FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





久々の再会 :: 2018/10/16(Tue)


この日は年少組さんのペア。

なかなか会えなかった二人、、

◯ちゃんきたら、これするんだー!

念願叶って一緒にゲーム。
よかったね!


「ゲームを一緒にした」ことに満足したのかな。

今度は各々が気になるものを出してきて、、

もうすぐ4歳のお誕生日を迎える◯ちゃんは、ひらがなに関心があるようです。
ほとんどのひらがなの読みを習得していて、同じ仮名をマッチングさせることに夢中。


机上で同じ積木を操作していますが、並行あそび。

☆ちゃん(4歳0ヶ月)は沢山の積木を集めることと三角を合成してさらに大きな三角にして屋根を作ることに集中。

◯ちゃんは左右対象に高く積むことに集中していました。

高く積めば、倒れてしまうリスクも高まります。
何度も倒れヒヤヒヤして見守りましたが、気持ちまで崩れてしまうことはありませんでした。



まるで職人さんのような鋭い眼光で左右を見比べて積む様子には大人顔負けです。


若干3歳で、これほど目的に向かってまっすぐに
身体や気持ちを集中させることができるんですね。


こどもをみくびってはいけないと思いました。



こちらは、ケーキの配分をしています。

みっつのお皿に同じ数になるように考えて分けています。

「ちょうど」で分けれないときは、理由を添えて辻褄を合わせようとします。

なるほど!と思わせてくれます。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

安心空間の拡大 :: 2018/05/23(Wed)



年少組のお二人さん。
お互いがリボンクラブで会えることをイメージしながらやって来るようです❤︎

お母さんから離れて、お友だちと関わることを楽しんでいます。
園に通うようになって、随分と興味や関心が外へ向くようになりました。

一人がボードゲームをだしてくると、
「わたしもするー」と言って、接近してあそべます。

また、易しいルールにも従えるようになりました。



ゲームが終わると影あそびが始まりました。
何をするか、についても「わたしはコレであそびたい!」と双方意見を表出でき、相手をも受け入れる柔軟性を持ち合わせているようです。

うわぁ!おおきな恐竜出現です!!


二人それぞれ家をつくりました。

大きな家だから、じゅうぶん二人入れますね~~


光を透過するLuxyブロック たくさん配置しました。

お城のようですね。



「終わり」に心の準備が必要です。
二人とも慌てて、おもちゃをだしてきますが、「終わり」への儀式なのでしょう。
少し待ってあげると、二人で声を合わせて「終わりのご挨拶」をしました。


ほんの少し前まで、あんなにお母さんを必要としていたのに、このたくましくも自立した姿に
愛おしさと寂しささえ感じてしまうこの頃です。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

3歳児さんの平面構成あそび :: 2018/05/12(Sat)


3歳5ヶ月児の平面構成あそび

テーブルにあったパターンブロックに目がとまり、
黙々と構成あそびに集中し、あっという間にここまで仕上がりました!


ただつなげる、のではなく点対称になるように構成されています。
・・・デハナイ、○○ダ。【一次元可逆操作】


彼女は赤ちゃんのときからリボンクラブにきています。
こんなことができるようになっていたなんて驚きです。


完成だと思っていたら、まだ仕上がってはいなかったようです。
なにやらこちょこちょと作っています。



完成を迎えたようです。仕上がりに満足して椅子から立ち上がりました。「おわり」

よーくみると、三角形とひし形を使って六角形を構成し、平面図形を中心とした四隅に配置しています。



その後も、

ゾムツールを使って、しばらく黙々と手元に集中、、

「おわり」を迎えると、また新たなる興味のあるものへ移動してあそびます。


この間、お母さん」を必要としません。
「お母さん」以外のモノへ関心が移行し、しばらく一人でいることができます。

これまでひっついて安心だった基地から離れ、少しずつ大きな世界へ踏み出した年少さんです。


素晴らしいですね。







  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

3歳児さんの集中力 :: 2018/01/30(Tue)

何か〝おもしろそうなモノ〝を発見し、手に取り探索中。

ナンだろう、これ・・


まだまだ続きます

余談ですが、わたしはこのくらいの時期までのこどもの顔を上から、あるいは下から見た凹凸具合がたまらなく好きです❤︎



棚の上に置いて走らせています。

乗り物に見立てたのかな?



鍵ボックスを探索

押す、引っ張る、回す、引っかける、

いろんな指先の操作を必要とします。


こうかな?

考えています。



キラキラ大好き!

積木を敷きつめました。
縦に置いても、横に置いてもぴったり揃います。

左手のクネクネ棒はしっかり握ったまま。



包帯をクルクル巻き取っています。

ここでは両手が協調しないとうまく目的を達成させることはできませんね。よくわかっています。

目では包帯の先を捉えていますから、目と手の協調運動もしているわけです。




お母さんを相手におままごとをしたり、
お医者さんになって、ケガ人の治療にあたったりと役割あそびをします。


粘土遊びや描画、人形あそびもします。


興味のあるものには接近し、しばらく一人であそびます。

お母さん以外の安心できる人と言語でコミュニケーションをはかったり、おままごとでは分配の仲間に入れてくれます。


・一人あそびができる
・好奇心旺盛で探索できる
・集中力がある
・見立て遊びができる
・指先の操作性の種類が豊富
・思考力がある
・並べることができる
・秩序のある配置
・両手、あるいは目と手の協調運動


どうでしょう。
上記の写真から
今、じぶんに必要なことを選んでみずから行なっていると思いませんか?


あそびのアトリエのプログラムはこども一人ひとりが持っています。





  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

大きくなったよ :: 2017/04/19(Wed)



この4月から午後のリボンクラブにやってくることになりました。
あかちゃんのときから、成長を見守ってきた大人の一人として
あたりまえではありますが勝手に大きくなったものだと改めて嬉しく感じます。

3歳7ヶ月

「看護師さん」になって、負傷した患者さんの手当てでしょうか。

包帯をグルグル巻くのって、結構難しい!


パーティが始まりました♪

ケーキを出してくれたところで、
3人に同じになるように分ける課題を出してみました。


見事に配分しました!

「なんこあるの?」には
「いち、にー、さん、し」と指で対応させながら数えて「よんこ」と言いました。

「ママのお皿にはなんこあるの?」には、
「ごー、ろく、しち、はち・、はちこ」

「はちこあるの?」と聞くと、
再び「いち、にー、さん、し・・・、アレ?笑」
と、さっきと違う数になったことをオカシイな?とわかり驚いている様子でした。


そのあと、ジェリーさんのお皿にも「よんこ」あることを確認して「おんなじ」に落ち着きました。


ママの足を踏み台代わりに使用して・・

とび上がり、


両手でしっかり鉄棒をにぎって、

ぐる~んと前回り。
天地が逆転しちゃいます。


着地する足がバタンと降りないよう肘を曲げて抑制しているようです。

何度も繰り返し、笑顔であることから、
足が地面から離れることや重力が移動することの恐怖や不安といったものはなさそうであることが伺えます。


思い切り身体を動かして解放したあとは、ぬりえを選択。指先の細かな筋肉を制御させています。


はみ出ないように・・注意をしばらく持続させたあとは、丸の形に切ることを提案してみました。

紙の真ん中にある丸の線を切ることは、まだ難しいのでしょうね。どこから切り始めようか紙をクルクル回しながらハサミの切り始めを探っていました。

ちょうど大縄で入るタイミングを伺っているような感じとでもいいましょうか。

切り始めが決まりハサミを進めていますが、初めから線上にたどり着くのではなく、
少しずつ周りから近づけていくやり方でした。


きっと、4歳のお誕生日を迎える頃には、
さらに制御できるようになっていて、
丸も一回で、グルグル線もややはみ出しながらではあっても切れるようになっていくのでしょうね。


「おかえりの時間」には、カエラナキャイケナイ気持ちとマダアソビタイ気持ちの間で葛藤を抱え、
何度かおもちゃを出そうとしてはママに「いいえ、だしません」と促され、ジタバタします。
が、普段そんなにガマンすることが多かったり、忙しい過ぎることはないのでしょう。
割にスッキリしている印象です。


そんな時期ね~と
しっかり今を生きている彼女です。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ