あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





大きくなったよ :: 2017/04/19(Wed)



この4月から午後のリボンクラブにやってくることになりました。
あかちゃんのときから、成長を見守ってきた大人の一人として
あたりまえではありますが勝手に大きくなったものだと改めて嬉しく感じます。

3歳7ヶ月

「看護師さん」になって、負傷した患者さんの手当てでしょうか。

包帯をグルグル巻くのって、結構難しい!


パーティが始まりました♪

ケーキを出してくれたところで、
3人に同じになるように分ける課題を出してみました。


見事に配分しました!

「なんこあるの?」には
「いち、にー、さん、し」と指で対応させながら数えて「よんこ」と言いました。

「ママのお皿にはなんこあるの?」には、
「ごー、ろく、しち、はち・、はちこ」

「はちこあるの?」と聞くと、
再び「いち、にー、さん、し・・・、アレ?笑」
と、さっきと違う数になったことをオカシイな?とわかり驚いている様子でした。


そのあと、ジェリーさんのお皿にも「よんこ」あることを確認して「おんなじ」に落ち着きました。


ママの足を踏み台代わりに使用して・・

とび上がり、


両手でしっかり鉄棒をにぎって、

ぐる~んと前回り。
天地が逆転しちゃいます。


着地する足がバタンと降りないよう肘を曲げて抑制しているようです。

何度も繰り返し、笑顔であることから、
足が地面から離れることや重力が移動することの恐怖や不安といったものはなさそうであることが伺えます。


思い切り身体を動かして解放したあとは、ぬりえを選択。指先の細かな筋肉を制御させています。


はみ出ないように・・注意をしばらく持続させたあとは、丸の形に切ることを提案してみました。

紙の真ん中にある丸の線を切ることは、まだ難しいのでしょうね。どこから切り始めようか紙をクルクル回しながらハサミの切り始めを探っていました。

ちょうど大縄で入るタイミングを伺っているような感じとでもいいましょうか。

切り始めが決まりハサミを進めていますが、初めから線上にたどり着くのではなく、
少しずつ周りから近づけていくやり方でした。


きっと、4歳のお誕生日を迎える頃には、
さらに制御できるようになっていて、
丸も一回で、グルグル線もややはみ出しながらではあっても切れるようになっていくのでしょうね。


「おかえりの時間」には、カエラナキャイケナイ気持ちとマダアソビタイ気持ちの間で葛藤を抱え、
何度かおもちゃを出そうとしてはママに「いいえ、だしません」と促され、ジタバタします。
が、普段そんなにガマンすることが多かったり、忙しい過ぎることはないのでしょう。
割にスッキリしている印象です。


そんな時期ね~と
しっかり今を生きている彼女です。




  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ