あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





光と影あそび :: 2016/05/19(Thu)


以前「指紋」に興味を持っていた男児に「指紋検出キットがあるよ」と言うと、「なにそれ、やるやる!」
その横では何重にも重なった難しいパズルに挑戦の女児。難しいパズルができるジブンが誇らしいのでしょう。やっているのをよく見かけます。

「指紋ってゆうのは、その人を表すものでおんなじ指紋を持っている人は他にいないんだよ。
だから、ジェリーさんのiPhoneはジェリーさんの指紋でロックを解除できたり、銀行では指紋でお金を預けたり、引き出したりできるの。それくらい指紋にはその人を特定する情報になってるんだよねー」と話すと、二人ともジブンの指をじぃ~っと見つめていました。


(光と影あそびがしたいということで、雨戸を閉めました。そのため写真がわかりにくいのですが、)
前回作ったゾムツールの模型に100均の照明をはめ込んでいます。


すると、女児が天井を見上げて「うわ~っ!みてみて~」と興奮した口調で教えてくれました。

なんと天井には何重にも重なった四角形が大きく映っていました!


偶然の産物にみんな驚いてしまいました。






鏡面にLuxyブロックを重ねて置くと、黒くなりました。


重ねない方がキレイに投影されると判ったのか、ばらばらにしました。

わぁ~真っ白だった壁がカラフルな壁になっちゃった~!

乱雑な状態より規則的に並んだ方が美しいと感じるのでしょう。整然と並ベ始める男児。

ステキなタイルの壁に変身です。

大喜びする女児を見て、「ねぇ、たのしい?たのしい?」と尋ねます。
ジブンの作ったものをジブン以外の他者が喜んでくれることに満足感やもっと喜んでほしいと相手を思いやる気持ちが表れていました。




オモシロイことを発見しました!
Luxyブロックで構成した「家」が完成。

二人入れるように改築してくれました。


「塔」と「すべり台」


「ロケット」発射~🚀

積み木には入れないけど、光で映し出された像なら大きくなるので可能になります。
そのことに気づいた実に高度なあそびだな~と感心してしまいました。




ついでにこの部屋のモノを使って、シルエットクイズを出しました。



今年の年長さんの縫い刺しは、図案を「円」にしようと計画中。
そのため、コンパスで練習しました。

コンパスのあしを握らないて、クルッと一周させることは難しいことです。
それではと編み出した攻略法が「コンパスを回すのではなく、紙を回しちゃえ!」だそうです。

A4コピー用紙なら可能です。
それはいいアイデアだな~とまたも感心。



二人ともリラックスして(ときにはイヤーと反抗しながらも)パーソナリティーを発揮している感じです。




関連記事
  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<子どもたちとわたしの信頼関係 | top | 新緑の候>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1020-a7ff1fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)