FC2ブログ

記事一覧

アクティブラーニング


幼稚園でコマの本を見たんだとか。
地球ゴマを見つけて、丁寧なタコ糸をまいています。

芯にピッタリ巻き付くように注意しながら、片手で回していく作業は指先の巧緻性が求められます。

うまく巻けなくてもあきらめません。
そうして、遂には見事に巻ききり、勢いよく糸を引いてコマを回すことに成功しました。

回っているコマを見つめるまなざしから、嬉しさと自分ってスゴイだろうという気持ちが伝わってきます。


同じ数字の箇所を同じ色で塗ると、

アレアレ?
なんだか知っている恐竜が出てきました。

でも彼は塗りつぶす前から、そこに描かれているものの見当はついていたようです。
加えて背景にも注意を向け、空や火山などを見出していました。


こちらはドレミの音階の鉄琴を演奏しているところ。

知っている曲を何曲も披露してくれました。
こちらも自信に溢れています。


家で描いた地図を見せてくれました。

逆さ文字もみられますが、「きけん」とあったり、すべり台や階段、ブランコ、木などのある公園もあります。


出番がないと出来なくなる蝶結び。

日常生活の中で登場する機会を持てるよう工夫が必要です。


ゲームを楽しんだあと、獲得したカードの枚数を数えました。
次いで、カードに描かれているシュガーボールの数を数えました。

「サンジュウヨン」と「ニジュウロク」はどっちが多いのかな?

数唱はスラスラできていても数の多少を理解することは別のことです。


そこでシュガーボールに相対する数え棒を使って、十のまとまりを作りを 手で操作し、目で見て
確認。

「サンジュウヨンが多い!」

すっきりした表情で帰っていきました。



二人とも、興味や関心のあることは違いますが、
しっかり自分で選択したテーマについて
スキルを磨いたり、学んでいると思いませんか?











関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数