FC2ブログ

記事一覧

描画

その昔 長女が じぶんの想いを 文章で表すことができるようになった頃


毎日 わたしに手紙を 書いてくれてました


内容は ほぼ同じで


「ままへ 
 
 まま だいすき
      ○○より」


と いうもので、嬉しかったものの
「あ〜、はいはい、そりゃ どうも」 ぐらいに 思っていました



その時は、そんな毎日が 永遠に続くように感じていたからでした



でも、もちろん そんな時期は 永遠ではなく 

今では 絶対に 口にしないような 

どうしたって、あの時期に 戻れない

かわいい頃でした



そんな頃が 期間限定だと 痛感している今

また わたしに 手紙を 書いてくれる子が います

P2010947.jpg
「まま 
いつもあそんでくれて ありがとう 
これからも たくさん あそぼうね
(わたしと まっくすの かお)
 けっこんしようね」
      と 読んでくれました


まだ「字」には なっていませんが、そんな気持ちで 書いてくれたんだと思うと
うれしいです



「けっこんしようね」 は ここ最近 よく口にします



「ままは ぱぱと 結婚してるから できないのよ」 と言ってみたことがあったのですが、


今朝、まっくすが、
「けっこん 2かい できるんやって〜」 と言うので、びっくりしてしまい

だれが言ってたのか尋ねると「ぱぱ〜」との こたえ


本当に 主人が言ったのか、どんな真意で 言ったのか

ことの真相は わかりませんが、もしかして 2回する予定があるのか・・・

それは 余談として・・・

P2010941.jpg
「かぞく〜」と 題名をつけて かいています
ちゃんと 5人います

P2010944.jpg
「耳は?」の 問いかけに ただしい位置に つけくわえました
その あと「かみのけ」と言って 付け足しました

「手は?」 の 問いかけには、「ては むずかしいから」と こたえました



上の子たちの頻度からすると、圧倒的に 「かくこと」が 少ないですが


だからこそ、 まっくすの こんなメッセージに キュンとするのかも しれません


今を 大事にしたいものです


blogrankingバナー




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数