あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





水の旅 :: 2017/08/09(Wed)


この日の年長ボーイズは室内あそびの後、お外へ出たくなったようでした。

水を出してあそんでいるところに、
「この水はどこにながれていくんだろうね?」と投げかけてみました。

外の水道の水はどこか別の近く場所からジョボジョボ流れ出る音が聞こえてきます。

「あれ、音が聞こえるね。」

「あ、ココから聞こえるよ!ココから水がでてきてるよ!」と言って、ホースの先を下水の蓋に差し込んでます。


間も無くすると、固いコンクリートに覆われた地面の下をつたって、道路脇の溝へ流れ出てきました。

乾いた溝を濡らして、水の道がどんどん伸びていきます。


少しずつ少しずつ進む水の道に男の子たちは釘付け!



水が流れていくのに合わせて移動していきます。
が、途中グレーチング蓋で覆われている箇所は先回りしてこんなふうに待ち伏せ(笑)


お母さんやよその大人が見たら、やめなさい!何してるの!って怒られるかしら・・と思いながらも、こどもたちの能動的な姿にわたしも楽しませてもらいました。

だって、大人はこんなこと絶対にしないでしょうから。


この水の旅はどこまで続くのかしら・・?とワクワクしてきたところで、思いもしなかった事態が判明!

溝の中にもさらにグレーチング蓋があり、そこへ流れ落ちてゆくではありませんか。

そしてこのグレーチング蓋(底)に顔を近づけて、その下がどうなっているのか見てみると、車道側の地下へと伸びた下水管へと繋がっていることがわかりました。


と、いうことは、
外の水道の下水や雨水はこんなふうにして道路の地下へと集められて流れてゆくようです。


残念ながら、リボンクラブからスタートした水の旅が意外とスグに寸断され、探索を断念せざるを得ない状況でしたが、こどもたちは諦めきれなかったようでした。

車庫にあった不用品の中からおあつらえ向きのベニヤ板を見つけてグレーチング底を塞いで水を渡らせる作戦です。


果たして上手くいくかしら、と思っていたら、
ただベニヤ板を置くだけではなく、なんと隙間から水が流れ落ちないように踏んで隙間を埋めることを考えついたのでした。

その結果、ご覧の通り、本来流れ落ちるはずの水が
ベニヤ板を濡らして、さらに下方へと水の道を伸ばすことに成功したのでした!
(ベニヤ板が濡れているでしょう)



そのあとは二人協力してバケツに溜めた水を運んで、流すという、大人にはわからない非生産的な?活動に懸命な様子でした。



道路の下には見えないけど下水管が通っていること、
下水管を通って水が集められることなどを話し合いました。
大阪市下水道科学館というところに行ったことがあるコがいました。
わたしもこの夏休みに息子と行ってみたいと思っています。

















  1. 「理しりそめし6歳児」
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

真剣な眼差し :: 2017/08/07(Mon)

ママから離れておもちゃでよくあそべる☆ちゃん(2歳7ヶ月)

始まりのご挨拶も椅子に座ってちゃんとできるのですから、すごいですよね~。


最近はパズルもよくするようになったのだとか。

無いパーツに目星をつけてはめ込みます。
だいたいのあたりがついている手の運び。


「よんで~」

きっとおうちでもこのような光景があるのが目に浮かびます。幸せの図ですね。


パズルでよくあそぶようになったということですから、写真のような構成あそびも見られるようになりました。

アーチとアーチを合わせた真ん中の丸に、同じ色の半円球を入れました。

とっても真剣!集中しています。
2歳児さんでもこんなにしっかりモノと関わり集中力を一定の時間持続させることができるんですね!


語彙力がぐんと増えました。
メモリーカードのなかから、お気に入りのカードをピックアップしています。また、「おんなじ」もわかります。



ぶら~ん♪

ジブンでジブンの体重を支えることができます。
足が床から離れても怖くないもんね。
ギッタンバッコン、シーソーのような揺れあそびなど不安定な体勢になることも好んでやりたがります。


穴にどんどんさしていきます。
つなげるのって楽しいわ、と言っているみたいな表情。




図鑑を見ていると、おもむろに側にあったウォーターゴーストの入ったペットボトルを横向けに倒して絵の上に置きました。

見てみると、虫眼鏡みたいに拡大されて図が見えます。
水の屈折によってレンズの役割を果たしているようです!


この発見にわたしは驚いてしまいました!
☆ちゃんはどうやら小学生のお兄ちゃんがしていたのを模倣したようです。

「こうするとおおきいね。よくみえるわね」と言うと
「うん!」と応えがありました。


日常生活の中の何気ないこどもの発見をともに喜び、共有したいと思っています。




  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

夏の公園 :: 2017/07/15(Sat)



6月の梅の木。

花も終わり、実を取り終えた後です。
この木が寒い2月ごろに花の見頃だったこと、スーパーなどに並ぶ梅の果実をつけることを話すと、
実が付いているときを見たかった~と★くんが言いました。


そうだよね、百聞は一見にしかず、というものね。
もっと早くに見せてあげれたらヨカッタなぁ。


こちらは桜。

今は緑の葉が生い茂っています。
暑い日差しをさえぎり、木陰を作ってくれますね。


菖蒲。

6月は菖蒲の見頃でした。


公園のブランコ。

最近は公園のブランコが老朽化すると安全管理の問題で撤去されてしまいますが、安全な新しいブランコを設置しないところが多くあるようです。

危ないから、という理由で幼稚園、学校から姿を消すブランコ。


では、こどもたちはどうやって揺れあそびを経験するのでしょうか?
こどもたちの揺れあそびが健康な身体を作ることに大きく関係していることを知らない大人が多いのかもしれません。



紫陽花がきれいに咲いています。

どの色の紫陽花が好き?
使わなくなったデジカメをおウチの人もらったという★くんは、好みの色の紫陽花を撮影📷

「★くんの見たものをお母さんに見せてあげれるね」



そうしていると、近所の小学生のお兄ちゃんがカードやゲーム機を手にしてやってきました。
どんなふうにあそぶのかな?と見ていたら、
ブランコに乗りました。

ほらほら、やっぱり揺れあそびを求めているでしょう。


持ってきたカードやゲームですぐに遊ぶのではなく、こんなふうに刺激を取り込み、ある程度発散するようです。


こんなモデルが身近にあると、ブランコも漕げるようになるでしょうね。


前日の大雨で増水した池の水。

コイやカメをみつけました。


かわいいお友だちをみつけましたよ。



お散歩中、突然甘い香りがしました。

クチナシでした。













夏の公園は暑くて、汗をかきますが、
目にも美しく、
鼻へも誘われ、
触覚の刺激もあり、
こどもたちはなぜ?に溢れています。


世の中のお母さん、夏の散歩は体力を消耗しますが、
暑さ、紫外線対策をして外の素晴らしい世界へ誘ってくださいませ~!







  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

アイスキャンデーを作ろう~ :: 2017/07/07(Fri)

実験図鑑を開きながら、「水の実験でやってみたいのある?」と尋ねると、氷と塩を使ってジュースを凍らせる実験を選びました。


好みの味のジュースを3種類選び、お会計。

お買い物は初めてのことのようです。

お釣りやレシートを受け取ったり、
買物カゴを移動して、商品を袋に入れたり、使ったカゴをカゴ置き場に戻したり・・
欲しいものを手に入れるまでには、家の中では経験できないことがいっぱい!

やったことのないことは「できない!」と思っているみたいだけど、そんなことはありません。
動機があり、ちょっとしたサポートがあれば、
普段お母さんがしていることも充分できるものです。




早速 準備に取りかかります。
まずは、氷を砕いて細かくします。
固い氷をかち割るには強い力で振り下ろさなければなりません。

学校から帰ってきた息子も興味を示して、2人でトントンバンバン。

机は叩かないでね~。

砕いた氷に塩を入れ、ジュースを入れた紙コップをそっと入れました。

固まるといいのだけど・・


その間、クーゲルバーンであそびます。



ボールの外側に変化が・・

どんどん冷たくなって、ボールが凍ってきましたよ。


凍ったかな?


残念ながら、プレイングの時間内では固まりませんでした。

ジュースの量をもっと減らせばよかったのか?
塩が少なかったのか?
紙コップではなく金属製のカップなら固まったかもしれませんね。

実験は失敗に終わりましたが、ジュースはジュースとして飲み干し、それはそれで満足そうに帰っていきました。


感覚が優れている幼児は様子が変化する科学実験あそびも楽しめます。
特別な材料を揃えなくても、身近な材料でできるものもたくさんあるので夏休みのように時間がたっぷりあるときに取り組んでみるのもいいですね。







  1. 「理しりそめし6歳児」
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

白玉だんごづくり :: 2017/07/05(Wed)



最近はお料理ブームの年長ガールズ。
プレイングの時間内で作って食べれるものは限られていますが、感覚あそび好きのガールズに白玉だんご作りを提案すると、やるやるー!とノリ気。



耳たぶくらいの柔らかさになるように粉を混ぜてね~

粉がまとまってくるとそれまでまとわりついて粉だらけだったボールや手がキレイになってきますね。

そんな変化をじっくり堪能・・
楽しんでいます。


生地を丸めて、沸騰したお湯のなかへ

「ふっとうする」ってどうなるのかな?


お料理するとき、目や耳はもちろん触覚、嗅覚、感覚をフル動員させています。幼児の感覚がより研ぎ澄まされます。

茹であがったお団子を網ですくい氷水で冷やしたあと、
配分の課題。


「どのお皿も同じになるように分けて入れてね~」

写真は一対一対応してどの皿にもまんべんなく行き渡るよう配分してくれているもの。
よく考えていますね。


このお団子のように漠然といくつあるかわからない、たくさんのモノ(数や量)を同じになるように分けることは、難しい課題ですが、
多いお皿から空のお皿へ移すなどの調整は見事です!



冷蔵庫で冷やしてる間に・・


縫いさし



熱湯や熱い鍋、本物の針を扱える子どもたち。
一見、危なくてこどもから遠ざけたくなる要素たっぷりの状況や道具であっても、
ふざけたり、ぞんざいに扱うことはありません。

きちんと使い方を知らせ、どうしたら危ないのかがわかれば慎重に扱うことができるのです。








  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ