あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





興味の対象の広がり :: 2016/06/17(Fri)


最近、易しいルールのゲームであそべるようになってきた☆ちゃん。

果樹園ゲームを机に広げていると、近寄ってきました。
コレなぁに?といったところでしょうか。


果物を同じ色の木の上に置いて準備するのを見て、どうするのかが分かったようです。
手伝ってくれました。

色サイコロを振って出た色の果物を収穫すること、
代わりばんこに行うことができました。


ゲームの途中で視界に入ったボルトとネジ。

ネジを持つ右手を固定し、ボルトを回す左手。
内転、外転がなめらかになってきました。

こんなとき大人は、「アレ?ゲームの途中でしょう」とか「最後までしましょう」と言いたくなります。なんだか歯切れが悪くモヤモヤするのは大人だけ。こどもはというと、スッキリしているし、完全に関心は移ったのです。
そんなときは、潔く引っ込めることが肝心!
意外と大人には難しいことです。



積む緊張感、壊す解放感のバランスもいい感じ。

いい顔してますよね。


片付けの一部を手伝ってもらうようお願いしてみました。

直角三角形を合成して長方形を作ってもらいます。

こうかな?それともこうかな?
回したり、ひっくり返したり試してから”おんなじ”を探します。

一旦見つけると、そのあと全ての合成にはスムーズでした。つながった!という感じでしょうか。


そのあと出してきたゲームは、とにかく釣りたい!


存分に”釣り”を堪能したあとは、
釣った形別(チーズ、ねずみ、ねこ)のカテゴリーに分けることもできました。

「見て」形を判別し、見分ける能力があることを教えてくれますね。









関連記事
  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<計画する力と水の実験 | top | 玄関は・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1038-c8a89bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)