あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





おさんぽかい② :: 2018/06/06(Wed)

PM0:00
濡れた履物やズボンを履き替えて、お弁当タイム🎵



配分したおやつ。



お腹を満たしたあとは、公園の遊具であそびます。



ぶら下がったり、滑ったり、



面白いモノを発見したり、



上ったり、



居あわせたお友だちとなんとなくおんなじことをしています。

この場所はお店屋さんなんだそう。


でてきたのはアイスクリーム!

暑さのせいか、想像力でほんとにアイスクリームに見えたから不思議~


どんなに日が照っていても、遊具であそべるこどもってすごいわね~って関心するわたし。
元気だね~
健康って素晴らしい。


PM2:30公園を出ます
じつは川あそびのとき、水槽を見せてくれた親子が
捕獲した生き物を譲ってくれていました。
帰るとき、逃す提案もしてみましたが、こどもたちは各々容器の生き物を持って帰ることを希望しました。


そこで二つ約束。

ほんとうに持って帰りたいなら、自分でリボンクラブまで持って帰ること。
ジェリーさんは持ちません。
でも、もし途中で持つのがしんどくなったらジェリーさんが持ちます。そして、代わりに生き物はリボンクラブで育てることにします。

ークビを横に振るこども


そして、もうひとつ。
たとえ、リボンクラブまで持って帰れたとしても
お家の人が「ウチでは飼えないよ」「だめだよ」とおっしゃっる場合は飼えないってこともあるからね。
そのときもありがたくリボンクラブで飼います。
お家に連れて帰ってもいいかの交渉はジブンでお願いします。

ーウンウン、とクビを縦に振り、
「お父さんは、きっといいよってゆうよ、だっていつも賛成してくれるもの!」とも。


ちょっと難しいかなぁと思いながらも、こどもたちの決意を信じてみようと思いました。


道中手に持った容器の水がチャプチャプとこぼれます。
リボンクラブに帰り着くまでに水が残っているかしら?笑

こぼれないよう注意を促しますが、
片道約2.5kmの道のりは、暑さと疲労がにじみでるようでした。




こどもたちの表情、顔の色、足取り、会話などから総合的に判断して

「持ってあげるよ」
喉元まで出かかるのを我慢しました。


途中、あわや魚が干からびそうなハプニングが発生したものの、この日ぶじ往復約5kmを見事に
歩き終えたのでした。


行きは、「歩くこと」に対する後ろ向きな発言が多かったコも、帰りは観念したのか?はたまた見通しが立っていたからか、疲れたーの声は聞こえませんでした。

帰ったら観たいテレビ番組があるようで、
「楽しみ」でツライ状況の自身を励ましているようでした。ちゃんとジブンでジブンの面倒をみるんですね。



さてさて、川の生き物をうまく飼えるかしら。
つぎにお会いしておはなしを聞くのが楽しみです。







  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

おさんぽかい① :: 2018/06/04(Mon)


2日(土)おさんぽかいをしました。
この日は前日からグンと気温があがり、快晴🌞でした!


AM9:40 さぁ、しゅっぱーつ!

いきなりの坂道に既に不満の色がにじみます、、
先が思いやられます笑


目的もなくブラブラ歩くのがおさんぽ。

ですが、いつも「あそこまで行けたらいいなぁ」という目標は定めています。

しかし、子どもたちにとって
歩けど歩けどひたすら道、、

おまけに暑さが体力、気力を奪っていきます。
木陰でお茶休憩を取ったところで、
「ここでおべんとうたべようか~」の声が聞こえました。

えーっ!民家の真ん前だし、まだ20分くらいしか歩いてないし!

もうちょっと歩いてみよう~
励ましながら、、

オモシロイモノを発見したようです!
「ジェリーさん、みてー!なんかかいてあるよー」

あー、これはね
箕面市のシンボルの滝よ、滝ってわかるかなぁ。
水が流れてるの。これはね、もみじ。
箕面の滝ではもみじの天ぷら売ってるのよ。

と、説明。

このあと、このオモシロイおすいの蓋を数えて歩くという良い目標ができました!ラッキー



「わぁ、みてー、ジェリーさん、イチゴがあるー!」

民家の窓辺で育てられたイチゴを発見、
「なんこあるの?」
「イチ、ニー、サン、シー、ゴー、ロク、シチ、、ナナコあるー!」



暑さと疲れを癒すため、途中の神社で休憩させてもらうことにしました。

鳥居をくぐるまえに一礼。

手水で清めて参拝しました。


神さま、ちょっとだけ休ませてくださいね。

それにしても、なんて美しい日でしょうか。

空を見上げるわたしとは対照的に、

子どもたちはアリを見つけたようです。

「わーっ、アリの巣みつけたーっ!」

子どもたちは下をよく見ています。
こんな視点の違いに気づかせてくれるのが面白いですよね。


さぁ、休憩したから、
頑張ってあるいてみよう~


普段、歩くことが少ない現代の子どもたちは
しんどいことを忍耐強く続けるチャンスも少ないため、
体力より先に気持ちがふさいでしまうようです。


AM10:40 公園がありました。
ちょっとここで休もうか。

リュックを下ろして遊具へ走っていきます。
面白そうなモノへ向かう力はあるようですね!


疲れているはずなのに、どうして身体は向かうのでしょうね。
大人は散々歩いたあと、遊具であそびたい気持ちには到底なれませんよね。
こんなところも、大人とこどもの違いです。

高いところに上ったり、揺れあそびをしたり、、

子どもの身体が、脳が要求しているようです。
このような動きが見られるのが健康な子どもの姿なのだといえるのではないでしょうか。


子どもたちから、
もう歩けないからここでお弁当食べよう、そうしよう、と意見があがりました。

えーーーーっっ!!

行き先はこどもが決めていいんじゃないの?
とも。

もちろん、そうなんだけど、、


「今日、ジェリーさんが行ってみようかなぁと思ってた川の流れてる公園はね、ここから7分あるいたら着くらしいよ。どう?わりと近いんじゃないかなぁ。」

ここまで提案して、こどもたちの気持ちが動かないようなら、しかたない。ここでお弁当を食べよう、と腹をくくって発言してみたところ、

一人がリュックを背負い出発の準備を始めました。
それを見たもう一人も、わりにあっさりと気持ちを転向しました。
ヒトは4歳後半にもなると、ちょっと先の見通しを持たせると提案に応じる柔軟性を持ち合わせているんですね。
同調することが良さそうだと判断するようになるんだなぁと肩すかしにあった気分でした。


町の近隣地図を見て、さらに明確になったところで、

着きました!

ぜったい、こっちの公園の方が楽しいでしょう、
と思わずにいられません。


ウォーターシューズに履き替え、バケツと網を持って
さぁ入ろう~


滑らないよう注意しながら、川上から徐々に川下へ、、

「みずがあったかくなってきたー」
温覚が働きます。

なるほど!
水の温度が違うわけですね。
川の水温の変化は入らないと感じることはできませんね。


川には、沢山の親子が水遊びにきていました。

ここは水深が浅く、小さな子の水遊びに最適です。
そうは言っても、足場は平らではありませんから要注意ですが、、


ココで捕獲したという親子に水槽を見せてもらいました。
ヤゴ(オニヤンマ?)、ドンコ、だそう。



なんとか、あんなふうに生き物を捕まえてみたい、
狩猟の血が騒ぎます。

しかし、そう簡単には捕まえられません。

「どうやったらつかまえられるんだろう」

「ジェリーさん、サカナさがして!」

捕まえるためには、
注意深く観て生き物を探し出す力や、
観察した生き物の習性を利用した上で道具をうまく使う知恵、
静かに辛抱強く待ったり、今だ!というときの俊敏性など力を結集しないといけませんよね。

ジャブジャブ音を立てたり、網を振り回しては
たちまち逃げられてしまいます。



大きな石を並べて水の流れを変える作戦も試みましたよ。













  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

安心空間の拡大 :: 2018/05/23(Wed)



年少組のお二人さん。
お互いがリボンクラブで会えることをイメージしながらやって来るようです❤︎

お母さんから離れて、お友だちと関わることを楽しんでいます。
園に通うようになって、随分と興味や関心が外へ向くようになりました。

一人がボードゲームをだしてくると、
「わたしもするー」と言って、接近してあそべます。

また、易しいルールにも従えるようになりました。



ゲームが終わると影あそびが始まりました。
何をするか、についても「わたしはコレであそびたい!」と双方意見を表出でき、相手をも受け入れる柔軟性を持ち合わせているようです。

うわぁ!おおきな恐竜出現です!!


二人それぞれ家をつくりました。

大きな家だから、じゅうぶん二人入れますね~~


光を透過するLuxyブロック たくさん配置しました。

お城のようですね。



「終わり」に心の準備が必要です。
二人とも慌てて、おもちゃをだしてきますが、「終わり」への儀式なのでしょう。
少し待ってあげると、二人で声を合わせて「終わりのご挨拶」をしました。


ほんの少し前まで、あんなにお母さんを必要としていたのに、このたくましくも自立した姿に
愛おしさと寂しささえ感じてしまうこの頃です。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

さかあがりができるよ! :: 2018/05/16(Wed)


年長さんになった◯ちゃん(5歳3ヶ月)
就園前からのお付き合いです。

早生まれで、華奢な身体つきの◯ちゃんからは一見想像できないほど活発なお子さんに成長されました。

ゲームで形勢不利といった、なんともしがたい、思い通りにいかない場面では
機嫌が悪くなり、泣いて「お母さん」の助けを必要とします。


こんなあたりはまだまだ散見されますが、わからない人にもよく理解できるような辻褄の合う説明や、園や家庭での出来事など、よくお話ししてくれます。


そんな◯ちゃんが最近さかあがりができるようになったそうです。



左右上下、見事に全身の協調運動を成功させていますね。

腕が近くても、腹や足がついて来なければ回れません。
また、いくら蹴り上げても腕の筋肉を使わずして鉄棒に巻きつくようにさせることはできません。


◯ちゃんは、手にマメができるほど練習したのだそうです。

負けるのがキライ、
できないことを認めたくない◯ちゃんが

どうしてこのようなことができるようになるのでしょうね。



私たちは心身ともに健康であるとき、
自己実現欲求があるのだそうです。


(「マズローの人間欲求5段階説」Googleより参照)

つまり、図のピラミッドの下部、生きるために必要な低次の欲求が満たされると、それを基盤の上に高次の
「自分の能力を発揮したい」という意欲が生まれると言われています。



健康な子どもたちさえも、思春期を迎える頃には
「こうなりたい」が見つからず悩むことがあります。
「こうなりたい」があっても「ジブンにはできない」と自己否定することもあるでしょう。


さまざまな要因はあるでしょうが、
自己を肯定し、常に意欲的な人生を送ることは難しい、
生きにくい世の中なのかもしれません。


絶望し、明日が見えなくなっても
マズローの欲求階層説のピラミッドに照らし合わせると
前段階はどうかな?と振り返ることができます。
焦らず、ゆっくり向き合ってみると
人間は準備ができると自然に自己実現欲求が生まれるようにできているようです。



そんなふうに子どもたちが教えてくれます。










  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

新しいおともだち :: 2018/05/15(Tue)




今月から新しく仲間入りした☆ちゃん(7ヶ月)

これまでにもお姉ちゃんと一緒に来ていたので、生まれた直後から(もちろん生まれる前から)知っています笑!



お座りの姿勢ができるようになりました。
寝姿勢より、より広く見渡せますね。
まだ後ろにひっくり返りそうになるので、お母さんが後ろから支えています。

口に左手、それも決まって中指と薬指の二本が入るのだそう。とっても器用ですね!
よく考えてみると口内と口周りの両方の充足を満たした形なのかもしれません。☆ちゃんのあみだした究極の安心感の形でしょうか?


わたしが見つめると、緊張した面持ちで隣のお母さんを見ます。
わたしとお母さんが親しげに話す様子を見て、再びわたしの顔を見ます。


この人は安心できるひとかな?
ここは安心できる場所かな?
ねぇ、お母さんそうなの?

「お母さん」をよりどころにして、新しい環境に適応する間で揺れる様子にみえます。
こんな様子から、☆ちゃんにとって「お母さん」が他の誰でもない特別な存在であることが伺えます。



お腹がすいてきたようです。
お母さんが用意していたミルクを両手で正中線上で把握し飲んでいます。

このとき、☆ちゃんは目の前にあるお母さんの顔をジッと見ます。

お母さんもその視線に返して見つめます。



新生児は視力が弱く、4,50センチくらいに近いものがボンヤリ見えると言われています。
そのときでも二つの目を検出する力はあるようで、「顔」を認識すると言われています。


☆ちゃんは7ヶ月ですから、はっきりお母さんを認識し、わたしとの違いもわかっています。
よく会うおばあちゃんに抱っこされても泣かないけど、あまり会わないおばあちゃんだと泣く、というエピソードからも違いを認識していることは明確です。


赤ちゃんの「見る」能力の育ちを考えると、
授乳や抱っこ、おんぶのときに視界を遮る場面に出会うたび、気になってしまいます。


仰向けに寝かせると、寝返りをうちます。
お腹を中心に旋回でき、興味のあるものに向かって手を伸ばします。
肘をついて胸まで上がります。
首もしっかりついてきます。
足をばたつかせますが、まだ前に進むことはしません。

たまたま足の裏がモノに当たり、蹴った反発力で身体が前進しました。ずり這いの仕方ももうすぐ獲得しそうです。


痛いとき、苦しいとき、泣いて助けを求めることができます。
お母さんは抱き上げます。
間もなくすると、泣き止み再びお母さんのそばであそびます。
手にしたモノを口へ。口で充足を満たします。



☆ちゃん、あなたのことを教えてくださいね。
よろしくお願いします。



  1. 「人・物識り初める美しき世界」へようこそ 0歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ