あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





こびとのごはん報告 :: 2017/08/11(Fri)


7月末のこびとのごはんの様子です。
3歳児以上の7名が参加。

テーブルの高さと身長が合うかな?
ひじを直角に曲げることができないコは、踏み台に乗ります。


まずは講師のあいさんによるデモストレーション。


お米を洗うことを「研ぐ」ってゆうよ。
台所以外ではあまり使わない言葉かもしれないですね。


左から順番に研ぎ汁が変化しました。

どんなふうに変わったかな?

牛乳?カルピス?
そうね、だんだん透明になってきたね!


水をたっぷり吸わせるため先にお米を研いでおこうね。

今回最年少の3歳女児。
お米がかぶるくらいの水で研ぐよ。水加減は大事ね。

こんなふうにザルの中で研いだら、危うくお米を流してしまうリスクもなくなります。


これ、な~んだ?

ワカメ?そうね、海で採れるものよ。
そう、昆布!
とても長いわね。コレは切ってあるからホントはもっと長いのよ~


どんな感じかな?さわってみて、におってみて、

かたい!
なんか白いものがついてるよ~
海のにおい!

五感を働かせて、食材の特徴を全吸収!



これは、みんなおんなじなかまです。
さて一体、なんのなかまなんでしょうね?

全部わかりますか?

左から順番に冬瓜、ズッキーニ、南瓜、そうめん南瓜(金糸瓜)、胡瓜、西瓜


これらはみんな瓜の仲間~!


先ほど触ったり、嗅いだりした昆布を水に漬けたものと比較。

どうなったかな?

やわらかくなったー
大きくなったー


そうだね。
乾燥しているものを水に戻すと、大きくなるし、やわらかくなるんだね~



これはそうめん南瓜。
あらあらおもしろい!
なまえ通り、中からはホントに実が麺状になってでてきました。


見た目にも工程にもテンションあがる「そうめん南瓜のすまし汁」が完成~



キュウリ🥒を切る年長児。

とっても真剣なまなざし。


こちらは白ネギを切る年少児。

右手と左手の役割の分化が進み、
手を切らないように・・・注意を払いながらホンモノの刃物を扱うことが出来ています!


こちらは白ネギを切る年長児。



こちらはキュウリの皮をピーラーを使って、しましまに剥いています。年中さんと年長さん。


まな板の下には濡れ布巾が敷いてあり、簡単に動かないようにしてあります。

包丁は、使わない時はまな板の上に、刃を自分より反対側に向けて置くお約束です。



レンジで柔らかくしたそうめん南瓜の実をほぐしています。

糸状にほどけていくのがおもしろいですね~


シソを丸めて切っています。



わぉ!たくさんでてきたよ~!








ガスコンロに点火!

火が危ないことはよくわかっています。
緊張しながらもやりたがるこどもたち。

イヤだ、やりたくない!と言うコはいません。
普段おとながしていることをやりたくてしょうがないようです。

今や、指一本で点火できる時代。
押して回すってなかなか経験できませんね。



これは枝豆の薄皮を剥いているところ。
中からキレイな実がピョコとでてきます。

じみ~な単純作業の繰り返しですが、大人顔負けの集中力で見事、全ての豆の皮を剥きました~



写真の順番が前後していますが、
昆布と鰹節で出汁をとっているところ。

出汁をとったあと、鰹節をすくい出すのも金魚すくいみたいでおもしろい!


キュウリと梅のさっぱり炒め

食欲の落ちる夏にぴったりのメニュー


これに枝豆ごはんと一緒にお昼ごはんをいただきました~

デザートには西瓜のシャーベットをいただきました🍉


メニューは、事前の打ち合わせで
和食でお願いしていました。
あとは、旬の食材を使い、季節を感じることができるようオーダーして講師にお任せしました。

このときにも、参加のお母さんたちにはお話ししたのですが、実はメニューの「キュウリと梅のさっぱり炒め」には少々心配でした。
こどもが果たして梅味を好むだろうか?という点です。
そこで、このメニューは再考を!とお願いしたのに対して愛さんは、「食べても食べなくてもいい。味覚を広げる機会としたい」と言ってくださったのでした。

こどもが好きそうな、食べそうなメニューにしたいと思っていた節があったので、この愛さんからの「味覚を広げる機会」には打ち砕かれたような衝撃を受けたのです。
あそびや生活のことには、こちらの願いを込めてサポートしているのに、
なぜだか、食べることに関しては完全にこどもの嗜好に寄せている自分がいることに気づいたのです。

また、愛さんは、
「食卓にこどもが食べないものもあってイイ。いろんな味付けや食材が並ぶのが良い」とおっしゃっておられたのも印象的でした。

思い返せば、わたしがこどもの頃、祖母と住んでいたこともあり、いろんな味付けのメニューや見た目にもとても箸をつけたくないような?大人の食べ物も並んでいました。
食べろ食べろと勧める親戚たちの誘いを、イイ、イイと断っていたものです。
見た目の悪い料理代表の茄子は今では大好物となったわけですが、小さな頃食卓に上がらなかったら
こんな美味しいものを知らずに過ごしていた事でしょうね。

つまり、こどもは食べないだろうと決めつけて
作らないのは、こどもの味覚が育つチャンスを奪うことにつながるから、例え食べなくてもどんどん食卓に並べよう!ということです。


当たり前のことだけど日々の生活の中で忘れていて、こどもに迎合している自身に気づいたのです。


参加したこどもの保護者も部屋からみていましたから、
何らかの気づきがあったのではないでしょうか。

あれから2週間以上経ちましたが、早速
同じメニューを作って家族に振る舞ったという報告がありました。
危ない包丁や火の仕事もこどもが注意してできることがわかりました。
長いデモストレーションも限界までよく頑張って聞けていたことに驚きました。
どの工程にも積極的に参加できていたことを嬉しく思いました。

などなどの感想が寄せられました。


家でこどもと台所に並ぶ注意点として、本物の道具を揃えてやることの大切さを教えてくれました。
今では扱いやすいセラミック製の包丁があるけど、切れ味は大事で、切れにくいものだと余計な力が入ってケガの元になるのだそうです。

また、必要ないものは片付けて見た目をスッキリしてやることや、切った野菜の入れ物や切り落とした野菜の端や皮など食べないところを入れる容器をまな板の近くに置いてやることで気が散らずに集中力が持続し、効率がよいこともなるほどなぁ~と再確認。そこは大人の環境配慮が必要なところですね。



おまけのショット📷

サンリオにこんなキャラクターいなかったかなぁ?



こびとのごはんの時間はこれからも長期休み期間中に計画できたらと考えています。
継続していきたい取り組みの一つです。









  1. おりょうり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ