あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





リボンクラブってどんなところ? :: 2016/08/17(Wed)


恐竜のパズルをするつもりで出してきましたが、
チョット難しそうだと感じたのでしょう。
離れていきました。

わたしがピースをはめていき、だいたいの絵柄がつながったところでチラリと様子を見に来たタイミングで、
「あと、もう少しでできそうなんだけど。★くん手つだってくれない?」

「うん、イイよ」

言うが早いか、あっという間に仕上げることができました!


画用紙の角がいくつあるか知っています。
四角形の角が4つあることは3歳児は知っているのです。

なんと3本持ち!
柔軟で自由な創造主ですね。

画用紙に筆を走らせる様子がこれまでとは違って見えました。
以前は、内側にあるエネルギーを爆発させるように腕を大きく動かし、画用紙の枠には収まりきれないような筆運びでいましたが、
このときは「今ここ」に注意を向けるように微細な動き、あるいは「制御」の準備が整ってき始めたように感じられたのでした。


ジブンが選んだあそびに対して没頭でき、その世界を堪能。
満足に達したとき「おわり」を決めて完結するサイクルが定着してきました。

ここまでこどもの様子が変わると、
ともに生活しているご両親以外の方にもきっと伝わるに違いないだろうと思われましたので、
月に一度程度会うことがあるという、
おじいちゃん、おばあちゃんはどのようにおっしゃっておられるか尋ねたところ、やはり同様な感じ方をされていることが伺われました。



★くんはひとりっ子で、ご両親の目に入れても痛くないという程、大切に愛情を注がれ育ってきました。
お母さんはそんなわが子に出来うる限りの「良い育児法」探しに熱心な方でした。
これまでのことを否定するつもりは毛頭ありませんが、「アレ?」と戸惑うことや「うまくいかない」不全感、「コレでいいのかな?」と不安に思うことがあってモヤモヤを抱えているときに、リボンクラブとの引き合わせがあり、

おそらく、「脳科学」だけでは上手く育たない、あるいは育てることができないことや、
外側から刺激を与えて能力を引き出していく育児法の限界に気づかれ、直感で選ばれたのではないでしょうか。


かといって、リボンクラブで特別なことは何もしていません。

もっと言えば、「余計なことはしない」「こどもが自ら育つ力を信頼する」とすれば、しっくりくるのかもしれません。


いたってシンプルですが
この点が、情報に溢れ、猛スピードで急き立てられるように送る日々に余裕がなくなると盲点になりがちになるように感じています。


愛され、信頼され、じゃまされないで
あそべるこどもは
もうそれだけで賢く育つということを実証してくれているのが伝わるといいのですが!





関連記事
  1. ともだちとあそべるよ!3歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<親子の程よい距離感 | top | 江戸時代の遊び心に触れる>>


comment

リボンクラブってどんなところ?
興味あるテーマですね。

「自分が選んだあそび対してに没頭でき、その世界を堪能。満足に達した時「おわり」を決めて完結するサイクルが定着してきました。

もう4歳の誕生日も近いのですか?いい感じですね。

手はずを整えて行くこと、文脈を作っていくこと、「こうして、こうして、こうなって、こうなるんだ」という風に考えていくこと、考えると言っても頭の中で考えるのではないのですが、手の操作とモノの組み合わせの力を借りながら、目的に向かっていくこと・・・。

例えば、折り紙で簡単な飛行機を作るにも、いくつかのパターンを繰り返しながら、完成に向かって進めていきます。

こういった経験の仕方がこれからの目標になってくると思いますね。

「経験したことを繋ぎ合わせて筋道を立てていくこと」と言ったらいいのでしょうか。

「あのね、あのね」といったとき、「早く話しなさい」ではなく、ゆっくり聞いてあげると、筋道を立てて話しやすくなりますよね。

「リボンクラブってどんなところ?」と聞かれたとき、「こんなことをするところ」とか「こんなところ」と明確に答えられない、もどかしさを覚えることがあります。

キーワードに「応答」がありそうですね。

はじめからすることが決まっているのではなく、応答しながら進めて行こうとするので、それぞれの文脈が生まれてくるのかも知れません。見ている人にはなかなか分かりにくいですよね。

「あそび」っていうのはそういうのかも知れません。応答がなければあそびになりませんもんね。

大人の目で子どもを見ること
子どもの目で世界を見ること

この「子ども観」はちょっと違うのかもしれません。

「子どもが自ら育つ力を信頼すること」ができるとき、子どもにある程度の自由を与えることができるのだと思いますね。

ママたちに乗り越えて欲しいところは、このあたりです。

オモイドオリにならないことがあると、ぜんぶ「ママがワルイ」にしてきますから、「とてもシンライスル気持ちにナレナイ」ということもあると思いますが・・・・。










  1. 2016/08/19(Fri) 18:12:46 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1067-5dd5dc8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)