FC2ブログ

記事一覧

論理的思考力

ボードゲームの棚の前に立った○ちゃん。先月6歳のお誕生日を迎えました。そんな彼女に普段アトリエには置いていないDOMEMOドメモというゲームに誘ってみました。見えている数字のタイル(相手側と場の数字)から、相手側に向けた自分のタイルの数字を推理するゲーム。初めは簡単にルール説明するため、数字タイルを減らしてやってみたのですが難なくクリア!数字タイルを増やしてもできたので、これからは場のタイルをいくつか伏せ...

続きを読む

人間の好奇心と人工知能

新しいおもちゃが加わりました。フィナボッチツリーという、なんともヘンテコな形のコレ。「フィボナッチ数列」は、イタリアの数学者フィボナッチにちなんでつけられた規則性のある数列ですが、自然界の現象に数多く出現します。例えば、植物の葉が太陽光をまんべんなく受けることができるように、互い違いに配列する「葉序」もフィボナッチ数に関連しています。このフィボナッチツリーは、手でくるくると回すと、らせん状とフィボ...

続きを読む

手品あそび

この日は年長女児のプレイング。1人が手品セットを持ってきました。「ハイ、このなかからわたしにみえないようにカードひいてね」「・・・・」このとき、引いたカードが相手に見えてしまいました。この、「ジブンだけ見て、ほかの人には見えないように・・」って、子どもたちには難しいんですよね、4,5歳児さんと一緒にしたら、きっと見えちゃうでしょうね笑もう一度カードを引きなおすと、今度は上手くいきました!ジブンの視点、...

続きを読む

個性を尊重する幼児教育とは

絵を描くのはイヤだ!大キライ!と言っていた6歳男児。「マルとサンカクとシカクが描けたら、いろいろなものが描けるよ、まるいものには何があるかなぁ、」と連想クイズみたいに呟いていたら、意欲が湧いてきたのか、机に向かいスルスルと手が動き出しました。「たいよう」だそうです。「プロミネンスもかいたよ~」と言うので、なんのことかな?と疑問に思い、宇宙図鑑を開いてみると、ありました!「コロナ中に突出した炎状のも...

続きを読む

身体で空間認知能力を鍛えよう!

向かい合った人形の左右がわかるかな?そうそう!じゃあ、これは?うん、そうだね!ジブンの身体を使って、みぎ、ひだり、うえ、した、まえ、うしろ考えてみるのはとってもおもしろいね!...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数