あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





稲の変化 :: 2014/08/18(Mon)


お盆休みの間中、よく雨が降りました。
風も強く、留守にしていたバケツ稲が気になりながら、


帰宅後、真っ先に様子を見ると、


なんと稲穂がまっすぐに伸びていました!



写真では見えにくいですが、穂から白い稲の花がついています~!

こうなると穂を鳥などから守るため、網を張るのだそう。


さて、どのように張ろうか??


考えてみま~す!



  1. バケツ稲づくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

本日中干ししました~ :: 2014/07/22(Tue)


本日リボンクラブのあったこども達と
「中干し」を行いました。

めちゃめちゃ風にそよいでいます(笑)


「中干し」とは稲を丈夫にするため、バケツの水を抜いてしまうことです。

慎重にバケツを倒して水を出しました。







表面の土が乾いた頃を見計らって、再び水を張らなければいけないのですが、枯れてしまうのでは?とちょっと心配です。
みんなで植えた「お稲ちゃん」を枯らす訳にはいきません。

がんばれお稲ちゃん!
強くなれお稲ちゃん!




  1. バケツ稲づくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

最高分げつ期 :: 2014/07/16(Wed)


稲が育ってま~す!



一般に他の植物が茎を伸ばして成長するのに対して、
稲は茎の数を増やして成長するのだそうです。


それを「分げつ」といい、
分げつが盛んな時期を「分げつ盛期」、

最高に増えた状態を「最高分げつ期」と呼ぶのだそうです。


こうなると、そろそろ水を抜いて「中干し」して稲を丈夫にする必要があるようです。

枯れちゃうんじゃないかと心配ですが、じゅうぶんな観察が必要ですね。




しかるべき時期に厳しい環境下によって栽培することは、米を実らせるために必要なことなんですね!



  1. バケツ稲づくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

ボウフラ大発生! :: 2014/06/19(Thu)


5月の連休明けからリボンクラブのある日にボツボツ植え始めた種もみが分げつ期を迎えています。

なんでも一粒の種もみから40本くらいに茎を増やすのだそうです!


藻が大量発生したので、光合成しないように日陰に置いていました。


藻には慣れたものの、次はボウフラの大量発生!


かなりの蚊を培養している感じ・・


水の量を減らして、ひなたに出しておくことにしました。

これで様子をみてみよう。








  1. バケツ稲づくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

バケツ稲に挑戦 ~種まき~ :: 2014/05/23(Fri)


先週までに芽出しした種もみの植え付けを終えました。




GW明けに種まきしたものはこんな感じ。



葉が2~3枚といったところ。


こちらは、5月中旬に蒔いたもの。
ツンツン芽が出てきました。



しかし、なかにはこんな葉が枯れたものも!
なんでかわかりません。
根元は緑なので大丈夫なのか・・。心配です。


これは誰のバケツということは決めず、
お昼から来るこども達が全部のバケツをお世話します。

果たして、米になるまで育てることができるのか?!





  1. バケツ稲づくり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0