FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





レオレオーニ展に行ってきました :: 2018/09/27(Thu)


今回、急遽 伊丹美術館で展示のあった
『みんなのレオ・レオーニ展』に3歳児さん、4歳児さん親子とともに行ってきました!




展示の目玉は、著「スイミー」に収録されなかった原画5枚なんだそう。


「スイミー」は小学校の国語の教科書にも出てきますし、そのほかのキャラクターやデザイン性の高さから様々に商品化されていますから、
言うまでもなくず世界的に有名な絵本作家のレオ・レオーニさん。



かれは学生時代、度重なる引越しをしていて、
自分のアイデンティティーを問い続けた人生を送られていたようでした。

作品の中には、様々な人種の顔や、人物画を表したものもありましたし、

水彩画、コラージュによるものといろんな技法で表現がありました。

絵本作家として
「あおくんときいろちゃん」でデビュー。

全く違う色が混ざって違う色が生まれる。

あっちでもない、こっちでもない。


絵本の中でも
「自分とは?」「自分探し」がテーマとなっているようです。


孫のために描いたそうですが、
緑色はレオ・レオー二自身のようにも受け取れます。


シンプルだけど、かれの強いメッセージが凝縮されている作品です。


鑑賞中、エリックカールさんと記憶がごちゃまぜになってしまいましたが、
それも関連があるようで、

エリックカールさんはレオ・レオーニさんに影響された絵本作家のようでした。


人に反応して、色が映し出されます。
移動すると色も移動し、また混ざり合うという
色あそびのインスタレーションもありました。
子どもたちもおおはしゃぎ!



箱の石をよーく見てみると、顔が描いてあります。
「はまべにはいしがいっぱい」のインスタレーション。

じぃーっと見つめていると、何か話し声のような?のが聞こえてきえ、ゆっくり動きます。


子どもたちは、この一見じみ~な石を凝視し、
動きだしたら嬉しそうにしていました。


どうやら、念力で動き出すと思ったようです笑

石に指示を出しています。


展示の後半は、作品に使われた技法の一つであるコラージュの造り方を動画で説明していました。
とても面白そうです!











  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ