あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





待っててはいけないこと③ :: 2017/04/08(Sat)


今回お泊まり会に参加した年長児は3人でした。


宿泊した翌日は、おにぎりを持って山を登りました。


山頂で町並みを見渡しながら、おにぎりを食べて
おやつを食べて遊んだら下山する予定でした。


ところが、登る山は 慣れた五月山とは違い、
道とは言えないような岩場、細い山道、急勾配に何度も苦しむことになりました。



とはいえ、近所の幼稚園児が登りにくるということでしたから、登れないことはないはず・・!と励ましながら
の道中でした。


山道を進むうち、身体がよく動くコとまだ重力不安があるコの間で距離が開いてきました。


毎年3月に登る五月山でもそうですが、
年令もありますが、固有感覚・前提感覚といった感覚統合には個人差がありますから早いコとゆっくりなコは当然出てくるわけで、
後ろのコが見えなくなると先頭は待ちます。


今回も何度か最後尾を待つために止まることがありました。


すると、先頭のコが
「待たないで先へ進もうよ」と言いました。

「そういう訳にはいかないよ~」

そんなやり取りを何度も繰り返しました。


最後尾のコは厳しい自然の地形に心が折れる寸前だったのかもしれません。幾度と足が止まりました。


このペースだと頂上はあきらめて、途中で折り返さなければならないと判断し、
「帰りの時間のことがあるから、てっぺんまで行くのはやめて途中でおにぎりを食べよう~」と目標変更を告げました。


先頭のコは、待つことにもイライラしていたうえ目標変更は受け入れがたく、激しく抵抗しました。
あきらめきれない様子。


そのうちに、
「ねぇ、だれのせいで上まであがれなくなったの?」と口にするようになりました。

状況はみんなの目に見えていますから、自ずと
「あの子がおそいから・・」となるのは容易でした。

最後尾のコを責めるような重苦しい空気を感じました。


それはマズイなと思いました。
「誰かのせいで~できなかった」
「ジブンの思い通りにならなかったのは○がわるい」
「ジブンができるんだから、あなたも同じようにできないのはダメ!」

誰かのせいにして責めたり、自分本位で物事を考えて他者の気持ちに寄り添うことができないと、
おそらくその集団一人ひとり不満が募るでしょう。
あ~あ、つまんなかったとなるでしょう。


これからのこどもたちが経験して身につけてほしいのは、
みんなで力を合わせて上手くいったとか、
一人ひとりはチガウけどチガイを認め合うとか、
ジブンのできることを考えるとか
役割を果たすなどといった
チームプレイの力だと感じます。


職場で求められるのはこのような力ですよね。
多くの大人は心当たりがあるのではないでしょうか。



競争社会の煽りで個人プレイは徹底的に叩き込まれるのに、チームプレイを身につける機会が乏しいことは、
テクノロジスト、アーティスト集団チームラボ代表の猪子寿之さんが以前指摘していました。


わたしは側にいる大人のメッセージとして、
「私たちはリボンクラブ年長さん、ひとつのチームなのよ。このメンバーだからここまで来れたって考えてほしいの。もし、ジブンができていて仲間が困っていたりできないことがあったら、ジブンには何ができるか考えられるといいんだけど」

そうしてあとから来るコを待つ間、
応援したり、手を引く姿へと変わっていきました。


ここでは誰が悪いとか良いとかいうことを問題にしているのではなく、
アレ?おかしいなと感じたときに黙認しないことや
出来事を通じて状況をどのように受け止めるのか?
同じ体験をしても全く別の感じ方があったり、大切なことを伝えられるかということです。


ここまで3回に渡り、お泊まり会を通じて感じたこどもたちのアレ?おかしいなと思うことをつづりましたが、
おそらくリボンクラブの年長さんに限ったことではないでしょう。
学童期に入ってこのところがグラグラしているコは沢山いますし、課題をもったまま思春期に入るコもいます。(そんな大人もいますよね)
幼児期の見過ごせない問題は、大人の世界を見たり聞いたりしたことに影響を受けていることにあるように思います。


ですから、
待っていても大丈夫か、そうじゃないのかの信念が
大人に必要だと感じます。


みんなより早く漢字や文字が書けたり計算ができるようになったり、英語を知っていたり、上手に泳げたり
学校で習うことを前倒しで知ることに価値を置かないで、


人工知能にとって替わることのできない、人間として、人間にしかできない力をどう育むのか?


そんなことが試されてくる時代になってくるような気がします。



先日、桜の木の前で入学式を迎えたランドセル姿の写真を送ってくださいました。

たくさん人と関わって、間違いながら失敗しながら
多くの価値観、考え方に触れ、ジブンの核になるものを養ってほしいなぁと願っています。



















関連記事
  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<4月生募集! | top | 待っててはいけないこと②>>


comment

考えさせられる話題の提供、ありがとうございます。

<みんなより早く漢字や文字が書けたり計算ができるようになったり、英語を知っていたり、上手に泳げたり
学校で習うことを前倒しで知ることに価値を置かないで、
人工知能にとって替わることのできない、人間として、人間にしかできない力をどう育むのか?
そんなことが試されてくる時代になってくるような気がします。>

<たくさん人と関わって、間違いながら失敗しながら
多くの価値観、考え方に触れ、ジブンの核になるものを養ってほしいなぁと願っています。>

幼稚園で行う活動は個人的な単独のものはほとんどなく、集団としての活動です。
集団として行っていても、保育者は個々の幼児の活動としか見ていない場合が多いのではないでしょうか。例えば絵を描いていても、絵を描く子どものが<たまたま>幾人もいる、としか見ていないようです。文字の指導にしても然り、運動の指導も然り・・・
個人の活動を、集団としての活動に結びつけるような意識をもちたいですね。
私の園の教師の皆さんへのこれからの課題としました。
  1. 2017/04/12(Wed) 20:12:55 |
  2. URL |
  3. m.k.masa #-
  4. [ 編集 ]

masa先生


そのように仰って下さりありがとうございます。
わたくしの拙い記事から何かを感じて下さり、きっかけとなるならこんな嬉しいことはありません。
それと同時に、わたしへの課題でもあります。
「コレが正しい」を押し付けるのでもない、「それってどう?」を共に考え、共に歩む大人でいたいと思います。

それから、
masa先生が幼稚園での活動を「個人の活動」と捉えていることに驚きました。多くの幼稚園の教職員は「集団活動」と捉えていると思っていたからです。
やはり、masa先生の幼稚園はわたしがいいなぁと憧れる園で間違いなかったと改めて確信しました!
  1. 2017/04/13(Thu) 08:21:21 |
  2. URL |
  3. ジェリー #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1157-d3208dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)