであそぶ?」
「うん!」


仲良くトランポリンを跳ぶお二人さん。

やっぱりお友達とあそぶのは楽しいね~!




  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ