あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





図形の分割と合成 :: 2016/09/07(Wed)

「ゲームしたい!その次は、スーパーボール作りたい。」と要望を伝えてくれました。


量や重さや長さの単位を意識し、道具を使って計量しました。



お母さんがしていたタングラムに興味が移りました。
心身ともに健康なこどもというのは、誰かが取り組んでいるのを見たり、聞いたときに
「オモシロソウ」と感じたらやってみたくなるものです。

どうしても四角になりません。


そこで、折り紙を使って分割と合成をしてみることにしました。

2分割、4分割までは切ったあとすぐに元の折り紙の形に戻すことができました。

しかし、その先
うちの1つをさらに何分割も進め、三角形のみならず四角形にも分割
アレアレ?元にもどらない・・

折り紙の形に戻すのは相当難しいのです。
幾度となく、イライラが頂点に達したり、飽きてくるのでは?という局面を迎えましたが、やめようとはしませんでした。

「元の折り紙の形にならないってことがあるのかな?」と尋ねると、

「ない!」と、断言。


なるほど。では、はじめの形から切りすすめた形に戻るはずだ、と根拠があるからこれだけ頑張れるのかもしれませんね。


このあと、心の理論の課題をしました。
ジブンの視覚情報に寄せられることなく、他者に成りかわることをクリアしていました。



5歳の誕生日を目前に控え、
身体つきもどこかポチャポチャした柔らかさのある体型から手足が伸びてスッキリスマートな男児へと成長してきました。


終わったあと、再びお母さんとタングラムに挑戦中。







関連記事
  1. 誇り高き 4歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<「だす」「入れる」が楽しいとき | top | あそびの広がり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1077-2731bf2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)