あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





魔法の美術館 ① :: 2015/12/26(Sat)


只今、あべのハルカス美術館では魔法の美術館開催中。


小学生が冬休みに入る前に、年中児3人とあそびに行ってきました。

電車は人がいっぱい。一人が座れそうなスペースはあるのですが、二人とも座りません。

家族で電車やバスに乗る機会があるというこどもたち。

「こんなときは立っているのだ」と自制し、社会規範を守ろうとするのですね。

しかし、まだまだ幼児さん。
あなたたちは社会的にもサポートされる人たちです。「空いているときは、座ってイイんだよ~」


デパートの装飾はヒンメリ。


「写真を撮るわたし」を撮るこどもたち笑





『ピクセルマン』

カメラに近づくと像がだんだんピクセルで表されます。




近づくと光ります。不思議~⁈




連続でシャッターを切ると、像がこんなふうになるのでしょうか。



一番滞在時間が長かったのがココ↓↓
『スプラッシュディスプレイ』

的にスポンジを投げ入れると、小さな発泡ビーズの球が下からの風で吹き上がり、そこへ照明があてられています。

立体感と動きと光に、引き寄せられます。



『画素の森』

真っ白の本を開いたまま、この辺りを歩くと
童話や物語りが開いたページに現れます。

映し出された像は動くので、三人が連なって共有。


顔認識機能付きカメラによって、大変身!

「あら、ステキなサングラスをお召しですね~笑」




うわぁ~! かぼちゃのオバケ🎃に大変身しちゃったよ~




帰りの地下鉄は、たまたま先頭車両に乗れたので、地下トンネルを観察。
「前からも電車がきたね~」


地下鉄は都会ではもはや当たり前の乗り物ですが、田舎者のわたしには
「地面の下にトンネルを掘って街や電車が走るなんて!」と、かなり衝撃を受けたのを覚えています。
こんな光景に初めて出会う幼児は、若かりしわたしとおんなじ気持ちかな?と思い、

「地下鉄はね、じめんの下を走るから窓の外はまっくらだね~。」とか「真っ暗なトンネルの中を走るなんて、なんだかドキドキするね」とか
「次の駅が近づくと明るくなるね」などとおしゃべりを楽しみました。


この日、いろんなハプニングがあったものの
こどもたち3人で話し合いの場を持って、それぞれ自分の願望や思いを伝え合ったり、交渉したり、
引っ込めたりすることができていました。

また、困難な場面では三人が協力しようと声をかけ、互いに励まし合う様子もありました。


行動を調整し、自己をコントロールできる立派な年中さんになったなぁ~と感じる1日でした。













  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
次のページ