FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





人間の好奇心と人工知能 :: 2019/01/18(Fri)


新しいおもちゃが加わりました。

フィナボッチツリーという、なんともヘンテコな形のコレ。


「フィボナッチ数列」は、イタリアの数学者フィボナッチにちなんでつけられた規則性のある数列ですが、自然界の現象に数多く出現します。

例えば、植物の葉が太陽光をまんべんなく受けることができるように、互い違いに配列する「葉序」もフィボナッチ数に関連しています。

このフィボナッチツリーは、手でくるくると回すと、らせん状とフィボナッチ数列とが、交互にピタリ!ピタリ!と止まって現れます。この感触が面白く、気持ちがいいので、いつまでも回したくなります。見ている方もうっとりする美しく芸術的なおもちゃです。

(子どもの本とおもちゃ百町森オンラインページより引用)



両手をこすり合せるようにして回転させ、らせん状と開いた形(フィナボッチ数列)を交互に見るのは、とても気持ちいいんです。

カタチが美しいと感じられるのに加えて、パタパタと音を立てて止まる心地良さ、手に伝わってくる振動、、
言葉で説明できないのですが感覚的に惹きつけられるのですから不思議です~



書初めの様子★くん(6歳3ヶ月)


何を書くのか、事前に話し合いました。
なるべくお正月どのように過ごしたのか振り返ってもらう時間をつくります。

どこに行ったの?
なにしたかな?
なにをたべたかな?

エピソードが出てきます。


★くんは夜中12時にそばを食べたことを教えてくれました。きっと年越しそばでしょうね。

そこで「そば」と書きました。

二つ目には「えび」にしました。
そばの上にのっていたんだそうです。

そばの「そ」やえびの「え」の文字には、共通して行ったり来たりする返しの部分があるのが難しいですね。
★くん、緊張してるのかな?注意深く、ゆっくり手を動かして見事にきれいにかけています。



こちらも新しいカードゲーム。ハリガリ リングディング。

難しいルールはなし!
カードと同じになるように指にカラーゴムをはめ、できたらチーンとベルを鳴らすというもの。


年長さんにもなるとカードに描かれた手の指の長さを考慮に入れて左右の弁別や、手の甲なのか平なのかを判断できるようです。


★くんは慎重なタイプで、これまでよく知らない世界に入ることにためらいがありました。

それはよくゲームの場面で表れ、
自分からゲーム遊びを提案することはあまりありませんでした。


しかし、秋以降「これはどんなゲームなの?」と持ってくるようになりました。



NHK教育番組の「人間ってナンだ?超AI入門」で、
開発しているAIロボットは人間の赤ちゃん、子どもが無意識に行っている事を獲得させることが難しいと言われていました。

大人がするような意識的な行動、
モノを正確に大量に記憶するなどといったことは簡単で、もはや膨大な知識量と正確性においては人間をはるかに超えています。


人間の赤ちゃんが持つ、
好奇心によって知覚から運動が発生し、「楽しい」などのフィードバックを得て、さらに「楽しい」を求めて運動が発生する一連の行為に非常に注目しているそうです。
AIロボットに好奇心を持たせることは可能なのでしょうか?


そんな番組をみたあと、
★くんが、好奇心に後押しされさらなる新しい世界へ少しずつ足を踏みいれようとしていることはごく自然発生的な流れであり、

人間は知らないことを知りたいと思う生き物なんだと言われていたことに合点が行く


あらためて★くんの自然で美しい姿に会えたことに安堵しました。









  1. 「理しりそめし6歳児」
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
次のページ