FC2ブログ

記事一覧

親子の愛着関係

右手に何か把握しているときはなかなか手放しません。そうなると、空いている左手の出番となるようです。クレヨンを出してきたので、紙を出してあげます。すると、打点、弧を描きます。お母さんに「アンパンマン」や「食パンマン」を描くよう伝えます。お母さんは要望に応えます。大変満足そうな☆ちゃんとお母さんのこうした関わりは何千、何万回と重ねて乳幼児期を過ごしていきます。隣の椅子を手指し、「オイデー」お母さんを呼...

続きを読む

ジブンの顔の認識

クルクルとオモシロそうなものを見つけては、移動し、触ってみます。○ちゃん(1歳半)できることも、興味の対象にも広がりがでてきました。キッチンの下のオーブン部分に気がつきました。手をかけて開けようと試みますが開きません。困った○ちゃん、振り向いて懇願する目と発声。「あけてー」といったところでしょうか。「○ちゃん、ここ開けてほしいのね。よく見ててね」といって手首を外転して開けて見せたあと、内転してまた閉め...

続きを読む

「基本的信頼感」

☆ちゃん1歳5カ月。ジブンの目線より高いところにある棚に視線を送り、指差して盛んに発声。どうやら絵の具の入った瓶をご所望のよう。手のひらを内側に傾けて「注ぐ」素振りを見せました!いつもしている「ペットボトルの水を入れること」を要求しているのだと思いました。水を入れると、筆でかきまぜます。筆の運びは「打点」。ボールを両手で投げることができます。意識的に持っているものを「放す」ことができて喜びます。片手...

続きを読む

わたしの手ってすごいでしょ。

入室してしばらく、お母さんのそばであそびます。◯ちゃん1歳2カ月◯ちゃんは、NICK社の乗り物シリーズがお気に入り。円柱型人形を取り出したいのですが、取り出せない葛藤とたたかう姿が、1歳前から見られました。この日は既にバスの乗客は満員の上に、さらに右手の黄色の乗客を入れようと全ての穴に入れてみていました。どこに入れても飛び出してしまうため、どうも納得いかない様子。大人からすると、そりゃそうでしょうと思うこ...

続きを読む

親子の距離感

もうすぐ2歳のお誕生日を迎える★くん。始まりのご挨拶はお母さんと一緒にすることを要求しました。間もなく、脇にある転がるおもちゃであそび初めました。子どもたちの大好きなおもちゃの一つですが、特に1~2歳の時期の子どもたちが好みます。★くんも例外ではありません。このハウスクーゲルバーンで20分以上あそんだものと思われます。大人が★くん同様、このおもちゃで20分あそぶことはとても真似できません。 それはどうしてで...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数