あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





しりとり :: 2012/08/19(Sun)

ここ最近、しきりに
しりとりしよう」と、まっくすが言います


【しりとり】のやり取りを覚えたのは、年中組の時でした

その時はまだ
単語の尾から始まる単語を言うことに理解が弱かったのか、


同頭語を言ったり、単語の間に入れることも多々ありました


(そこから、同頭語を言い合うあそびにもよくなりました)




しかし、最近はしっかり しりとりあそびが続きます

わたしが答えに詰まっていると、そっと耳打ちをして
ジブンがひらめいた単語を教えてくれます


また、「おっ!それいいね~」と思うような ありきたりではないような単語を言ったり、
「へぇ~!そんなことばも知ってるのか」と
語彙が多くなってきたことも伺えます


ジブンの知っていることばで、見たモノや感じたことを説明してくれたり、


納得いかないことに腹を立てて不満を述べたりと、

ずいぶん深く関わりを持てるようになったと感じています



「てっきり〜やとおもった」
ジブンの考えが違っていたと気づいて こう言った時は、

おお~、そんなことも言うようになったかと感動しました


二人目の子どもを育てている間は、残念ながらこんな成長の兆しは見逃していました




あそびのアトリエで学ぶ機会が、


小さく入ることの豊かさをもたらしてくれました

子どもの興味関心のあることに、オトナが入っていくことで、
それまで気づくことのできなかった
たくさんの大切なモノを見ることができるようになりました


子どもは、自分自身で成長し、周囲のオトナやモノに支えられて、模倣して、
生きるための全ての術を身につけるのですね


先人の遺した文化遺産 話しことば書きことばも、輝きを持ち広がる様子を
温かく見守り、励ましながら
待つのです


育児に携わることは、なんと素晴らしいことでしょうか


そんな素晴らしい世界をみせてくれる
子どもたちと過ごすことは、
忘れていたものを思い出させてくれますね



おとうさん、おかあさん 
一緒に そんな素敵なトキを楽しみましょう



  1. ことば
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

かきことば :: 2012/08/07(Tue)

まっくすが

「○○○(まっくす)のなまえって どうかくの? かいてみて。 
 △くんに おてがみかきたい」

と 言いました



△くんは、近所に住む まっくすの大好きな 小学4年生のお兄ちゃんです



そうか そうか

まっくすのなかに 伝えたいという気持ちが十分に育っているんだな〜と
嬉しく思いました


そこで、書きたいと 思ったとき、

いつでも まっくすの助けとなるよう 厚紙にまっくすの名前を書いて
クッキングペーパーを 数枚用意してみました

P7091844.jpg
なぞっています


すると、お姉ちゃんの名前もどう書くのか 尋ねられたので
二人のお姉ちゃんと、

△くんの 名前の札も つくりました


P7091846.jpg
真剣です


思えば、「話しことば」でジブンの思いを伝えれるようになったのも
ゆっくりでした


ゆっくりゆっくりジブンをとらえ、
他者との交流を喜び、


じゅうぶんな話す・聞くこと から、読む・書く
のチカラが芽生えるのです


小学生の登校班に交じって登園したり、
地域の子ども会での活動に触れることもあってか、
最近では「しょうがっこう」についても、口にするようになりました


時間的な経過として 自分が小学生になること を おぼろげながらも とらえているのかもしれません


まっくすに芽生えている 生後第3の 新しい発達の時を、
ときに まぶしく感じながら見つめています










  1. ことば
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

ことば ~同頭語~ :: 2011/12/02(Fri)

このところ、【ひらがな】のアンテナが働くようで、
車窓からみえる 看板などの【ひらがな】部分を 読んでいます


漢字部分は とばして読んでいるので、隣で運転してるわたしは、たまに意味不明のことばに

?? ってなりますが、

まっくすの視線の先をみて、あぁ~ってなります




【かるた】もお気に入りで、すすんで 読手になりたがります



それから、
「あ」のつくものなぁ~に? 
といったふうに、問題をだしてきて、お互いで 代わりばんこに 言い合うあそびもします

もう、これ以上でてこなさそうになると、
「じゃあ、ま~のつくもの なぁ~に?」と、お題をかえてだしてきます


このあそびは、名詞ことばの語彙をふやすことに つながると思ってます



これだけ ことばに興味を示すなら・・・ と思い 【しりとり】を持ちかけてみますが、
これにはピンとこない様子


【なぞなぞの本】を 「読んで~」って もってきますが、これも もうひとつピンときてないようです

ユーモアのわかる領域には達していないようです

PB300688.jpg
ばらばらのつみきを かぞえてもらいました。「40こ~」と答えた後、1列にならべかえて 再びかぞえなおしています。
「ならべる」と 2重カウントをふせげることに 気づいたようです


  1. ことば
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0