あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





親子の程よい距離感 :: 2016/08/21(Sun)


1歳児さんのあそびの様子

握り持ちで利き手で把握

対象をしっかりみています。

ポンポンと筆を運びます。

このときも筆の先をしっかり見ています。

筆を動かすことと表れる色の関係性を楽しんでいます。

目と手の協調がなされています。



形を弁別し、円柱、四角柱(2種類)、三角柱と入れていきます。


入れてしまって《オワリ》ではありません。
4つ全て入れると蓋を開けて取り出します。

見えなくなったからといって、無くなった訳ではないことを知っています。
とっても賢い探求者です!


ひとつのあそびに取り組む時間が長くなりました。
上手くいったとき、嬉しいとき、困ったとき
必要なときに視線を送ります。


愛着対象者(お母さん)のまなざしのなかで安心してあそびます。
お腹もすいていなくて、体調のよいときは
たいてい機嫌良くあそびます。
そんなときは、お母さんとの距離が程よくあります。
べったり過ぎず、離れっぱなしでもない。

この《程よい距離感》は伸び縮みする
ということを覚えておくと良いようです。







関連記事
  1. 小さな探検家1歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<こどもの表情 | top | リボンクラブってどんなところ?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1069-7dee8856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)