あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





描画ってたのしいな! :: 2017/06/01(Thu)

2歳半の★ちゃん。

輪ゴムを引っ掛けたり、粘土あそびでは指でつぶしたり、道具を使って穴を開けたり、伸ばしたりと
できることがグングン広がってきました。



描画の様子。

筆を右手で握り持ち、正中線でグルグル丸を描いています。


〈1歳の頃〉

打点、手についた絵の具をじっと見る。


画用紙の右側(利き手)に打点。
瓶の中の絵の具を混ぜることが楽しくなったかな?(昨年8月)


今はこんなに真剣な眼差しで集中して描くようになりました。

これでヨシ、と終わりを決めると色を変えてグルグル。
色を重ねています。


3色の混色グルグルを堪能したあとは、気持ちの切り替えがあったようで、

画用紙の右側のスペースに上下の真っ直ぐの往復線を描きました!



随分と肩や腕の自由度が増してきましたね。
ボールを投げたり、投げてもらったボールをキャッチすることもできます。


イヤ!ダメ!真っ最中の★ちゃんですが、
出来ることが増えて、バラエティに富んだあそびが可能になってきました。







  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2

かんがえるの!ひとりでするの! :: 2017/03/06(Mon)

「ママ、ハヤクー」などと、二語文でお話しできる◯ちゃん。
まだよく聞き取れない音もありますが、急速にことばが増えてきました。

言語聴覚士の山崎祥子さんによると、

発音の発達は、話しことばの発達の一部ですから、ことばの発達全体から捉える必要があります。
生まれてすぐからいろいろな音を偶然には発していますが、話しことばの中で正しい音を安定して言えるようになるには、5,6歳まで時間をかけて発達していきます。
発音は、ことばの発達の中でも他の発達より時間がかかります。ことばが増え、文をつなぎ、いっぱいお話しできるようになる中で、発音が育ってきます。


『子どもの発音とことばのハンドブック』



と、ありますから
正しく発音させることに注意を向けることより、たくさんお話しができるような働きかけや雰囲気作りを心がけて接することが、
ことばの発達を助けることにつながるようです。





入れ子のおもちゃを出したり入れたり並べたり・・

おままごとの道具として使用しているようです。



ごはんを食べにやってきた動物にもエサをあげることを提案してみました。


ハサミを右手に紙を左手に。
左右の役割の分化が始まりました。


ハサミは横に進んでいくので、紙を斜めに横断します。
とっても集中して真剣に取り組んでいます。
緊張しているのが力の入った口元から伝わってきますね。
これでバランスをとっているのでしょう。


3歳のお友だちが側にいますが、
この時期のこどもたちは基本的に平行あそび。




それでも、側にいることを受け入れることができたり、お友だちのしていることを視野のはしっこで見ているものです。


他のこどもと空間をともにして安心して過ごせる時間は、家庭では経験できない刺激を受け、
より脳の発達や情緒の安定を促すことでしょう。



積木を積み、その上にお気に入りのアイテムであるアヒルを乗せています。




お母さんの報告によると、

先日、近所の児童センターの託児に◯ちゃんを預けてみたそうです。
(それよりも前に別の託児サービスを利用したときに、かなり泣いて嫌がった経緯があるので、やや心配だったことと思いますが)
すると、分離のときこそ泣いたもののそのあとは異年齢のこども数人いるなか、けろっとしてあそび、保育士にも安心して関われたり、自己主張したりと以前のように泣き通しで過ごすことはなかったようなのです。
しかも、お母さんがお迎えに駆け付けたときは
お昼寝に差し掛かるタイミングだったようで、
あまりの通常運転ぶりに
◯ちゃんのたくましさと成長にホッとゆるんだのがお母さんの様子から伝わってきました。


◯ちゃんの目を見張る成長にも驚きましたが、
わたしが何より感心したのは、
お母さんの決断でした。

以前あれだけ嫌がったから、この子はわたしじゃないとムリなんだわ。

わたし以外の人に預けるなんてできないわ。



と自分一人で子育てを背負ってしまわれるお母さんは多いことと思います。(以前のわたしもそうでした😅)


子育ては、お母さん一人ではできません。
一人であれもこれも担おうとすると、やっぱりどこかで上手くいかず、落ち込んだりイライラしたりするのではないでしょうか。
結果、子どもに対しても良い関わりができなくなることだってあると思うのです。

「一人の子どもを育てるのに、一つの村がいる」


これはアフリカの諺だったか?
お母さんと愛着関係が結べるうえですが、幼いときから色々な人に関わって子どもが育つ環境があると「孤育て」にはなりませんね。



そんな◯ちゃんのお母さんの決断に強さや賢さを感じ、嬉しくなった時間でもありました。













  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

ママと離れても大丈夫だもんね☆ :: 2017/01/19(Thu)

2歳2ヶ月の◯ちゃんと3歳4ヶ月の☆ちゃんと
3人でゲームをしました。

◯ちゃんはサイコロを振ること、妖精の色とお布団の色をマッチさせることができます。

☆ちゃんは、ルールに従って色サイコロで出た色のお布団を妖精に掛けてあげることができます。

それぞれの「今できること」に合わせて対応します。

それにしても、2歳の◯ちゃんがお母さんから離れて机に向かってゲームの雰囲気を楽しめるようになったのには驚きです!


どうやら、ジブンより少し大きい☆ちゃんのしていることに興味があるようです。



新しく池田ルームに加わった
『指先と注意力を育てるビーズセット』

☆ちゃんは、カードを見てそれと同じようにビーズ玉を並べています。

具体的に指先を使って「見て、対応させている」のです。

落ち着いて静かに机に座り、簡単な作業をすることは小学校に行くまでに身につけたい学習基礎スキルの一つであると言われています。

これまで小学校に入学したらできて当たり前だと考えられていた45分間座れる、先生の話に耳を傾ける、教科書を開いて意欲的に学ぼうするなどの基本的なスキルが身についていない子どもが増えていて、
20%~30%の子どもたちがさまざまな問題を抱えたまま入学してくると指摘されています。

(参照:『発達障害に早くきづいて、早く支援してあげるためのガイダンス』)


小学生じゃなくても幼児は根気よく取り組める力をすでに持っています。



描画あそびになりました。

2歳の◯ちゃんは大きく力強いストロークで筆を走らせることができるようになってきたようです!

このあと二人とも画用紙の白い部分がうんと少なくなるほど色遊びを楽しみました。

◯ちゃんは加えて瓶の中をグルグル筆で混ぜることにも夢中になっていました。


この日、ママを近くに呼び寄せることは少なかったです。
この空間に安心して「離れていても大丈夫。すぐ側でママがみてくれているからね」と◯ちゃんの中にママがいたのでしょう。
いい距離感です!


この世は面白いことがいっぱいあるね!
たくさんたくさんその目で、その手で、身体全部で感じてね。

一緒に楽しもうね~!


  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

マグネットで :: 2017/01/17(Tue)


棚から数字盤を出してきた◯ちゃん(2歳2ヶ月)

並べたり、

ひっつくことを発見したり、






積んだり、



マグネットに表記された「数字」が何か意味のある記号であることは知らないでしょうが、
数字らしいことばで数唱するような場面がありました。
数えようとしているみたいです。


モノに出会い、

新しいことに興味津々でひととき真剣に操作しています。


こんなときは側にいる大人は、黙って見ているだけでいいですね!



  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

あかちゃんからこどもへ :: 2016/11/24(Thu)


ちょっと前までママに抱っこしてもらってやって来ていた○ちゃん。
歩けるけど、歩きたくないの!としっかり主張していましたが、
このところ元気にアンヨでやって来るようになりました。
玄関でジブンで靴を脱ぐ姿に、大きくなったなぁと感心しちゃいます。

○ちゃんのお気に入りのアイスクリーム(ジブン=黄色、ママ=ピンク、ジェリーさん=茶色)を配分します。3人に一対一対応。



最近、もっぱらお気に入りのジャンプ!

ボブルスを倒してその上に立つと、ママの手を握ってジャ~ンプ!
慣れてくると一人でもジャンプできます。
前庭系や固有感覚の刺激をみずから求めるのですね~


隙間に入れるおもちゃ。

隙間に合わせてずいぶん手首の内・外転が滑らかになり、円盤がスイスイ吸い込まれるように入れることができるようになってきました。






最近は、ママが普段お兄ちゃんたちに言うことを
ママの代わりに言ってくれるようになったのだそうです。

よく聞いてるんですね~
○ちゃんのおウチにはママが二人いるみたいですね。


帰りは一人で玄関の階段を下り、元気にアンヨで帰っていきました。


おさんぽが楽しくなりますね!



  1. いやだ!ちがう!2歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ