FC2ブログ

記事一覧

「話す」能力を対話や他の表現へ

○くん(5歳5ヶ月)5歳になるとだんだん頭の中のイメージしたもの、描きたいものを決めて描き、また特徴を上手く捉えて表現できるようです。「ヒコウキ」車輪、翼、尾翼、窓下の線は滑走路だったかな。先日のおさんぽ会の時に飛んでいたという「ヘリコプター」(前から見たところ)自衛隊のヘリで、数機がバラバラ(整列はしていない)だけど、まとまって飛んでいたことを教えてくれました。ヘリコプターをもっと詳しく描いてくれま...

続きを読む

描画にみる指の発達

2歳9ヶ月女児筆を握る指は親指とその他の指4本に分かれています。「握る」かたち。同女児。今度は二本持ち!右手は「握る」ではなく、親指・人差し指・中指を使った三点で支持し、直線を引いています。左手は「握る」持ち方。右手指の方が細かく動かせるようです。2歳8ヶ月 男児こちらも筆を「握って」います。新しく上から下へ伸びる「直線」を描くようになりました。「まっすぐ描くのだ」という意思に伴い、肩やひじを調整できる...

続きを読む

教えなくていい

この絵は 昨年まっくすが6歳の誕生日を迎える頃にi padで描いてくれたわたしの横顔ですどこが横顔かって?それは 「i padを横から見る」のだそうですなるほどね〜見る視点を変えると、見え方も違いますものね面白いことを考えるものだと この時目からウロコが落ちるような驚きがあったことを 今でも忘れられませんこれは、卒園前に幼稚園で描いた「将来のゆめ」だったでしょうか「さっかーせんしゅ」と書いてあるので、そこか...

続きを読む

多少の遅れはあってもそのうちに

冬休み中の まっくすの描画作品まっくすは これまでも「うまくかけない!」と言って、極端に描画あそびをしませんでしたそれが、この日仕事を終え帰宅すると、姉と二人でお留守番をして過ごしたまっくすが見せてくれたのです「へび」今年の干支である蛇を年賀状でよく見かけたからでしょうか波線が上手く描けています黄色が見えにくいですが、中央にひまわりがあり、右側にカブト虫、左側に角2本のクワガタ虫がいます力強いまっす...

続きを読む

いろあそびワークショップ

先日、まっくすと二人で京都に行きいろあそびのワークショップに参加して来ましたホントは、ワークショップの前に行われる大人向けのいろあそびの方を楽しみにしてたのですが、都合が悪くなり午後の親子向けのいろあそびのみの参加ですワークショップの講師はおかだ美保さんという方で、パリのこども達にも同様のいろあそびをするなどの活動をしています『風の子ふうた』この絵本の絵を描いたのも彼女です画用紙が配られたあと、「...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数