あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





感動に出会う :: 2017/09/13(Wed)





病院の待合室でこの本を読み終えました。
著者の柴田愛子さんは、横浜でりんごの木という幼稚園の園長でもあり、NHKの『すくすくあかちゃん』にも出演されています。

この本には、園でのこどもたちの姿が季節とともに記され、大きくなっていく様子が綴られています。


登場する場面やこどもたちの様子に、そうそうと共感してニヤリと笑ったり、ホロリときたり。


そして、先日記事にした年長児のお出かけでのエピソードも紹介したくなりました。


夏休みのはじめに年長児4人を連れて、博物館へ行くときのことでした。


博物館へは大阪駅から約1時間。
電車を乗り継いで行くのですが、乗り換えた電車はガラガラに空いていてほぼ貸切状態。
どこに座っても良さそうでした。
危険が及ばないとき、他者の迷惑にならなさそうであれば、はいココに座りましょうね~とか言いませんから、
こどもたちがそれぞれ好きな場所に座るだろうと思っていたのですが、ありがたいことにみんなわたしの側に座りたがってくれました笑!


わたしの隣に座れたコは、望みが叶って得意げな表情を浮かべていました。また、隣じゃなくても、そのまた隣であっても、みんな近くに座りあって楽しい~、
そんな雰囲気でした。


しかし、一人だけ くもった顔のコがいます。
どうやら、わたしの隣に座れなかったことに不満な様子、、


こどもたちのやり取りを聞いていると、
さっきはジェリーさんの代わりに切符を買う係を担当したのだから、今度はガマンする番でしょう、
ということのようですが、本人は納得なんてできない!
そんな雰囲気がその子の全体から伝わってきます。


すると、「となりには座れない」ことをヨシとはしてないけど、受け入れたのでしょう。
一人だけ向かい合った座席にふてくされて腰を降ろしました。


思い通りにならないことに折り合いをつけるのは難しいことです。
また、なるほどと思わせるような理由づけをして物事を調整して問題を解決する年長児も見事でした。
このようなことは、大人を相手にあそぶだけでは経験できないことです。


博物館までの道中をワクワクした気持ちで向かう一行に反して一人で座る選択をしたコ。


口を真一文字に結び、顔を硬直させています。
時間が必要なのでしょう。
しばらく様子をみながら、そっとしておくことにしました。

話に花を咲かせていたわたしの隣に座ったコが、
「ジェリーさん、◯◯(一人で座ったコ)あんなかおしてるよ」

「うん、そうだね。ガマンしてるのかなぁ」

次第にお向かいの強張らせた◯◯の表情が気になってきたのです。

何度か話題が盛り上がりかけては、ちょくちょく
「ねぇ、ジェリーさん、◯◯・・」

そして、居ても立っても居られなくなったのか、わたしの隣に座ったそのコは、その場にすくっと立ち上がり、
「◯◯とせき、かわってあげるわ」と言うが早いか、
お向かいの◯◯と座席を交代したのでした。



思いがけないチャンスが到来に嬉々とする◯◯。

笑顔こそ見られないものの、固い決意をのぞかせるさっきまでわたしの隣で喜んでいたコ。

少し前に、お母さんの報告に
幼稚園でお友だちに譲る様子がありました。

本当に、そうしたい気持ちからなのか?
あるいは本意ではなく、ムリしてガマンしているんじゃないか?
お母さんの心配が思い出されました。

プレイングでも何度か見かける光景でした。

「ほんとにいいの?」

こっくりうなずきました。


その後の様子からも、ガマンしてイライラしている様子でもなく、がっくり気を落とすでもありません。


わたしの隣の席を獲得し、一時は満足したものの、そうならなかった仲間を見て見ぬ振りなんてできなかったのです。それではどうも居心地が悪かったようなのです。


2歳のときから知っているコたち。
随分と大きくなったものだとその成長を嬉しく思うのと、こどもの中に先生がいる!と感じました。


ジブンだけじゃない、なかまを思いやってジブンのアタマで考えて行動できるコになりました。
お母さんが、こんなコになってほしいと願うコにちゃんとなっていたのですよ。



大人に言われたからでもなく、
わたしに気に入られようと媚びてる訳でもない、
勇気ある行動に感服した次第です。



上記の本は、こんなこどもたちの何気ない日常に注目し、その時々に丁寧に寄り添い、おウチの人とタッグを組んで保育している様子が綴られています。


こどもをどんなふうに見たらいいのか教えてくれ、豊かな気持ちになり、子どもと過ごすことの素晴らしさに触れる一冊です。


























関連記事
  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<おうちでボードゲーム for ママ& キッズ | top | 9月生募集!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1190-7c41b4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)