あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





大きくなったよ :: 2017/04/19(Wed)



この4月から午後のリボンクラブにやってくることになりました。
あかちゃんのときから、成長を見守ってきた大人の一人として
あたりまえではありますが勝手に大きくなったものだと改めて嬉しく感じます。

3歳7ヶ月

「看護師さん」になって、負傷した患者さんの手当てでしょうか。

包帯をグルグル巻くのって、結構難しい!


パーティが始まりました♪

ケーキを出してくれたところで、
3人に同じになるように分ける課題を出してみました。


見事に配分しました!

「なんこあるの?」には
「いち、にー、さん、し」と指で対応させながら数えて「よんこ」と言いました。

「ママのお皿にはなんこあるの?」には、
「ごー、ろく、しち、はち・、はちこ」

「はちこあるの?」と聞くと、
再び「いち、にー、さん、し・・・、アレ?笑」
と、さっきと違う数になったことをオカシイな?とわかり驚いている様子でした。


そのあと、ジェリーさんのお皿にも「よんこ」あることを確認して「おんなじ」に落ち着きました。


ママの足を踏み台代わりに使用して・・

とび上がり、


両手でしっかり鉄棒をにぎって、

ぐる~んと前回り。
天地が逆転しちゃいます。


着地する足がバタンと降りないよう肘を曲げて抑制しているようです。

何度も繰り返し、笑顔であることから、
足が地面から離れることや重力が移動することの恐怖や不安といったものはなさそうであることが伺えます。


思い切り身体を動かして解放したあとは、ぬりえを選択。指先の細かな筋肉を制御させています。


はみ出ないように・・注意をしばらく持続させたあとは、丸の形に切ることを提案してみました。

紙の真ん中にある丸の線を切ることは、まだ難しいのでしょうね。どこから切り始めようか紙をクルクル回しながらハサミの切り始めを探っていました。

ちょうど大縄で入るタイミングを伺っているような感じとでもいいましょうか。

切り始めが決まりハサミを進めていますが、初めから線上にたどり着くのではなく、
少しずつ周りから近づけていくやり方でした。


きっと、4歳のお誕生日を迎える頃には、
さらに制御できるようになっていて、
丸も一回で、グルグル線もややはみ出しながらではあっても切れるようになっていくのでしょうね。


「おかえりの時間」には、カエラナキャイケナイ気持ちとマダアソビタイ気持ちの間で葛藤を抱え、
何度かおもちゃを出そうとしてはママに「いいえ、だしません」と促され、ジタバタします。
が、普段そんなにガマンすることが多かったり、忙しい過ぎることはないのでしょう。
割にスッキリしている印象です。


そんな時期ね~と
しっかり今を生きている彼女です。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

ママと他者との関わりから育まれる力 :: 2016/12/07(Wed)


リニューアルしたテンポフィッシュ。
随分コンパクトサイズに変身しました。

ルールは簡単!スグにできます。
それにしても、「魚は川から海へ泳ぎ」、
「人間は魚を釣る」のがゲームとなって楽しめるなんて、現実の世界をよく詰め込んでいるなぁと感心してしまいます。



バランスゲームに挑戦!

臆することなく次々のせていきます。
たいしたものですね。


ドールハウスに移動。

彼女は家具をドールハウスから出して、積木で家を作るようです。

積木で角を作れます。囲った積木は一部立てて、「ココはドア」と言います。

テーブル、トイレ、ベッドなど、自分と密接につながっている大切なものをチョイスするんですね。


3人でテディメモリ。

二人が終わるのを待つって、この歳の子たちには難しいんです。

記憶あそびも楽しめます。

多いー少ないがわかります。
一番多い人が勝ちって知っています。

「勝ち!」がお気に入りワードの最近です。



普段、保育所に通い お友だちとの関わりがある彼女。
描画あそびもよくしているのでしょう。
ジブンの名前も書き込みました。



ママとの関係も良好。
スクスク育っています!





  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

ちょっとずつ変わってきましたよ :: 2016/11/11(Fri)

「カレーパンマン」「アンパンマン」と教えてくれました。(3歳8ヶ月)

アンパンマンには丸いほっぺ、カレーパンマンの輪郭にそれぞれ特徴をおさえて描いています。

はじめに「コレを描こう」と目的があって手が動いたようですね。


アレアレ?顔から外側に向かって何か伸びていますね。

なんでしょうね?
頭足人の始まりでしょうか??


半分だけカボチャのオバケが印刷された紙があります。
「この線のところで半分に折ってみるよ~」
二枚かさねて切れるかな?

経験を重ね、左手で紙を調整して
ハサミを持つ右手はほぼまっすぐに切り進めています。

見事な左右の手の協調運動ですね。


こんなに手が動くなら、折り紙をさんかくに折れるかな~?

そうだよね。角一点がズレないよう注意を集めて折れました。


折り線に沿って、まっすぐ切るのは難しいね~

うまく切れない・・と感じているようですが、
「すごくイイよ、大丈夫!」はげまします。


二つのさんかく、もとの折り紙の形にもどるかな?

すぐにできなくても、静かにクルクル回して・・
「できたー!」こんな表情。


風船ゲームはお気に入り!

順番やルールを守ることが楽しいようです。

このあと
果樹園ゲームもして、

わたしがカプラでおウチを作ると、まねっこしてできました。

カプラの数や置き方にいたるまで全くよく模倣できています。
そして何より驚いたのは、置くときにいさぎよいこと!側で見ているわたしやお母さんは、その斜めの柱に置いて倒れやしないかと、内心ヒヤヒヤしていたのですが、当の本人は全く気にしていません。倒れても、落ち込んだり怒ったりと気分を損ねることもなく開放的で
「またつくる」意欲がありました。


これまでは、自己中心性が強く
なんでも「わたしはこうしたいのよ!」が表出し、お母さんやわたしが思っていたことと違う応答をしようものなら泣いて抗議していたものでした。

それが秋以降、リボンクラブではみられなくなりました。

上記のように、相手の提案を受け入れたり
困難な状況をなんとかしようと試みたり、
ルールのあるあそびを好んでやりたがったりと
随分大きくなったようです。


家庭では大好きなお母さんにはこうもいかないこともあるでしょうが、
少しずつ自身の身体や気分を制御・コントロールできる喜びにであってきているのかもしれませんね。

最近、そんなふうに感じています。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

あそびの広がり :: 2016/09/05(Mon)


記憶あそびができるようになってきました(3歳6ヶ月)。

まず始めは、3つのペアカードを写真のように並べて、こどもが見たことを確認して下段のカードのみ伏せます。

「このピンクのあかちゃんくまさん、どこでしょう?」
「ココー!❤︎」

3つまではすぐにわかるようでほいほいめくりました。


ところが1つ増やして4つのペアカードにすると、アレあれ?どこだっけ?となります。
こどもたちにとって、4つを覚えるのは難しい課題のようです。



プリズモこまの枠に小さな正三角形を入れていきます。
枠いっぱいに三角形を入れていく作業は、じっくり取り組まなければできません。
他に気が散ることなく、今ココに集中できるなんて凄いですね~


全部、入れ終わると満足したかのように離れていきました。
アレ?終わり?回してみないの?
「プリズモコマ」ですから、パーツを入れ、回して完結を迎える
と考えていたからです。
写真はたまらず「わたし」が回したものです。


このようにこどもと大人では、目的が違うことも多々あります。



課題に応える



ゲームにも興味津々

ハリガリは「イチゴ」が出たらチ~ン♪と鳴らすルールから、なんの果物が出ても「2」が出たら鳴らすルールへ変更してみました。

これまでは自分の要求を押し通し、思い通りにならないことにイライラしていた彼女ですが、
少しずつ相手の提示したルールに適応したり、理解できるようになってきました。



おそらく家庭では「イヤー!」を押し通すこともまだまだあるのでしょうが全盛期は通り過ぎ、
次のステージを順調に迎えられるような時期にさしかかってきたように感じました。









  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

リボンクラブってどんなところ? :: 2016/08/17(Wed)


恐竜のパズルをするつもりで出してきましたが、
チョット難しそうだと感じたのでしょう。
離れていきました。

わたしがピースをはめていき、だいたいの絵柄がつながったところでチラリと様子を見に来たタイミングで、
「あと、もう少しでできそうなんだけど。★くん手つだってくれない?」

「うん、イイよ」

言うが早いか、あっという間に仕上げることができました!


画用紙の角がいくつあるか知っています。
四角形の角が4つあることは3歳児は知っているのです。

なんと3本持ち!
柔軟で自由な創造主ですね。

画用紙に筆を走らせる様子がこれまでとは違って見えました。
以前は、内側にあるエネルギーを爆発させるように腕を大きく動かし、画用紙の枠には収まりきれないような筆運びでいましたが、
このときは「今ここ」に注意を向けるように微細な動き、あるいは「制御」の準備が整ってき始めたように感じられたのでした。


ジブンが選んだあそびに対して没頭でき、その世界を堪能。
満足に達したとき「おわり」を決めて完結するサイクルが定着してきました。

ここまでこどもの様子が変わると、
ともに生活しているご両親以外の方にもきっと伝わるに違いないだろうと思われましたので、
月に一度程度会うことがあるという、
おじいちゃん、おばあちゃんはどのようにおっしゃっておられるか尋ねたところ、やはり同様な感じ方をされていることが伺われました。



★くんはひとりっ子で、ご両親の目に入れても痛くないという程、大切に愛情を注がれ育ってきました。
お母さんはそんなわが子に出来うる限りの「良い育児法」探しに熱心な方でした。
これまでのことを否定するつもりは毛頭ありませんが、「アレ?」と戸惑うことや「うまくいかない」不全感、「コレでいいのかな?」と不安に思うことがあってモヤモヤを抱えているときに、リボンクラブとの引き合わせがあり、

おそらく、「脳科学」だけでは上手く育たない、あるいは育てることができないことや、
外側から刺激を与えて能力を引き出していく育児法の限界に気づかれ、直感で選ばれたのではないでしょうか。


かといって、リボンクラブで特別なことは何もしていません。

もっと言えば、「余計なことはしない」「こどもが自ら育つ力を信頼する」とすれば、しっくりくるのかもしれません。


いたってシンプルですが
この点が、情報に溢れ、猛スピードで急き立てられるように送る日々に余裕がなくなると盲点になりがちになるように感じています。


愛され、信頼され、じゃまされないで
あそべるこどもは
もうそれだけで賢く育つということを実証してくれているのが伝わるといいのですが!





  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ