FC2ブログ

記事一覧

張り子でランタン

秋の夜長に電気を消して、ロウソクの灯りはいかがでしょうか。風船を小さくすれば、こどもたちも飽きずに作れるでしょう。今月はこんな工作の準備もしています~🎃...

続きを読む

手工 〜粘土〜

両手を使って 素材を変形させることができます道具を使って、伸ばしたり、切ったり、つけたり、ポツポツ穴を開けたりできますこれらの 手工は、3歳前半に 獲得するようですこのころに3点支持(親指、人差し指、中指)になり始め、それを基本にして 扱う道具に応じて かえていくことができる と ありますこの3点支持は 人間だけに見られる道具の扱い方の 特徴なのだそうです「子どもの発達と診断」より写真の 作品は ...

続きを読む

造形あそび ~粘土~②

まっくすの 粘土あそび(前回のつづき)かたい粘土を どうにかこうにか 加工しています道具をつかって、かたまりを切ったり、模様がついています「ちょっと まってね」といった後、いつもの「ごっこあそび」の必需品メニュー端末?(音の鳴る本)と おかね を 持ってきました。あらかじめ、わたしにおかねを 持たせたあと、自分用のおかねを とりだします「どれが いいですか~? モチモチパン、フンワリパン、ショクパ...

続きを読む

造形あそび ~粘土~

この日は 思い立って 粘土で あそんでいます蜜蝋入り粘土のため、冬のこの時期は カッチカチ石のように かたまっているので、これを おもうようなカタチに かえるのは、相当指先の 力が 必要になりますこのように こどもが集中してあそんでいるときは、「なにを つくっているの~?」といったように、おとなが 不用意に 言葉がけしないほうがよいようです。こどもは なにかをつくろうといった目的もなく、あそんでい...

続きを読む

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数