FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





霧と風と光であそぼう :: 2019/08/02(Fri)


久々の更新になります。

世間に遅れること数年、、、
娘の手ほどきを受けながらInstagramを始めました(おっそ!)

それに連動してあそびのアトリエのFacebookも更新されるので、このどちらかものぞいてみてくださいね。




夏休み中、子ども向けのワークショップが色々開催されていますね。


子ども向けのワークショップは、
用意された決まっている材料を、決まった順番で時間内に制作し、大して創意工夫しなくても、それなりに格好のつくようになっていることが多いものです。

夏休みの作品として学校に提出できたらラッキー!
作っておしまい、みたいなところがあります。


ワークショップの万全の準備された感は
効率的に作業を進めるための工夫であり、
ある程度仕方のないことだと思うので否定はしません。



でも、お膳立てし過ぎじゃない?と感じることがあるのも事実です。
また、子どもが世界にどっぷり浸かる時間的猶予もないまま次々と制作を進めることに大人が焦点を当てているため、ただ子どもは言われたままに動いている、、
ということも少なくありません。


子どもがそれまで知らなかった分野に入り、何をどのように感じたのかを大切にされず、
そのワークショップに参加し制作したことで、
親子ともすっかり満足してしまうというか、


手先を使うことは大事だと頭のどこかでわかっているし、させたいと思っている親は結構いるし、
子どもがWSで制作をすると
自身はその経験を充分している、
あるいはさせてきたと自負する親、

ゼロから1を生みだす創造力を
わが子は自分は持っていると錯覚してしまう人は


意外と多いのかもしれません。


本当に自分の頭や手を使い、表現する機会って
いまの子どもたちにあるのか?
ここは疑問です。


子どもとワークショップやイベントの参加を検討する際は商品の特徴を知ることや、道具の扱い方、経験できるスキル、親以外の大人との関わる社会性など、
家庭では身につけることが難しい要素を含んでいるので
良い機会になると思います。



さて、前置きが随分長くなってしまいましたが、


この日のリボンクラブは
期間限定で開催中のイベントに参加するためグランフロント大阪に行ってきました。


霧と風と光であそぼう


このイベントの主催は、長野県の星光技研という会社で
「超音波霧化」という最先端技術を使い、いろいろな液体をとても細かい霧にできるのだそう。


その霧を吹き出す製品の開発を行っている、とのこと。


霧を充満させた箱の蓋を閉めることで空気砲が発射するしくみ。

でんじろう先生みたいと話題に。



霧のトルネード

下からライトを当てることでより演出効果が高まる。


トルネードが起こるしくみは、この二本の管。

容器の外側から空気を取り込むことで対流を起こさせるのだとか。


空間にスクリーン状の霧を作り出す【ミストスクリーン】という装置。

プロジェクターで映像を投影すると、写真のように浮かび上がります。
スクリーンに触れても手は濡れません。


暖炉の火が燃えている映像。
子どもたちはなぜか食べようとしている笑


人がスクリーンを通り抜けることもできるため、
突然、映像を映し出すという演出効果も可能なんだとか。(それ、びっくりしちゃうよね!)


この装置を前にして子どもたちは何を思うのか?
甚だ疑問ではあるが、ちょっと聞いてみた

わたし:(スクリーンにふれながら)コレはなんだろうね?


子どもたち: みずー

へぇー、水ってわかってるんだ、すごいね。


わたし:(暖炉の火の映像をさして)では、この正体はなんやろうね?


子どもたち: (プロジェクターを指差して)アレ~!


えぇ~!以外とこれとこれがこうなって、、とかわかってるんだ。さすが今どきの子どもたち。最先端技術にがっつりマッチしている!

と感心するわたし。




お店やイベントなどのお洒落な見せ方もできるし、ショーウィンドウやアート空間としてのインスタレーションもできそう。


こちらは【投込型 超音波霧化ユニット】を使った「魚釣り」笑 海を演出している模様

これを使えば光を効果的に用いることにより雲海や神降臨を思わせる?幻想的な演出ができそう。
昭和のアイドルがステージ上を霧にして歌っていたことを思い出す、、



大学や企業の最先端技術に触れるなんて、
ちょっと大人向けかしら?
子どもたちは退屈しちゃうかも、、と心配はしたものの




すいていたため、迷子の心配もなく
ある程度の自由度を確保できたことも手伝って
子どもたちはそれなりに楽しめているようでした。


というか、
吸収率は大人<子ども
でしょうね。




いつものことながら
突然のわたしの提案に、いつもお付き合いくださる
リボンクラブの保護者の方々。


そのおかげで
こうしたいなぁ、
コレ子どもたちに見てもらいたいなぁ
という小さな願望が実現できています。

今回もありがとうございました~!











  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

おとまりかいで感じたこと :: 2019/04/26(Fri)


さて、今回
熊本中央ルームのおとまりかいに池田ルームも混ぜてもらう形で行なった訳ですが、


子どもたちは初対面とは思えぬほど素でした。


それはたまたま人見知りなコや敏感なタイプのコがこの集団にいなかったからなのかもしれませんが、


サポートするスタッフとしては特に気を配る必要がなく、負担感ゼロでした。

※もちろん表情や行動は観察していますし、全行程において安全を保証する配慮はしています。


熊本の年長さんの中には、彼らが幼稚園に通う前からプレイングを通じて知っているコも含め、
みんな大阪からやってきたわたしと年長男児を受け入れてくれ、また同様に池田ルームの男児もそうだったのです。



まず相手を信頼できる、信頼しているということが前提として成立していることがわかります。
その能力は、孤立しないで社会に適応してコミュニケーションをとる土台となる力ですね。


持ち物の管理も概ねできていて、
どこかに何かを忘れてきたとか、
何かがなくて困るといったことはありませんでした。


全ての活動に、ジブンのペースで関わっていたように見えました。


夜ねるときに不安が高まるコもいましたが、
お母さんが見えなくてもスタッフが寄り添うことで表象を持ち、一人のジブンとして自立できていたようにおもいます。


一方でわたしが気になったのは、
ジブンの食べれる「ちょうど」の量を知らないコが多かったことです。


ごはんのときには、
みんながお腹すかないよう充分なお米を炊いて準備しますが、食べきれなかったのは残して良いとは思ってはいません。


人間が生きていく、食べていくことは
たくさんの生命の犠牲の上に成り立っている訳ですから、
命をいただく、
ありがたくいただく、
残したらもったいない

そんなふうに感じてほしい願っています。


私たちの生活が第一次産業と離れたところにあり、
食べることに不自由をすることのない飽食のこの時代に、このようなメッセージを子どもたちに伝えるのは非常に難しい問題です。




この点は側にいる大人が積極的に働きかけないと子どもたちが自然に身につけることは期待できそうにありません。



以前、わが家で預かっていたファミサポのこどもの残食が多いことに頭を悩またことがありました。


聞けば、残したらお母さんが食べてくれるからいつでも残している、と話してくれました。


気分が悪くなる、吐きそう、もうこれ以上食べれない、
お腹いっぱい、

確かにこれ以上食べる必要はないとおもいます。


私たち大人はこれまでの経験から自分の体調に合わせて食材を決めたり、量を調節することは可能ですが、
子どもが大人と同じようにできるとはもちろん考えていません。


そのことを考慮した上で、
ご飯だけジブンでお茶碗によそってもらうことにしたら、それから残ることはうんと減った、ということがありました。


そこで、みんなに
「〝食べ放題〃とか〝バイキング〃っていうレストランあるよね。いろんな種類のおかずやデザートがいくらたべてもいいってゆうシステムよね。すごいよねー。
でも、アレも食べたい!コレも食べたいってお皿てんこ盛りに入れるとするじゃない?途中でお腹いっぱいになったらどうする?残すのってどうなんだろうね?」

と話してみると、

首を振ったり、
ダメだと思う、
など、
否定的な反応を示すコが多かったのです!


食べ物を残すのは良くないこと、と思っているようです。



「そうね。いくら食べてもいいけど、これだけ食べたらお腹いっぱいになるっていうジブンのちょうどいい量ってあるよね。それぞれみんな違うとおもうけど、それ知っておくのがよいよね」

と話しました。



わたしが小学生の頃は、
給食で食べ物を残すことは許されていなくて、時間内に食べきれないでいると、そのあとの掃除の時間になっても席を後ろに下げられてなお食べ続けなければいけませんでした。
これは、食べ物に感謝して残さずいただく。
好き嫌いをなくす。という点に重点を置いていたのだとおもいます。



たしかに間違いではないと思いますが、
食べる量に個人差があることや、味覚の過敏性や先天的に偏りを持っていることは考慮に入れられていませんでした。


その結果、無理して牛乳を飲まされ、級友の見てるところで吐く羽目になることもありました。
このコの心がどれだけ傷つき、何を得たのかいうまでもありませんね。


現在では学校でここまで強制的に食べさせることはないと思います。本人の申告により量の加減に応じているようです。


以前、ATACカンファレンスで聴いたのではないかとおもうのですが、
やれ栄養が偏るとか、バランス良く食べなきゃダメ!とか言う人がいるけど、食事の時間が苦痛でたまらなく感じているくらいなら、好きなものを好きなだけ食べてて大丈夫!わたしはそれでもこうして生きてる!と講演されている方がいました。


そのとき、そうなのかー!と衝撃が走ったことを今でも覚えています。



話がおとまりかいから逸れてしまいましたね。


飽食の時代の今こそ、
その場の雰囲気やテンションに流されることなく、
自分の「ちょうど」の量を知ることや
残食を減らす工夫が個人、家庭で大切だと感じました。

























  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

おどまりかいの続き② :: 2019/04/25(Thu)


翌日の朝食作りの様子→→→


ここの二人は台所仕事が好きなのかな。楽しそうです♪




朝食のオープンサンドウィッチ
に加え、昨夜のカレーも食べるみたいです!
そんなに食べれるかな?



朝のお散歩班とこちら居残り班



石造りの橋の上から。










子どもたちのはじけるようなエネルギーと石の間に生息する春の花。どちらも生命力に溢れています。



春はそんな生命の息吹を感じる季節です。



シーソー



みんなでおにごっこ



アイフォンでもこんなに近づいて撮れるんですねー

桜の時期には少しだけ早かったのですが、ここのだけキレイに咲いていました🌸





だーるまさんがーこーろんだ



身体をぴたりと止めるって難しいね




さぁ、熊本のコたちはお母さんの待つ県庁前にかえるよー


お友だちつくって豊かな小学校生活を送ってほしいな。

あなたたちはどんな少年少女へと成長するだろう
私たちスタッフはとっても楽しみにしていますよ。
















  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

平成最後のおとまりかい① :: 2019/04/23(Tue)


すみません、
私的な理由でかなりブログをお留守にしてしまいました。


まずは、3月末に行った年長さんのおとまりかいのご報告です。


昨年度、池田ルームの年長さんは一人だったので、
熊本のおとまりかいに混ぜてもらいました。



、、というわけで、
早朝、大阪国際空港✈️にて集合。


さぁ、乗り込むぞー


熊本県庁前にはルフィー像




熊本では残念ながら当日お休みになった子もいましたが、そのほか全員集まったところで二台の車に乗るためにじゃんけんしています。




向かった先は、、
御船恐竜博物館

ここは、博物館では珍しく館内撮影OK






予定していた時間よりじっくり見てしまったため、博物館を出たところでお昼ごはん^^;



車で移動🚗
御船化石ひろばで化石発掘体験をしました。
隊長ロバートのおはなしを聞きます。
隊長の後ろの断層スゴイ!



道具の使い方や注意事項の説明を真剣に聞いています。



この石は化石はいってるかな?



隊長が見せてくれた歯の化石に興味しんしんのこどもたち。かなり詳しいです!



みんなで記念撮影📷


この日の宿泊は
佐俣の湯

みんなで夕飯つくり



ジブンの食べれる分をよそってね!

ジブンのちょうどいい量ってどれくらいか知ってるかな?


いただきまーす!







ロフトで寝るのか?下で寝るのか?
みんなそれぞれ落ち着くところで布団に入りました。



モモさんにお話しを読んでもらって眠りにつきました。




続く、、







  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

『ミラクル エッシャー展』 :: 2018/12/07(Fri)



昨日は年中さん年長さん二人と一緒に
あべのハルカス美術館で開催中の『ミラクル エッシャー展』に行ってきました。


生誕120年イスラエル博物館所蔵でこれだけの作品が日本で展示されるのは非常に貴重な機会のようです。




〝エッシャー〃といえば、上の写真の錯視による「階段の家」や「滝」(下)が有名ですね。



(画像はお借りしました)

錯視だけではなく風景や人物、反射など8つのカテゴリーに分類され展示されていました。


白黒の繊細な線で描かれた作品は、木版や石版によるものがほとんどだったことにも驚きでした!


作品のカメラ撮影はもちろんNGですが、
私たちが作品の一部になれるこんな面白いインスタレーションもありましたよ~!

階段の家House of Stairs

みれるかなぁ。




余談ですが、
報道にもありましたようにこの日はソフトバンクの通信障害があったことがあとで判明。

この時はわたしのiPhoneが不具合なんだと思っていました。
現地で待ち合わせとしていたニーナさんにもスムーズに出会えず、上へ下へと移動することになったり、


お預かりしているお子さんの保護者へ帰りの連絡も出来ず困ってしまいました。

メール、電話、ショートメール、、
考えうる手段全て、まるでストーカー並みの手数を打って試したものの「圏外」では使いものにはなりませんね。


でも、昭和生まれは大丈夫!笑
ケータイの無い時代にだって待ち合わせもしていましたし、そのために何かができなくて困ったということもなかったはず!

そうなると子どもを安全に引き渡す、帰宅させる考えを巡らせるものです。
便利なアイテムに頼り過ぎの生活に喝を入れてくれた出来事となりました。


ちなみに、子どもは当初口頭でお約束した待ち合わせ場所で無事お母さんと会え、帰宅できました。
(ご協力ありがとうございます)


危険を回避するために情報は分散しておく!
これが大事ですね。


















  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ