あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





こどもたちの今 :: 2017/09/20(Wed)



「布団干し」スタイルに見つめあって笑う年長女児。

おんなじことをすると気持ちが通じ合えるような感じかな?


お寺の御朱印を集めるのが好きな年長男児。

スタンプラリーみたいなワクワクと、ご住職がその場で書き上げてくれるのが魅力でしょうか。
なかなかいい趣味ですね~!



夏はやっぱりアイスクリーム!

以前、氷と塩でジュースを固めるのに失敗したので、
同じ要領でアイス作りに変更。

思っていたより、塩多めでした。この写真の右側に写っているドラムになんと塩が大さじ8杯入ってマス。



1,2歳児さんのお絵描き。

筆は下から、上から握り持ち。
思いのままに筆を動かします。

1歳児さんは自分の左手にも絵の具をつけました。
画用紙、自分の左手、その間にはなんら隔てる壁などないのでしょうね。羨ましいです。


2歳児さんの積み木あそび。

同じ色を集めて構成したあと、半円球を並べておいています。左右対称でスッキリと満足した印象。


こちらも1,2歳児さんの釣りあそび

1歳児さんは、手を水につけてあそぶのが楽しくなってきました。「水」ってなあに?「これが水か!」
実際に触って「水」を知ります。



こちらは3,4歳児さん、

ゲーム大好き!
ルールもよく理解できています。

でも、他に楽しそうなものが視界に入ったり、飽きちゃうとその場から離れてしまうこともしばしば。


年長さんへの憧れ。

縫いさしやマンダラ作りといった、難易度の高そうな手と目の協調作業に挑戦したくてたまりません。


筆を指3本で握り、指先をコントロール。

そぉっと(力の強弱)や、小さく(動きの制御)ができるようになってきました。


どれもそれぞれのステージで「今」を賢明に生きるこどもたちの姿です。









関連記事
  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<驚くべき2歳児さん | top | おうちでボードゲーム for ママ& キッズ>>


comment

ジジです。
お久しぶりです。

今朝は晴天のようで、窓越しにブルー・コンポーズの空が広がって見えます。ブルー・コンポーズは絵の具の色ですが、ジジはなぜかこの色が好きです。

> それぞれのステージで「今」を賢明に生きる子どもたちの姿です。<

ですね。子どもたちは「今」を生きているのに、時とともに成長していきます。それは、不思議で感動的なデキゴトですね。

エピジェネス(後成)と言う言葉がありますが、「動物は生息環境から自らに必要な情報をピックアップし、行為の可能性を拡大しながら柔軟に変化し適応していく。彼らにとって環境とは発達を保障する資源である」という意味内容です。

これは進化心理学で使われる言葉ですが、ある程度の範囲でヒトの乳幼児期の子どもたちにも当てはめることができそうです。

ある程度の範囲と限定されるのは、他の動物に比べると、ヒトの乳幼児期は長く、身体的にも心理的にも限りなく未熟なところからスタートしていくということでしょうね。

それだけ母親に依存する期間が長いということです。依存の機能は「餌を探すことと、敵に食べられないようにすること」に関係しているようですが、こうして考えるとヒトの赤ちゃんはほとんど無防備です。

でもこの「無防備さ」こそ、高度な知能を獲得していくために淘汰圧を潜り抜けてきたヒトの戦略であったと考えられています。

成人期に見られる恋人同士の紡ぎ合い、見つめ合ったり、互いの頬に触ったり、口移しに食べ物を交換するなどの行為は、母親と赤ちゃんに見られる行為に起源をもっているそうです。愛着は「特別な人との関係」を表しているようですね。

乳幼児期の子どもたちにとって「母親は特別な人」であり、母親にとっても「子どもは特別な人」です。ですから、原理的には「他の人ではダメ」ということです。勿論、恋人の場合もそうです。

赤ちゃんが、周辺世界を探求し、ジブンとジブンでないモノを区別し、生息環境から必要な情報をピックアップし、行為の可能性を拡大しながら、文化的環境を理解し、自らの原動力にしていく底辺には、これらの母と子の情緒的絆を必要としているのでしょう。

「安心すること」は「探求すること」の基本です。あとは子ども自らが成長していきます。リボンクラブをしていてそう思います。

そして、このブログのそれぞれの写真を拝見していても、そのように思いました。

子どもは日々成長していきますね。

















  1. 2017/09/30(Sat) 12:03:08 |
  2. URL |
  3. ???? #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1192-28dbe070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)