あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





にじみ絵イベントの様子 :: 2012/07/31(Tue)

先日、あそびのアトリエ リボンクラブ大阪上本町ルームでの
イベントの様子です











思い思いに筆をとり、色の広がり、重なりを感じています。
描いている時、おしゃべりはしません
カラダ全体で浸っている感じです


一方その頃、にじみ絵に参加できない
小さい子どもたちは・・・



おもちゃに興じております

絵を乾かす間、わたしも初体験の【溶かし絵】体験!




シュトックマーのクレヨンを持って、
ホットプレートに立てておくと
ゆ~っくり溶けていくのがわかります


「わ~!とけてる」


みんな、クレヨンが姿を変える不思議な現象を 好奇心いっぱいの表情で
楽しみました



わたしたちが片付けている間も、
寸暇を惜しんであそびます!

年齢が違っても、初対面でも
「おもちゃ」という道具を使って、コミュニケーションをとることができます。

この様子からも
子どもたちは、保証された空間で、自由に考える時間、仲間があれば

言われなくても「遊び」がはじまります。


わたしたちオトナからすると、
ただあそんでるだけとして見過ごしてしまいがちですが、

このあそびこそ、幼児期に経験を重ねる必要があるのです

五感を使って感じること、
良質なおもちゃであそぶこと、

そんなシンプルな生活の中に、価値を見出すことができます



  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ