FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





レオレオーニ展に行ってきました :: 2018/09/27(Thu)


今回、急遽 伊丹美術館で展示のあった
『みんなのレオ・レオーニ展』に3歳児さん、4歳児さん親子とともに行ってきました!




展示の目玉は、著「スイミー」に収録されなかった原画5枚なんだそう。


「スイミー」は小学校の国語の教科書にも出てきますし、そのほかのキャラクターやデザイン性の高さから様々に商品化されていますから、
言うまでもなくず世界的に有名な絵本作家のレオ・レオーニさん。



かれは学生時代、度重なる引越しをしていて、
自分のアイデンティティーを問い続けた人生を送られていたようでした。

作品の中には、様々な人種の顔や、人物画を表したものもありましたし、

水彩画、コラージュによるものといろんな技法で表現がありました。

絵本作家として
「あおくんときいろちゃん」でデビュー。

全く違う色が混ざって違う色が生まれる。

あっちでもない、こっちでもない。


絵本の中でも
「自分とは?」「自分探し」がテーマとなっているようです。


孫のために描いたそうですが、
緑色はレオ・レオー二自身のようにも受け取れます。


シンプルだけど、かれの強いメッセージが凝縮されている作品です。


鑑賞中、エリックカールさんと記憶がごちゃまぜになってしまいましたが、
それも関連があるようで、

エリックカールさんはレオ・レオーニさんに影響された絵本作家のようでした。


人に反応して、色が映し出されます。
移動すると色も移動し、また混ざり合うという
色あそびのインスタレーションもありました。
子どもたちもおおはしゃぎ!



箱の石をよーく見てみると、顔が描いてあります。
「はまべにはいしがいっぱい」のインスタレーション。

じぃーっと見つめていると、何か話し声のような?のが聞こえてきえ、ゆっくり動きます。


子どもたちは、この一見じみ~な石を凝視し、
動きだしたら嬉しそうにしていました。


どうやら、念力で動き出すと思ったようです笑

石に指示を出しています。


展示の後半は、作品に使われた技法の一つであるコラージュの造り方を動画で説明していました。
とても面白そうです!











  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

フィールドワーク@能勢 ~ミツバチの世界🐝~ ② :: 2018/08/08(Wed)


前回の記事から、随分あいてしまいました、、(^_^;)

養蜂家である和田さんに質疑応答の時間があり、
巣箱のある山をあとにしました。


ここからは昼食の準備にとりかかります。



予め用意してくれていた材料を混ぜ合わせて、パンケーキ作り🥞

みんながしていることをしっかり観察している2歳児さん(写真左)
このあと、卵をゴンゴン叩きつけ、握りつぶすという驚くべき意欲を見せ、しっかり参加!
ホラ、わたしだってできるんだから!と言わんばかりの得意顔でした。参りました!


なんと会場では、シェフが来てくださり、新鮮サラダに自家製ドレッシング、ビシソワーズ、をご準備くださいました~
そしてそして、先ほどお土産用に採蜜した小瓶に入りきらなかった蜂蜜🍯を和田さんが大瓶で届けてくださり、ありがたくパンケーキにかけました。

この上ないおしゃれ感漂う戸外での昼食を楽しみました❤︎




屋内とは違う起伏のある地面でハイハイ



木の根っこ、トンボ、家族以外のヒト、、
安全と認識できる範囲内で自由に散策。

世の中って素晴らしいね~✨✨


食後は歩いて近くの川へ移動。
数日前の大雨で背丈ほど伸びていた草が流され、一掃されたそうです。
そのおかげで川遊びできるのですから、困ったことばかりでもないですね。

浅いので、小さな子でも安心して遊べそうでした。


よ~し、水を汲むぞ~



水も流れも怖くない⁈ 興味津々の2歳児さん。






山に川に虫に、
やっぱり田舎って子育てに必要な環境が揃っていて育児しやすいなぁと改めて実感。


自然や動物、虫たちの恩恵に授かって、われわれ人間の暮らしが成り立っていることを肌で感じることができます。

都会ではなかなか見えにくい部分ですよね、



こんなふうにして、この日の能勢のフィールドワークの一日を終えました。

山の起伏で身体を作り、虫や植物を観察・採取し、美味しいごはんを食べ、川で生き物を探したり捕獲して、、幼児期こんな毎日を過ごせたら、ほかに何がいるのかしら?


何もいらない

豊かで贅沢な場所でした。




後日談で愛さんから、ありなし珈琲さんのFacebookにこのときの様子の一部が動画であがっているとのことでしたから、紹介させていただきます。
↓↓↓↓タップ(クリック)してみてね!

ノマディックの子ども料理教室


動画の中でもでてきますが、和田さんがミツロウをナイフで切り落としたときの私たちの歓声が、これまでにも何度もやってきたなかで一番印象的だったとおっしゃっておられたそうです。

関心度、意識の高さに表れているのでは?と分析されています。




お世話になりました、和田さん、愛さん、シェフ、愛さんの教室の皆様、ありがとうございました。





  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1

フィールドワーク@能勢 ~ミツバチの世界🐝~ ① :: 2018/07/24(Tue)


あそびのアトリエの台所仕事分野で協力頂いている愛さんが主催のフィールドワーク@能勢~ミツバチの世界🐝~に参加してきました!


池田ルームから車で40分弱で能勢に着きます。
そこから、みんなで乗り合わせ、最少台数で山道をくねくね上ると、こんな風景になります。


今回、おじゃまさせていただいたのはいくつかある巣箱のうちひとつ。栗の木の下周辺。


ニホンミツバチの養蜂家、和田さんにお話を伺います。

蜂は、脅威をかんじたら攻撃性を表す習性があるので、何にもしない人間には興味がないのだとか。
だから刺される心配はないとのことでした。
(近距離で一本指で蜂を指すと、攻撃されたと思い込み刺してくるので注意が必要です)


栗の実は小さく、イガは緑色でしなるほどまだ柔らかい若い実でした。



数字のふってある巣箱。

下の出入り口に働き蜂がたくさんいます。
この一つの箱に約30,000匹の蜂が住んでいるのだそう。
巣箱のそばに近づくと、ブーンという羽音が聞こえてきます。


巣箱の蓋を開けました!
たくさんのミツバチが空中に飛び交っていますが、みんなの視線は和田さんの手先に集中し過ぎて、全く気になりません!

この中に、女王蜂が一匹いるのです。
女王蜂はみんなとは違う特別な部屋があり、たくさん産卵します。


板の中央あたりに穴を塞ぐ白っぽい固まりがついています。

この中に卵を産みます。幼虫は生後3日間、栄養価の高いロイヤルゼリーを食べて育ちます。贅沢ですね~






一番頃合いの良さそうな板を選んでくれました。



ビッシリ蜂蜜が詰まった板を持たせてくれました!

約3Kgになるそうです~重い~




目の細かなネットを敷いて


ビッシリ詰まった蜜蝋にナイフを入れると、、



ワォ!キラキラ輝く蜂蜜が見えます!写真で伝わるかしら?


ミツははじめ水のようにサラサラしていて、羽根で蒸発させて、より濃度が増してくるのだとか。


板を二枚青い容器に入れ、ハンドルを回して遠心分離で攪拌させるようです。





黄金に輝く蜂蜜がでてきました~!!


和田さんは、巣箱内でミツバチの住み分けをしているので蜂蜜に死骸などが混入することは少ないようです。

濾過した蜂蜜🍯を各自、小瓶に移しました。

なんて貴重な体験!


活動中、こどもの帽子にまるでミツバチのブローチかと見紛うほど、じっとくっついていました笑!

















  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

おさんぽかい② :: 2018/06/06(Wed)

PM0:00
濡れた履物やズボンを履き替えて、お弁当タイム🎵



配分したおやつ。



お腹を満たしたあとは、公園の遊具であそびます。



ぶら下がったり、滑ったり、



面白いモノを発見したり、



上ったり、



居あわせたお友だちとなんとなくおんなじことをしています。

この場所はお店屋さんなんだそう。


でてきたのはアイスクリーム!

暑さのせいか、想像力でほんとにアイスクリームに見えたから不思議~


どんなに日が照っていても、遊具であそべるこどもってすごいわね~って関心するわたし。
元気だね~
健康って素晴らしい。


PM2:30公園を出ます
じつは川あそびのとき、水槽を見せてくれた親子が
捕獲した生き物を譲ってくれていました。
帰るとき、逃す提案もしてみましたが、こどもたちは各々容器の生き物を持って帰ることを希望しました。


そこで二つ約束。

ほんとうに持って帰りたいなら、自分でリボンクラブまで持って帰ること。
ジェリーさんは持ちません。
でも、もし途中で持つのがしんどくなったらジェリーさんが持ちます。そして、代わりに生き物はリボンクラブで育てることにします。

ークビを横に振るこども


そして、もうひとつ。
たとえ、リボンクラブまで持って帰れたとしても
お家の人が「ウチでは飼えないよ」「だめだよ」とおっしゃっる場合は飼えないってこともあるからね。
そのときもありがたくリボンクラブで飼います。
お家に連れて帰ってもいいかの交渉はジブンでお願いします。

ーウンウン、とクビを縦に振り、
「お父さんは、きっといいよってゆうよ、だっていつも賛成してくれるもの!」とも。


ちょっと難しいかなぁと思いながらも、こどもたちの決意を信じてみようと思いました。


道中手に持った容器の水がチャプチャプとこぼれます。
リボンクラブに帰り着くまでに水が残っているかしら?笑

こぼれないよう注意を促しますが、
片道約2.5kmの道のりは、暑さと疲労がにじみでるようでした。




こどもたちの表情、顔の色、足取り、会話などから総合的に判断して

「持ってあげるよ」
喉元まで出かかるのを我慢しました。


途中、あわや魚が干からびそうなハプニングが発生したものの、この日ぶじ往復約5kmを見事に
歩き終えたのでした。


行きは、「歩くこと」に対する後ろ向きな発言が多かったコも、帰りは観念したのか?はたまた見通しが立っていたからか、疲れたーの声は聞こえませんでした。

帰ったら観たいテレビ番組があるようで、
「楽しみ」でツライ状況の自身を励ましているようでした。ちゃんとジブンでジブンの面倒をみるんですね。



さてさて、川の生き物をうまく飼えるかしら。
つぎにお会いしておはなしを聞くのが楽しみです。







  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3

おさんぽかい① :: 2018/06/04(Mon)


2日(土)おさんぽかいをしました。
この日は前日からグンと気温があがり、快晴🌞でした!


AM9:40 さぁ、しゅっぱーつ!

いきなりの坂道に既に不満の色がにじみます、、
先が思いやられます笑


目的もなくブラブラ歩くのがおさんぽ。

ですが、いつも「あそこまで行けたらいいなぁ」という目標は定めています。

しかし、子どもたちにとって
歩けど歩けどひたすら道、、

おまけに暑さが体力、気力を奪っていきます。
木陰でお茶休憩を取ったところで、
「ここでおべんとうたべようか~」の声が聞こえました。

えーっ!民家の真ん前だし、まだ20分くらいしか歩いてないし!

もうちょっと歩いてみよう~
励ましながら、、

オモシロイモノを発見したようです!
「ジェリーさん、みてー!なんかかいてあるよー」

あー、これはね
箕面市のシンボルの滝よ、滝ってわかるかなぁ。
水が流れてるの。これはね、もみじ。
箕面の滝ではもみじの天ぷら売ってるのよ。

と、説明。

このあと、このオモシロイおすいの蓋を数えて歩くという良い目標ができました!ラッキー



「わぁ、みてー、ジェリーさん、イチゴがあるー!」

民家の窓辺で育てられたイチゴを発見、
「なんこあるの?」
「イチ、ニー、サン、シー、ゴー、ロク、シチ、、ナナコあるー!」



暑さと疲れを癒すため、途中の神社で休憩させてもらうことにしました。

鳥居をくぐるまえに一礼。

手水で清めて参拝しました。


神さま、ちょっとだけ休ませてくださいね。

それにしても、なんて美しい日でしょうか。

空を見上げるわたしとは対照的に、

子どもたちはアリを見つけたようです。

「わーっ、アリの巣みつけたーっ!」

子どもたちは下をよく見ています。
こんな視点の違いに気づかせてくれるのが面白いですよね。


さぁ、休憩したから、
頑張ってあるいてみよう~


普段、歩くことが少ない現代の子どもたちは
しんどいことを忍耐強く続けるチャンスも少ないため、
体力より先に気持ちがふさいでしまうようです。


AM10:40 公園がありました。
ちょっとここで休もうか。

リュックを下ろして遊具へ走っていきます。
面白そうなモノへ向かう力はあるようですね!


疲れているはずなのに、どうして身体は向かうのでしょうね。
大人は散々歩いたあと、遊具であそびたい気持ちには到底なれませんよね。
こんなところも、大人とこどもの違いです。

高いところに上ったり、揺れあそびをしたり、、

子どもの身体が、脳が要求しているようです。
このような動きが見られるのが健康な子どもの姿なのだといえるのではないでしょうか。


子どもたちから、
もう歩けないからここでお弁当食べよう、そうしよう、と意見があがりました。

えーーーーっっ!!

行き先はこどもが決めていいんじゃないの?
とも。

もちろん、そうなんだけど、、


「今日、ジェリーさんが行ってみようかなぁと思ってた川の流れてる公園はね、ここから7分あるいたら着くらしいよ。どう?わりと近いんじゃないかなぁ。」

ここまで提案して、こどもたちの気持ちが動かないようなら、しかたない。ここでお弁当を食べよう、と腹をくくって発言してみたところ、

一人がリュックを背負い出発の準備を始めました。
それを見たもう一人も、わりにあっさりと気持ちを転向しました。
ヒトは4歳後半にもなると、ちょっと先の見通しを持たせると提案に応じる柔軟性を持ち合わせているんですね。
同調することが良さそうだと判断するようになるんだなぁと肩すかしにあった気分でした。


町の近隣地図を見て、さらに明確になったところで、

着きました!

ぜったい、こっちの公園の方が楽しいでしょう、
と思わずにいられません。


ウォーターシューズに履き替え、バケツと網を持って
さぁ入ろう~


滑らないよう注意しながら、川上から徐々に川下へ、、

「みずがあったかくなってきたー」
温覚が働きます。

なるほど!
水の温度が違うわけですね。
川の水温の変化は入らないと感じることはできませんね。


川には、沢山の親子が水遊びにきていました。

ここは水深が浅く、小さな子の水遊びに最適です。
そうは言っても、足場は平らではありませんから要注意ですが、、


ココで捕獲したという親子に水槽を見せてもらいました。
ヤゴ(オニヤンマ?)、ドンコ、だそう。



なんとか、あんなふうに生き物を捕まえてみたい、
狩猟の血が騒ぎます。

しかし、そう簡単には捕まえられません。

「どうやったらつかまえられるんだろう」

「ジェリーさん、サカナさがして!」

捕まえるためには、
注意深く観て生き物を探し出す力や、
観察した生き物の習性を利用した上で道具をうまく使う知恵、
静かに辛抱強く待ったり、今だ!というときの俊敏性など力を結集しないといけませんよね。

ジャブジャブ音を立てたり、網を振り回しては
たちまち逃げられてしまいます。



大きな石を並べて水の流れを変える作戦も試みましたよ。













  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ