あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





秋のおさんぽかい ② :: 2017/12/07(Thu)


道の真ん中に毛虫発見!

じっと見つめます。


次の公園までの道のりは、
みぎ?ひだり?方角や周りの景色を見ながら
歩みを進めます。


おさんぽは空間を認知し、地図を広げてくれますね。


道中、公園に着いたら一番先に何をするのかが話題にのぼりました。

あそぶ!

おべんとうをたべる!

うーん、わたしはお弁当を食べるに1票だな。


公園に着いたら、
目の前の遊具が嬉しくて、荷物を置いて駆けていく子がいました。
その様子に発奮され?お弁当を食べると意気込んでいた子も同様に荷物を置いて駆けていきました。

そんな子どもたちの何にも抑圧されない本能のような、子どもらしい姿を見ていたら、なんだか
ほんわかと温かな気持ちになります。


お弁当タイム!



お弁当はお母さんに再開する時間になります。

姿はないけど、ここにお母さんを感じています。


(そう思うと、大変なお弁当作りももっと頑張れたんじゃないかと過ぎた日々を振り返ったりします😢)

お弁当の包みを結ぶ練習。




戸外での活動で恒例のおやつの配分。

「今日は何人いるかな?同じ数ずつ分けていれてね。」

いつもは「数」を扱いますが、
今回は「量」を配分する課題も加えました。

つまり、小包装されていないおやつを目分量で
だいたい同じになるように分けるのです。
はじめ少し戸惑う様子を見せましたが、袋をガサガサ揺すってだいたい同じに入れ分けました。
袋から全部入れ分けたあと、「こっちすくない」と言って多いところから調整していました。
さすがは年長さんですね!



この木のぼれるかな?






お砂場に面白そうなものを見つけました!


お山にトンネル、そこから続く道のようです。

どうやら施工主はいなさそうでした。

「すごーい!」と言って近づき、よく見たあと、

子どもたちは水を流してみたい衝動に駆られたようで、(運河のイメージ?)わたしの持ち合わせたペットボトルを手渡しました。

近くの水道でペットボトルに水を入れ運河になるべく流してみましたが、水の量が少な過ぎたのもあって、ゆっくり水は砂にしみ込んでいきました。

そして破壊することにエネルギーが注がれたので、

「せっかくだから、みんなでトンネルつくってみない?」と誘うと、「うん、イイね」と賛成してくれました。


公園に落ちていた空のお菓子の袋や小箱を集めてきたようです。


なんで、わざわざゴミ集めするかなぁ、拾って来なくてもイイのになぁと、口元まで出かかった言葉を飲み込みました。


このとき、彼はこの「お菓子の袋」を歩き回って収集し、袋を丁寧に伸ばして大事にして、まるで宝物のように扱っていました。


「公園に落ちているお菓子の袋」=ゴミ

と捉えたわたしとの間でギャップがあることに気づきました。


改めてよく見ると、濡れたり不衛生ではなく、
カラフルなそれらはまさに白い砂場に良く映え「宝物」のように見えてきたのですから不思議ですね。

ゴミだから、汚いから、捨てなさいって言わなくてよかった。言ってしまっていたら、きっと彼の気持ちは潰れちゃっていただろうなぁ、と思いました。


お山作りが始まりました。

棒を集めて、側で見守るコ。


お山に水をかけて、固めるのかな?



こちらは先ほどのお菓子の袋を、道沿いに「看板」に見立てているようです。

確かに、高速道路を走っていると、大きな企業や商品の看板が目に入りますよね。あのイメージでしょうか?

山頂にもお菓子の箱を配置したようです。

三人が一つの対象に向かい、共有している部分と
各々の楽しみ方を保障されている空間。

他者と関わったり、離れたり、、


こちらでは、「いらっしゃいませー!」と元気の良いガールズの呼びかけが、、

なんだろう?と近づいてみると、


おさんぽの道すがら採取した葉っぱや実が商品として並んでいました。


ぐらぐらする足場もへっちゃら!


みてて、すごいでしょ?こんなことできる?



「まだ、あそべる?」

帰る時間を気にするコもいました。
先の見通しが立っているのですね。

「うん、まだあそべるよ。あそこの時計で長い針が◯になったら帰るからね!」


自分の影が長くなる頃、約束していた時間に身支度を整えて帰路につきました。

「こうえんはたのしい」「たくさんあそんだ」


ゆっくりした時間の流れの中で
それぞれに満喫できたように見えました。


帰りは、来た道の逆。
車が入ってこれなさそうな細いこちょこちょした道。
さて、どうやって来たか覚えてるかな?
比較的安全なので、子どもたちに任せてみます。


あ、そうだね。この山茶花の咲いてる道、通ってきたね。



「さっきの毛虫!つぶれているよ!」

あれ?何があったんだろうね~? 踏まれちゃったかなぁ。


道が分かれるよ。さて、どっちに進むといいのかな?

「こっち、こっち!だって、まっすぐいくと行きどまりになるんだよ。」


みかんの木と柿の木。うん、これも見たわね。

どうやら、この道で合っていそうだね。



なぜだか、男の子は登りにくそうな壁をよじ登ります。

平坦な道に飽きてくると、わざわざ障害を設けて楽しむんですよね。
大人はしませんね。
こどもは本能的に起伏のある場所で身体を使うことを求めているのだと思います。





「ジェリーさん、みて、みて~」

「な~に~?」

最年少さんの小さな指の先には、黄色い小さな花が。

これまた、大人には目にはとまらない風景の一部。

ついつい見過ごしてしまう野花も、こどもにはとっても新鮮でステキなものを発見した瞬間なんですね。
こんな小さな花を美しいと感じ、足をとめてじっと見つめられるなんて、、


おててみたいなはっぱをみつけたよ~!




子どもは大人の見方と随分と違う見方をしているなぁと、改めて感じました。

大人は子どもほど心を動かして見ていないようです。


週末には家族で公園へぶらぶらお散歩。
おススメですよ!




















  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

秋のおさんぽかい① :: 2017/12/04(Mon)


11月末、そろそろ冬の訪れが感じられるこの頃、
池田ルームでは秋のおさんぽかいをしました。


近くの公園へ。
地面に落ちている葉や実に注意を向けて集めていると、不思議なことに遭遇したようで、、

「なんでここだけ、つちのいろがちがうの?」

「うーん、なんでだろうねー?」

子どもたちはいろんな推測をします。
とんでも発言も飛び出すので耳を傾けていると面白いです。


なにやら立て看板が。
「なんてかいてあるのー?」


「このへんに生えているキノコは摘んだり食べたりしちゃダメなんだって。」


「えー、どくがあるんかなー」



子ども広場に到着。
みんなおもいおもいの遊具へまっしぐら!




アレ?一人遊具からいなくなった、と思ったら、
ここにいました!

松の木によじ登っています。
このとき、ここにいた初対面の男児のしていたことに興味を持ったよう。

岩によじ登ると、足を掛けるのにちょうどいいコブがあり、左右の腕や手、足を協調させて

木に登り始めました!


今度は右足の番


右手を持ち替え、


今度は両手で幹にしがみつき、


どんどん高く登っていきます。



「こわくないの?」

「ぜんぜん!」という返事が返ってきます。

「ヘェ~」驚くわたし。




枝に座りました!

少し高いところから見える景色は格別かな?
とても嬉しそうです。


枝から下りるときも、岩を利用して安全に下りてきました。


視覚から取り入れた情報から、身を守るために使える木の出っ張りや岩をたくみに利用し、身体を動かすことができていますね。

私たちの遠い祖先は樹上生活をしてきました。
彼らは、情報を見誤ったり、地上へ落ちたりしようものなら捕食される危険があったため、このような能力を備えることは生きるための戦略だったのです。

私たちは捕食される危険こそありませんが、安全に下りてこれるくらい身を守る術は身につけていたいものです。そのためには、高低差をなるべく正確に捉えたり、身体地図(自分かどれくらい手を伸ばしたら届きそうとかこれ以上行っては枝が折れちゃう?とか長さや重さ太さの感覚)を獲得していることは身を守るためのみならず、人と関わり合いながら社会で生きていく上で有利に働くはずです。

鈍磨な場合、悪気はなくても人にぶつかったり、意図せず物を踏んでしまったり掴み損なったりしてトラブルになりかねませんし、敏感な場合は回避して自分を守ることになるのでしょうね。



しかし、それにしても彼はつい2ヶ月前まで「ぼくは木にのぼれない」と口にしていたコとは思えません!








自分の力を試している?

ここまではできる。
これ以上はこわいなぁ。


ふつうに滑るなんて退屈!
色々アレンジしちゃうもんね~








「だれかおして~」
「いいよ~」



体勢がこんなになってもこわくなくなった?

お空が見えちゃうね、


お兄ちゃんのしていることを見て触発されたかな?

木登りにチャレンジ!


岩の上からジャーンプ!



一人で立ち漕ぎでスイングするためには膝の屈伸が必要と気づいたのかな?



高いところからの滑り台は楽しい!
戸外での活動初参加の4歳児さん。







じゅうぶんお楽しみのようだけど、もう一つ楽しい公園あるからいってみよ~と声をかけて移動。

ブランコたのしかったなぁ、
きのぼり、たのしかったなぁ
葉っぱあつめるのたのしかったなぁ


「あ、ブルーベリーみーつけた!」と、一人が言うと、

街路樹として植樹されているマルバシャリンバイの実を摘む子どもたち。


ホントにパクっと食べちゃわないか、ちょっと心配になり、
「ホントにブルーベリーかどうかはどうやったらわかるんだろうね?」と尋ねてみたら、

におってみる、
つぶしてみる、

と声が上がり、一安心。





食べれない、とわかっても黙々と採取を続けます。
一体これはなんなんだろう?
本能でしょうか?









次の公園までの道中は、

おなかすいた
お弁当たべよう、
足がいたい、

などなど、いろんなことを言ったりもしていましたが、
おしゃべりしながらぶらぶら歩くのは
楽しいものでした。


次回に続く。



  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

感動に出会う :: 2017/09/13(Wed)





病院の待合室でこの本を読み終えました。
著者の柴田愛子さんは、横浜でりんごの木という幼稚園の園長でもあり、NHKの『すくすくあかちゃん』にも出演されています。

この本には、園でのこどもたちの姿が季節とともに記され、大きくなっていく様子が綴られています。


登場する場面やこどもたちの様子に、そうそうと共感してニヤリと笑ったり、ホロリときたり。


そして、先日記事にした年長児のお出かけでのエピソードも紹介したくなりました。


夏休みのはじめに年長児4人を連れて、博物館へ行くときのことでした。


博物館へは大阪駅から約1時間。
電車を乗り継いで行くのですが、乗り換えた電車はガラガラに空いていてほぼ貸切状態。
どこに座っても良さそうでした。
危険が及ばないとき、他者の迷惑にならなさそうであれば、はいココに座りましょうね~とか言いませんから、
こどもたちがそれぞれ好きな場所に座るだろうと思っていたのですが、ありがたいことにみんなわたしの側に座りたがってくれました笑!


わたしの隣に座れたコは、望みが叶って得意げな表情を浮かべていました。また、隣じゃなくても、そのまた隣であっても、みんな近くに座りあって楽しい~、
そんな雰囲気でした。


しかし、一人だけ くもった顔のコがいます。
どうやら、わたしの隣に座れなかったことに不満な様子、、


こどもたちのやり取りを聞いていると、
さっきはジェリーさんの代わりに切符を買う係を担当したのだから、今度はガマンする番でしょう、
ということのようですが、本人は納得なんてできない!
そんな雰囲気がその子の全体から伝わってきます。


すると、「となりには座れない」ことをヨシとはしてないけど、受け入れたのでしょう。
一人だけ向かい合った座席にふてくされて腰を降ろしました。


思い通りにならないことに折り合いをつけるのは難しいことです。
また、なるほどと思わせるような理由づけをして物事を調整して問題を解決する年長児も見事でした。
このようなことは、大人を相手にあそぶだけでは経験できないことです。


博物館までの道中をワクワクした気持ちで向かう一行に反して一人で座る選択をしたコ。


口を真一文字に結び、顔を硬直させています。
時間が必要なのでしょう。
しばらく様子をみながら、そっとしておくことにしました。

話に花を咲かせていたわたしの隣に座ったコが、
「ジェリーさん、◯◯(一人で座ったコ)あんなかおしてるよ」

「うん、そうだね。ガマンしてるのかなぁ」

次第にお向かいの強張らせた◯◯の表情が気になってきたのです。

何度か話題が盛り上がりかけては、ちょくちょく
「ねぇ、ジェリーさん、◯◯・・」

そして、居ても立っても居られなくなったのか、わたしの隣に座ったそのコは、その場にすくっと立ち上がり、
「◯◯とせき、かわってあげるわ」と言うが早いか、
お向かいの◯◯と座席を交代したのでした。



思いがけないチャンスが到来に嬉々とする◯◯。

笑顔こそ見られないものの、固い決意をのぞかせるさっきまでわたしの隣で喜んでいたコ。

少し前に、お母さんの報告に
幼稚園でお友だちに譲る様子がありました。

本当に、そうしたい気持ちからなのか?
あるいは本意ではなく、ムリしてガマンしているんじゃないか?
お母さんの心配が思い出されました。

プレイングでも何度か見かける光景でした。

「ほんとにいいの?」

こっくりうなずきました。


その後の様子からも、ガマンしてイライラしている様子でもなく、がっくり気を落とすでもありません。


わたしの隣の席を獲得し、一時は満足したものの、そうならなかった仲間を見て見ぬ振りなんてできなかったのです。それではどうも居心地が悪かったようなのです。


2歳のときから知っているコたち。
随分と大きくなったものだとその成長を嬉しく思うのと、こどもの中に先生がいる!と感じました。


ジブンだけじゃない、なかまを思いやってジブンのアタマで考えて行動できるコになりました。
お母さんが、こんなコになってほしいと願うコにちゃんとなっていたのですよ。



大人に言われたからでもなく、
わたしに気に入られようと媚びてる訳でもない、
勇気ある行動に感服した次第です。



上記の本は、こんなこどもたちの何気ない日常に注目し、その時々に丁寧に寄り添い、おウチの人とタッグを組んで保育している様子が綴られています。


こどもをどんなふうに見たらいいのか教えてくれ、豊かな気持ちになり、子どもと過ごすことの素晴らしさに触れる一冊です。


























  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

年長児おでかけ② :: 2017/09/06(Wed)

前回の続き


レジャーシートを広げると、大きさ比べが始まります、

わたしのがちょっとおおきい。
ぼくのほうがちょっとだけおおきいよ。


「おおきい」「たかい」「できる」「はやい」「おおい」などなど、どうしてこどもってこんなに比べては競いたがるのでしょうね~。


午後からは、ワークショップに参加。

三葉虫の化石のレプリカの色つけ体験。

三葉虫の種類っていっぱいあるんですね。
こどもたちが自分で選んだレプリカを手に色つけ開始。




見本そっくりにしたい子、独創的な色つけにチャレンジする子いろいろですが、わたしは手を出すことなく見守りに徹しました。

困ったり、わからないことがあれば自分で係の人に伝えてほしいと望んでいます。

すると、「わたしはこんなふうにしたいのだけど」と自分の要望を伝えたり、アドバイスを受け入れたりと初めて会う大人の人とも適切に関わることができていました。

さすが年長さんですね!



レプリカの色つけが終わった後は、
いろいろな昆虫の体の作りを観察。


下から観察中。

大きいので、脚がどんなふうに付いているのかよくわかります。

ボーイズはカブトムシを下から。



棚には知的好奇心をくすぐるようや道具がきれいに収められ、自由に箱を手にすることができるようになっています。

とてもいいですね。


カエルの特徴を示したシート。

シルエットに合うカエルを置いていくことをオモシロイと感じたのでしょう。
自然に集まり、ココかな?コッチかな?と置いていました。


もう一つ、ワークショップがありました。
それは「魚の解剖」。

ちょっと難しいかな?気持ち悪がるかしら?興味ないかしら?とも思いましたが、嫌がったら速やかに退室するつもりで参加しました。

会場となった理科実験室のようなお部屋は、小学生が多く参加していました。自由研究にでもするのでしょう。メモをとりながら講師の話を聴くコもチラホラいます。

テーマはプランクトンを食べるマイワシと、魚を食べるカマスの身体の違いについて。
講師の手元をみんなによく見えるようモニターに映し出してくれます。

魚は魚でも何を主食とするかで、口の中はどうやら全然違うようです。考えたこともなかったなぁ。

触って違いを確かめています。

こちらは、何の引っ掛かりもなくツルツルしてるなぁ。
プランクトンを食べる魚には歯はありません。

おっかなびっくり!

なにごとも経験は大事、



こちらはカマスの口の中。

ぎゃあ~、こちらには歯がある~!しかも鋭い~!
魚を食べるから、しっかり捕まえられるためのようです。

解剖を進めていくと、喉のところに1匹丸飲みにしているのがでてきました。うへ~

その後も、骨だけになってしまっている小魚含め4匹がカマスの体内からでてきました!細かく食いちぎることはないようです。割と大食感なんですね~


クジラの標本。

こうして骨格を改めて見てもつくづく哺乳類だなぁと再認識。


ここで問題です!
さて、ナガスクジラの祖先はどの生き物の仲間でしょうか?

①アザラシ ②ゾウ ③カバ

答えは、池田ルームの年長さんに聞いてね~!


こちらは同じ大きさにカットされた材木。
その種類によって重さが違うことがわかります。

水分を多く含む木は、乾かすと軽くなり、ヒビや割れが生じます。
こういう木は積み木には不向きです。

柱にするには?屋根に使うには?
昔の人々はその特徴を知り、見事に使い分けてきました。
その結果、時代を超えても存在し続ける建築遺産にわれわれが触れることができるのですね。















さぁ、お母さんの待つ大阪へ帰りま~す!


一日をともに過ごし、行きよりぐんと距離感が近くなった年長さん。

この日は4人のお母さんとなって同行しましたが、
大変なことは何もありませんでした。

帰りの電車は車両の端に座ることができました。
ただ、楽しくて興奮したこどもたちの声が大きくなることが度々あり、その都度
「こえが大きすぎます。もう少しこえのボリュームをさげてください」と声かけをすることはありました。

もう少しで大阪に着く頃、車両中ほどからズンズンとまっすぐこちらに歩いてくるスーツ姿のおじさんが一人・・

そして、
「うるさいよー!君達はー!一体ここをどこだと思ってるんだねー!」

あれれ、叱られてしまった、ごめんなさい。

「すいません・・」頭を下げるわたし。

「アンタ、大人がいてなんで注意しないんだ!ココは公共の場だぞー!」

「はい、すいません😥」


そしてぷりぷり怒って立ち去られました。


まぁ、確かに声は大きかったよな~
でも夏休みの昼間はこどもがこんなふうに乗ることもあるでしょうよ、
そんなに、静かな移動を求めるなら在来線じゃなくてもよかったんじゃないの?
とも思えてきました。


最近は子どもの声=騒音ととられ、社会問題にもなるくらいですから、大人側に許容し難い側面もあるのでは?と自分の責任も重々承知の上で考えたりしました。


その後、こどもたちは?というと、
一切口を開くことなくピタリと静かになりました笑笑

今はよその人にお叱りを受けることも皆無かもしれませんよね。よほど身にしみたのでしょう。
これも良い経験かなぁと思っています。


お叱りくださった関東の人と思われるおじさん、
良い経験となりました。
ありがとうございます😊













  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

年長児おでかけ ① :: 2017/08/25(Fri)


7月末の年長児おでかけの報告です。

今回は兵庫県立人と自然の博物館へ行ってきました。
丹波路快速に乗ってしゅっぱーつ!



車窓からはこんな景色へと変化していきます。






電車を乗り換え、フラワータウン駅に着きました。
わたしもここへ来るのは初めてなので、案内板を見ながらこっち?と進んでいきます。



館内でまず最初に目に飛び込んでくるコウノトリの巣。

野生種のコウノトリが絶滅し、人工繁殖と保護活動が懸命に行なわれている兵庫県。




今にも動き出しそうな標本の数々は圧巻!

夜中になると館内を歩き回っていそうです。
映画『ナイトミュージアム』を彷彿とさせます。


大きなイヌワシの巣



おっと!イヌワシに捕まったウサギ!衝撃的。

イヌワシは肉食なんだとこどもたちはハッとしたことでしょう。


こちらは『アリ🐜みたいなクモ🕷』の展示

見かけはアリですが、確かに顔がクモです、
アシも4対。


大きな葉に張り巡らせた葉脈



灯りに集まる虫を再現

障子のようなスクリーンの影となった虫も、ここまでくるとアートにさえ感じられる。


兵庫県丹波市で発掘されたティタノサウルスの尻尾の一部のレプリカ。大きさ、重さを忠実に再現したのだそう。

どうかな?どんな感じなの?



両手じゃないと、とても持ち上がらないわね~!



このコーナーは、ワシントン条約で取引が禁止されているモノたち。

剥製、カーペット、ウミガメのべっ甲製品、毛皮のコート、象牙

これらを得るために人間による乱獲が行われ、絶滅の危機にあることやそれらの犠牲を払ってまで私たちの生活に不可欠であるかをみんなで話し合いました。

こどもたちには難しかな?と思いましたが、これからの時代を生きる彼らには是非心に留めて欲しい問題だったので、わからなくてもいいと決めて話したのですが、
意外とみんなしっかりとした考えを持っていることには驚きました!

一人ひとり自分のことばで表現できたことは素晴らしいと思いました。見た目は「小さい人」ですが、その考えは幼くないのです。


隣接してこちらは捨てられたゴミコーナー。
分別してリサイクルすれば、新たな資源となって再び私たちの生活に利用できるものも含まれています。

ペットボトルが何になるのか?
古紙が何になるのか?
ビンは?
映像でみました。

普段見ることのできない資源が生まれ変わる様子を食い入るように見つめていました。


ここらへんでお腹がすいたので、お弁当を食べることにしました。


外は芝生も広がり気持ち良さげではありますが、何しろ熱いので館内で。


テーブルのある休憩所があるのですが、こどもたちはレジャーシートを広げたいようで、互いにぴったりくっつけて座っていました。



続く

  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ