FC2ブログ

記事一覧

先を見通す力


オルゴールを見つけたようです。

持ち手を回して、音が鳴る仕組みを丹念に調べているようです。


少ししてから、
「どうして音がでるんだろうね?」と尋ねてみました。


「ココ(持ち手)を回すとコレ(歯車)が動いて、ココ(ドラム部分)が回ってブツブツに 棒が当たって音がでるの」

「ヘェ~、そうなんだ!では、そのブツブツを板が弾いて音が出てるんだね。それと同じ弾いて音が出る楽器、ココにもあるよ」

と、カリンバを手渡しました。

板を弾いて音が出ることを試しました。

わたしが両手に持ち、親指で弾いていろんな音が出るのを見せると、同様の動きでカリンバを楽しみました。


こうすると、次こうなる
随分モノの仕組みについて継時的に考えていることがわかります。
最近、少し先のことを見通せるようになってきたようで、不安になることが少なくなってきたのはこんな力がついてきたからでしょうか。


年長児は、縫いさしの課題を準備しています。

これまでおもちゃや道具を持ってよくあそんできましたから、指先を制御して細かく動かすことや、目的を達成するまでの間、集中力を持続させることはそんなに難しいことではないようでした。

本物の針を持つ前の縫いさし練習もやり切りました!



この日は、粘土や砂遊びなど触覚を刺激する対象物を選んでいました。


わたしは彼ならではの美的感覚を持っていることを知っています。

積木でも影あそびでも粘土でも、あらゆる素材で表現されます。
そんなときはいつだっておしゃべりはありません。真剣そのものです。
わたしも余計な声かけをしないようにします。


砂型からヒントを得て、
エジプトの王室の装飾品やピラミッドの中の仕掛けなどについて世界遺産図鑑を一緒にみました。

ピラミッドの中は、秘密の通路やお部屋があることがわかったあとの様子。

たくさんストローや割り箸を刺しています。

「うーん、これじゃ〝秘密〟にはなっていませんが・・、泥棒が入りたい放題だよ」

「コレでイイの!」

彼の思惑は、わたしの考えも及ばないようなところにあるのかもしれませんね!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数