FC2ブログ

記事一覧

小さなハプニング

プラステンを差し出すと、リングを一つずつ外していく☆ちゃん(1歳1ヶ月)。アンカー社の石積み木を積む○ちゃん(1歳10ヶ月)。この日は聴診器を手にあんよで来ましたよ!小さな女医さんですね。入れ子のおもちゃを逆さにして出すことができます。たっちができる☆ちゃんの移動手段はハイハイ。絵本を手にしてママに渡します。「ママ、読んでね」と言ったとこでしょうか。ママの優しい声が聞こえると嬉しくて安心します。ママの声を...

続きを読む

応答

ママに一緒にしよう~と誘い、ブラックボードにかきかき・・求めに応じるママお気に入りのアヒルさん。以前は「ガァ~ガァ~(とは言ってなかったけど擬声語)」と言ってアヒル同士を接触させるあそびでしたが、池の柵を作ろうと並べた積木にのせてきましたよ~!こどものアヒルさんは一つの積木に対応させていますね。室内のオモシロソウナモノを見つけては、じっくりあそびこみます。目に付いたものはパロ、叩くおもちゃです。い...

続きを読む

あたたかなまなざしの中で

この日はパパとママに見守られてのリボンクラブ。乗ってくるバスの中では、抱っこ紐の中でちょうど午前中の睡眠時間となるようです。目が覚めるとどこか見覚えのある?ところに到着しています。どこかわかると探索が始まります。カニさん挟み。親指に対向して他の4本は一緒に動いています。こうなると小さなペグも掴めます。たくさんの丈夫なカードをバラバラに散らしたり、ペラペラの紙も上手く持つことができます。触ってみて硬...

続きを読む

「だす」「入れる」が楽しいとき

先日1歳のお誕生日を迎えたばかりの☆ちゃん。テーブルでお腹を支えて二足姿勢になります。「立つ」とハイハイの姿勢からでは見えないこの世の中をより知ることができます。写真は蜜蝋クレヨンを手にしたので、紙を差し出したところですが、☆ちゃんはクレヨンを把握して容器から出す→ 手を離す(下へ落とすことも)出したクレヨンを掴み→ 容器へ入れることに懸命でした。入れること、出すこと、私たちにはなんの新鮮さも面白さも感...

続きを読む

親子の程よい距離感

1歳児さんのあそびの様子握り持ちで利き手で把握対象をしっかりみています。ポンポンと筆を運びます。このときも筆の先をしっかり見ています。筆を動かすことと表れる色の関係性を楽しんでいます。目と手の協調がなされています。形を弁別し、円柱、四角柱(2種類)、三角柱と入れていきます。入れてしまって《オワリ》ではありません。4つ全て入れると蓋を開けて取り出します。見えなくなったからといって、無くなった訳ではない...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数