あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





ボードゲームを楽しめるということ :: 2017/06/21(Wed)


4歳前半◯ちゃん。

紙に描かれた絵に添って、穴に針をとおすことができます。


4歳後半の★くんと一緒に果樹園ゲーム。

そうそう、おんなじ色のところに、木ノ実を置いていくのよね。
果樹園ゲームはルールは説明するまでもなく、見てわかる易しいゲーム。

勝敗がつかない平和なゲームですから、ゲームに初めて出会うコたちにぴったりです。



次に選んだテンポフィッシュも色合わせの要素と魚・釣り人のアクションが違うのが面白い協力型のゲーム。
リニューアルしてコンパクトサイズになって戻ってきました!


この日、★くんは初めてボードゲームをルールに従ってやり切りました。
それまではやりたがらなかったり、やり始めてもマイルールに変更したり、それでもやはり面白くないからか「もうやめた~」と言って別のあそびをはじめていました。


わたしは「それでもいいよ」、と★くんがしたくなるのを待っていました。

少し前から、わたしが別の子とゲームをしているそばに立ち、ジッと見ていたり、ちょっとした役割を与えると担当してくれる様子があったことから、★くんがゲームを楽しめるようになるのは時間の問題だと思っていました。
ついにその日がやってきました!


◯ちゃんは引き続きゲーム、★くんは釘打ちの道具を選んできました。



◯ちゃんは思い通りにならないときに「チガウ」を受け入れられなくて泣いたり怒ったりしていたのが昨年。
そこから、ゆっくり自分を調整する準備が整い、盛んにゲームを選択し、楽しむようになりました。
それまでの生活経験にも助けられ、ジブンの外側にあるヒトや出来事に適応できるようになってきました。

★くんは安心な空間を確保するため、近くに他者がいるのはドキドキすることがありました。そのため、小さいときは手が出ることもあったようで、お母さんも気掛かりだったでしょうが、もうそんなことはありません。
写真のように接近して(安心できる相手と知っている)、一つのおもちゃを共有して楽しめるよう成長しました。
また、ルールに従ってあそぶのは難しいところがあり、持ち前の発想力で素敵なストーリーを思いつき、その世界へ他者を巻き込む展開でした。それは面白いのですが、終わりが見えずジブンが飽きたらおしまいでした。
この展開だと★くんに添ってくれるパパやママ、わたしのような大人だと他者と共有できますが、子ども同士ではなかなかあそびが続かないことが考えられます。
そんな時期を経て、今このようにジブンを調整してゲームを楽しめるようになったのは、とても大きな節目を迎えたのではないかと感じております。


周りのヒトや出来事に適応してジブンを調整する力とボードゲームで楽しめるようになることは相関性があるようです。



  1. 誇り高き 4歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

第3の世界 :: 2017/06/11(Sun)


ある日の年長さん


ドメモという数のゲーム。
見えている数から見えない自分の数を推測する難易度の高いゲームです。

写真は何が何個あるのか確かめているところ。


蝶結びを練習中。

グルリと回してからが難しい・・!
ガンバレ~


「マスコット人形を作りたい!」型紙から起こしてフエルトで作りました。

中に綿を入れ、吊るせるよう紐も縫い付けて。



砂あそびに没頭。

固めて崩して、集めては切って・・
写真はお蕎麦を作っているところだそうです。


紙の形、「ながしかく」の群生化課題。

今年はこれを布に転写して縫いさしをします。


幼児期後期になると指先一本一本がよく動き、かなり難しいことができるようになりますね。

また、その巧緻性だけではなく、
プレイングの90分を何をするのか計画を立て、修正しながらも遂行する力があります。
相手の要望を受け入れつつ、柔軟に対応できます。



幼児期後期の子どもたちの新しい発達の力は、その力が自ら生まれ、生まれた力を自らが活動させていくことのできる発達関係をもつことによってなかまと一緒に自らを育てていくことができます。その場所は遊びの世界です。
もし、これまでの発達の世界が遊びの世界を中心としてつくりかえられ発展していかなかったならば、新しい発達の力は健やかに生まれ育つ場をもつことができないでしょう。



「子どもの発達と診断5」著 田中昌人/田中杉恵


  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

描画ってたのしいな! :: 2017/06/01(Thu)

2歳半の★ちゃん。

輪ゴムを引っ掛けたり、粘土あそびでは指でつぶしたり、道具を使って穴を開けたり、伸ばしたりと
できることがグングン広がってきました。



描画の様子。

筆を右手で握り持ち、正中線でグルグル丸を描いています。


〈1歳の頃〉

打点、手についた絵の具をじっと見る。


画用紙の右側(利き手)に打点。
瓶の中の絵の具を混ぜることが楽しくなったかな?(昨年8月)


今はこんなに真剣な眼差しで集中して描くようになりました。

これでヨシ、と終わりを決めると色を変えてグルグル。
色を重ねています。


3色の混色グルグルを堪能したあとは、気持ちの切り替えがあったようで、

画用紙の右側のスペースに上下の真っ直ぐの往復線を描きました!



随分と肩や腕の自由度が増してきましたね。
ボールを投げたり、投げてもらったボールをキャッチすることもできます。


イヤ!ダメ!真っ最中の★ちゃんですが、
出来ることが増えて、バラエティに富んだあそびが可能になってきました。







  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

グミつくろ~ :: 2017/05/23(Tue)

「おかしづくりが大好き!」というコと
「作ることもいいけど、食べる方がもっと好き!」というコ。

「何がたべたいの?作ってみようか」と誘うと、「グミ!」ということでした。

早速作り方を調べてみると、材料もすぐ準備できそうだし、プレイングの時間内で作って食べることもできそうです。

「では、今ないものはお店に行って買ってこなきゃね、ないものは、ジュースゼラチンよ。忘れちゃうと買えなくなるからしっかり覚えておかなきゃだけど、どうしたらいいかなぁ」と忘れないための策を考えてもらいました。

字を書くコたちですからメモにするかな?
イラストにするかな?
今の時代ならスマホで写真を撮るのかな?


しかし、二人のガールズが考えたのは
「買うもの二つ、こどもの人数二人とおんなじだから、
一人がひとつ覚えたらいいんじゃない?」

と、いうことでした。それは素晴らしい案ですね~!

「買い物するにはお金が必要よ。100円が五つでごひゃくえん。これだけおサイフに入れていきましょう」

おサイフを預かる人、エコバッグを持つ人、
二人で話し合って決めていました。

わたしは危険から守るための付き添いです。


ついでに、わがやのリサイクル♻️をマークを見てカテゴリーに分けています。
リサイクルすれば、ゴミ減量化につながり新たな資源となって生まれ変わります。



何味のグミにしようか?二人で相談しています。


楽しくてキャッキャとテンション上がります⤴︎⤴︎

ジュースを選び終わったところで目的は達成されたかのような空気が流れ、・・

ここで、「アレ?もうひとつ何か買うものなかったっけ?」

「えーっと、・・・わすれた~!」
「×&△チン・・え~っとー。◯△×チン、そんな名前やった」

「そうだね、普段使うものじゃないから覚えにくいのは確かね!ゼラチンよ!ゼラチン。」

「あー、そう!それだった!笑」

無事、買い物を終え、何をするのも楽しくてたまらない二人は爆笑しながらの道中。
目的を見失わないよう、リボンクラブに帰ってからすることの計画を再確認。
見通しを持たせます。
「時間内に固まらない、あるいは食べる時間がない場合はありがたくジェリーさんのデザートになりますよ~」と、付け加えておきました笑

「え~っ?じゃあ、どうしたらいいの?」

「食べて帰りたいなら早く固まらせなきゃね。固まらせるためには早く冷蔵庫に入れて冷やすこと。早く冷蔵庫に入れるためには、いま何をしたらいいんだろうね?」

いますべきことがわかると、自ずと相応しい行動へと向かっていけるコたちです。

必要な材料を計量中。




冷やしている間に、四角の群生化の課題に挑戦。

ちゅうくらいの概念がわかるかな?

この線を布に転写して縫いさしの作品へ仕上げる予定です。




  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

明日のお天気は? :: 2017/05/12(Fri)


明日は池田ルームのおさんぽ会を予定していますが、

残念ながら予報では終日雨模様となっております。


時間の推移と雨雲の推移をみましても、明日の朝は雨が降り続くものと思われます。


中止連絡は、明朝7時を持って順次ご連絡いたします。

連絡を待ってからご準備下さいませ。



ジェリー

  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ