あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





わがやの子どもたちについて :: 2018/02/15(Thu)



今回はわたしのこどもについて記事にします。


わたしは3人の子どもに恵まれました。

3人とも同じように育てたつもりですが、その個性たるや三人三様。

長女はあまり手がかからない子どもでした。
幼少の頃から聞き分けもよく、困った記憶はありません。
幼稚園に行く前は「はやくようちえんにいきたい」と期待に満ち溢れ、園バスに乗りこんで見送った初日の光景は今でも鮮明に思い出されます。
お友だちとトラブルになるようなこともなく、今から思い返してみれば未熟な若い母親にとって親孝行な娘でしたね笑

高学年になる頃には友だち関係も複雑になり、ジブンや立ち位置に悩む時期だったようです。
それでも、集団のなかでは人の信頼を集め、リーダー的存在だったように思っています。親バカかな?

思春期のジブン探しの課題は、このご時世の割には早くに道を選択し、輝ける場所で経済的自立に成功しました。
私たち夫婦の喜びであり、心の支えにもなっています。
いつのまにか逆転してしまいましたね。




つぎに、次女について。
これまた長女に輪をかけて手のかからない子どもでした。
心身の発達について心配したことはありません。
勝手に大きくなっていきました。
が、聞かん坊なところがあり手を焼くことはありました、
スーパーなどで地団駄を踏む子です笑
最近そんな子をみるとホッとして側に駆け寄りたくなります。
今となっては、これはわたしが意のままに子どもを操りたい気持ちが先行していたことが問題だったなぁと反省!
「子どもの気持ちに寄り添う」ことができていなかった未熟さがあったのだと思います。

次女もやはり高学年になる頃には、お友だちとの関係では悩むことになったようです。社会に適応して上手くやっていくことの難しさがあるのでしょう。
男子より女子の方が精神年齢が高いためか、このくらいの時期はややこしいく、大人が考えてる以上に複雑なのかもしれませんね。
ほら女同士の職場って大変ていうじゃないですか。あの大変さは高学年からあるんですよ。言葉や言葉以外のコミュニケーションから関係性を読み取ったり、推測して判断すること、同調したり、嫌われないよう考えて立ち回ったり、、

そんな次女は現在体調を崩し、通っていた高校を辞めてもうすぐ1年。
体調に変化が生じたのが中3。睡眠リズムがズレ始めました。
それまでにも頑張って頑張ってがまんにがまんを重ねてきたのでしょう。とうとうその頑張りが利かなくなってきて家から出れなくなりました。不登校ですね。
もうこの歳のコは親の言うことに耳を貸すなんてことはありません。

充電期間中は長くて暗いトンネルにいましたが、春の訪れとともにようやく出口が見えてきたと感じるこの頃です。

わたしと夫で死守していることは、
いまの彼女をそのまま認める
否定しない、
進路について尋ねない
不安を煽る言葉掛けはしない
先導しない
待つのみ!!!!

特に、こうしようねって話し合った訳ではないのだけど、
自然とこうなりました。

そして、学校を捨てた彼女と再び幼児期のように一日中一緒に生活してわかったことは
高校なんて行かなくてもなんとかなる!
高卒認定試験に合格すれば大学受験資格も得れるし、
目的を達成するためのサポート機関もたくさんある。
知らなかったなぁ。
これも次女から教えてもらったこと。
心身ともに健康になれば、自ら道を探り歩みだすに違いないでしょうから、もうほおっておくしかない!




最後に長男、第三子。
三番目にしてこれまでの二人となんだか違うかしら?と感じ始めたのが2歳ころだったかな。
片時もジッとしていない、部屋があっという間に散らかる、
広い室内ではぐるぐる走り回る、
出窓や高いところに登る、、
男の子はこんなものかしら?それにしても目が離せないし、起きているときはクタクタ、、
睡眠時間はたっぷりで年中さんの頃までは降園後、午睡する子でした。彼の脳内はブレーキの効かないスポーツカーを操縦しているかのように覚醒し、疲労が蓄積するとスイッチがオフになるようでした。
上の二人とはどこか違う風変わりな息子はそれまでに経験したことのない育児となりました。対外的には謝ったり、恥ずかしい想いをすることが多かったかもしれませんね。
難しい子育てを頑張れたのは、サポートがあったからにすぎません!また、子どもの発達について正しく学べたことで不安が解消されたのも事実。

そんなわが道を行く息子ですが、今から2年前、急に地域のスポ少に入りたい!と言い始め、再三お願いされた挙句に入団を決意しました。地元でも厳しい練習で有名なコーチのもと、すぐに根を上げるだろうというわたしの予想を反し、いよいよ残すところあと1年に至るまでになりました。
いま個人技から「一人がみんなのために、、」チームスポーツの壁にぶつかっています。これまた、わたしには教えることもアドバイスもできない世界ですから、大いに考えて悩んでもらいましょう。

ジブンは勉強がよくワカラナイと自信がなかった彼ですが、
最近になり意欲的に取り組めるようになり、集中力や忍耐力がついてきました。論理的思考力や判断力もつき、わからないことをわからないままにしないで、お友だちや先生に聞いてわかるよう努力しているようです。
サポートなしでジブンの力で解決したいと願っているようです。

小さかったときの様子から、こんな日がくるなんて想像できませんでした。



まだまだ自立前の下のコ二人は、今後どのような人生を選択し歩んでゆくのかはわかりませんし、
長女もこの先どうなるのか将来が約束されている訳ではないのでわかりません。


先のことは誰にもわからないのですから。



わずか3人の子育て経験を現時点で記事にしてみたのには理由があります。

長女は大学を卒業して就職するんだろう、となんとなく思っていたけど、実際には退学して憧れの生涯雇用の約束のない世界で生きていく選択をしたということ。

次女は入学した高校がまさか不登校になるなんて考えてもみなかったこと。

あんなに心配した長男は、一人勝手気ままに動くのではなくチームスポーツで仲間と練習メニューをこなし頑張るようになったこと、どう教えても勉強が分かるようになるのは難しいと思っていたけど、よく考えて取り組めるようになったこと。


どれをとっても彼らが幼少の頃に想像できなかったことです。

だから、5年後10年後子どもたちがどうなってるかなんて、
誰もわかりゃしないんだってことがわかったのです!

わからないってことがわかった、なんて変なんですが、、。



子どもたちが小さかったときは、
これをさせた方がいいんじゃないか?あれもいいんじゃないかと、
思いを巡らせていたし、随分余計な手出し口出しが多かった母でした。ごめんなさい。



でも、いま立派に育っているなぁと嬉しく思うのです。



もし、いまあれもこれも抱えてしんどいなぁと思っている人がいたら、自分の心配事を手放してみてください。

子どものために、、と一生懸命に頑張って頑張って頑張りすぎてしんどくなっていたら、そのことをやめてみてください。


子どもの人生を歩むのではなく、ご自身のために生きてください。


子どもは自分で人生を切り拓く力があります。
信じて、手放してください。
きっと笑顔の母親になります。


おいしい食事を作ること、
睡眠時間を確保すること
排便がきちんとあるかを知ること、


母業はこれさえすればオッケーじゃないですか?








  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ