あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





夏の公園 :: 2017/07/15(Sat)



6月の梅の木。

花も終わり、実を取り終えた後です。
この木が寒い2月ごろに花の見頃だったこと、スーパーなどに並ぶ梅の果実をつけることを話すと、
実が付いているときを見たかった~と★くんが言いました。


そうだよね、百聞は一見にしかず、というものね。
もっと早くに見せてあげれたらヨカッタなぁ。


こちらは桜。

今は緑の葉が生い茂っています。
暑い日差しをさえぎり、木陰を作ってくれますね。


菖蒲。

6月は菖蒲の見頃でした。


公園のブランコ。

最近は公園のブランコが老朽化すると安全管理の問題で撤去されてしまいますが、安全な新しいブランコを設置しないところが多くあるようです。

危ないから、という理由で幼稚園、学校から姿を消すブランコ。


では、こどもたちはどうやって揺れあそびを経験するのでしょうか?
こどもたちの揺れあそびが健康な身体を作ることに大きく関係していることを知らない大人が多いのかもしれません。



紫陽花がきれいに咲いています。

どの色の紫陽花が好き?
使わなくなったデジカメをおウチの人もらったという★くんは、好みの色の紫陽花を撮影📷

「★くんの見たものをお母さんに見せてあげれるね」



そうしていると、近所の小学生のお兄ちゃんがカードやゲーム機を手にしてやってきました。
どんなふうにあそぶのかな?と見ていたら、
ブランコに乗りました。

ほらほら、やっぱり揺れあそびを求めているでしょう。


持ってきたカードやゲームですぐに遊ぶのではなく、こんなふうに刺激を取り込み、ある程度発散するようです。


こんなモデルが身近にあると、ブランコも漕げるようになるでしょうね。


前日の大雨で増水した池の水。

コイやカメをみつけました。


かわいいお友だちをみつけましたよ。



お散歩中、突然甘い香りがしました。

クチナシでした。













夏の公園は暑くて、汗をかきますが、
目にも美しく、
鼻へも誘われ、
触覚の刺激もあり、
こどもたちはなぜ?に溢れています。


世の中のお母さん、夏の散歩は体力を消耗しますが、
暑さ、紫外線対策をして外の素晴らしい世界へ誘ってくださいませ~!







関連記事
  1. 心・身体の制御 5歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<こびとのごはん | top | アイスキャンデーを作ろう~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1180-f52ae405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)