あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





「こびとのごはん」始めます! :: 2017/06/23(Fri)


以前住んでいたところで加入していた生協のこども向けワークショップに『食育の会 わくわく』というのがありました。


わくわくさんは、生協の組合員の3歳以上の未就学児を対象にしたお料理教室なんですが、

その大きな特徴が、
こどもが豆腐を手のひらにのせて包丁で切ったり、
キッチンバサミも使ってアジを三枚に下ろしたり、
昆布や煮干しからだしをとってお味噌汁を作るなど
大人顔負けの、一見


危ないんじゃないの?
できないんじゃないの?

と心配になったり、大人が代わりにやるであろう工程を、全てこどもがやるというものです。


こどもが調理中、親は調理室の端で見学。
一切手伝うことはしません。こどもに話しかけたり、注意するのも禁止!
お口はチャックです笑
もちろん、カメラを向けてこどもの注意力が欠けるような行為は全て禁止。徹底しています。


とても人気のあるあるワークショップでしたが、息子が3歳のときに参加できる機会を得ました。


過去このブログでも何度か紹介してきたことがあるのですが、息子は大人が期待しているようには行動しない特性があり、それまでも退屈するとぶらり部屋から出て行ったり、したくないことはいくら誘われても促されてもしないようなコでした😅


講師の話が座って聞けるかな?
今、大事なこと話してるけどちゃんと聞いているかな?
うまく手を動かせなくてケガややけどするんじゃないかな?
イヤになって室内を走り回るんじゃないかな?

いろんな心配がありながらもスタッフに委ね、
喉元まで出かかった呼びかけをこらえるのが精一杯でした。



小さなコがお料理をするためのわくわくさんの準備は
小さなこどもに合わせたこどもサイズの調理器具が用意されます。
調理台までの踏み台の高さもこども1人ひとりの身長に合わせて用意してくださったり、利き手がどちらかなど前もって尋ねて調理しやすい配置になるよう考えられていました。
何よりもほぼマンツーマンぐらいの大人の見守りがあるということが3歳のこどもが安全に調理することを可能にしていました。
道具などの配慮と人的なサポートですね。


このような頭の下がる手間とサポートのお陰で、
心配だらけだった息子が無事に昼食をジブンの手で作り上げることに成功したのでした。



この子にはムリなんじゃない?
包丁なんて危ないわよ。
やけどしないかしら?
と思われる方もいらっしゃる一方、

こどもとお台所に立つことの良さを知る大人はたぶんたくさんいらっしゃることと思います。

それでも、こどもにさせると余計大変だわ。
こちらに余裕がないと誘えないわ。
自分ひとりでした方が早いし、汚れないし・・などなど
あるでしょうが、

わたしは小さなこどもでもできるんだ!
危ないとわかれば注意して慎重に扱えるんだ!


こんな喜びを共有したくて、
現在リボンクラブでも機会あるごとにこどもがお台所に入って、お母さんがしていることをこどもにさせてあげてください、と伝えています。


池田ルームでは、年に一度夏休みを利用してお料理する機会を作っていますが、スタッフの人数から年長児のみの参加が精一杯というところ・・。
なんとか対象年齢を広げてできたら・・と思っていたのです。


それから何年も経った訳ですが、
わくわくさんと同じくこどもにホンモノ体験をさせてくれるお料理教室の講師と知り合うことができました。

あとになって気づいたのですが、わたしは料理研究家 坂本廣子さんの理念に共感したのです。
わくわくさんと同じく坂本さんのキッチンスタジオで学ばれた講師の方です。


今回、ご自身の店を持つにあたり大変お忙しくされているなか、わたくしのオファーに応えてくださることになり、念願の3歳児からのお料理教室を開くことが決まりました!(ありがとうございます😊)


(坂本廣子さんの著書には『台所育児~1歳から包丁を~』があるのですが、まずは3歳児さんから初めてみますね)


坂本廣子さんのいう『台所育児』とは難しそうに聞こえるかもしれませんが、こどもはそんなに未熟じゃないよ、余計なことを言わず、辛抱強く待ち、誘い、できる喜びを共有しよう!というものです。


なんだかリボンクラブに似ていると思いませんか?

リボンクラブのこどもとの関わる手段が「あそび」なら、坂本さんの提唱する台所育児でこどもとの関わる手段が「おりょうり」なのです。
大人のスタンスは基本的には同じで、五感を使ってホンモノ体験をすること、危険なことはなるべく禁止したり辞めさせるのではなく、こちらが配慮して見守る。
ゆっくり流れる素敵な親子時間だと思いませんか?


この夏に行うことになったお料理教室を通じて、
こどもたちにはホンモノの生活経験を、
保護者の方々には新たな発見や気づき、日常生活に取り入れるための何かのヒントとなればよいなぁと考えています。


講師にご協力いただいて実施可能となったこのお料理教室に名前をつけました。


「こびとのごはん」



こびとのごはんでは、どれだけのことができるのかまだわかりません。でも、想いだけあっても、やってみないとわからないこともあるだろうと覚悟を決めてスタートするつもりです。
こちらもどうぞよろしくお願いします!























  1. おりょうり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ