FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





描画が教えてくれること :: 2017/10/11(Wed)



これは4歳10ヶ月の男児が描いたものです。


家庭で描いたものをお母さんが写真に撮ってくれ見せてくれました。

これまでにリボンクラブで描画を選ぶことがあまりありませんでした。
誘ってみると、弧状の往復線をいろんな色で重ねること、あるいは最近は博物館やレストランの見取り図を線で表す独特な表現に終始し、人物や身の回りの世界が登場することはなかったですから、
彼のファースト人物画を、お母さんと今か今かと待っていたのです。


お母さんは頭足人が出現すると期待していたのですが、
ご覧の通り、その時期は一度も見ることがないまま首や胴体を描いています。
彼の年齢と関係しているのでしょうか。



その描画報告を受けてから1ヶ月後。

楽しそうににっこり笑う「ママ」と「ぼく」。
身体地図が完成しかけています。
顔の下には首があることに気づいています。
ジブンの首はどう頑張っても直接見ることが出来ないのに、どうして知っているのでしょうね。
聞いてみたいものです。

胴体から直接手が出現。
日常生活のなかで指先を使う出番が多いからでしょう。
手の先には5本の指の存在が表れています。




同男児が描いたもの。



平面の用紙に太陽と地を描き、二次元を形成。
花や虫もあります。
外の世界には室内では見られないものがあることを知っているようです。男児の見る世界の広がりを表しています。
アルファベットのような記号の表記も見られます。
生活の中で見ることがあるのでしょうね。


バランス良く成熟しているのがわかります。
きっと彼の中でも、わけのわからない混沌とした状態が随分スッキリ整理されてきているようにおもいます。


今後、腕の出現や指の肉付きが見られることでしょう。
このペースだとそれもスグに訪れるかもしれませんね。


このことからもこどもの発達には個人差があること、
「早い」とか「遅い」ことにあまり目を向けず(但し注意を配りつつ)待っていたら、準備が整った頃、突如大人をびっくりさせるような表現をしたり、また遅れを取り戻し追い越す勢いで、その能力を発揮することがあるということを教えてくれます。


私はそのひとりでに大きくなる力を信じて待ち、
できたときに共に喜ぶ大人でいたいのです。














関連記事
  1. 描画あそび
  2. | trackback:0
  3. | 本文:3
<<LittleBits気になってマス! | top | 熊本 勉強会>>


comment

先日は熊本まで来ていただきありがとうございました。

リボンクラブのスタッフも久しぶりにお会いできて喜んで当たようです。荒尾リボンクラブのレオさんは、もう15年になりますが、現在も真摯に子どもたちに向かって学んでいます。今年4月から熊本リボンクラブを任されたモモさんは、今一所懸命に勉強しているようです。机の上に睡眠に関する本がありました。ジジは最近ヒューマン・エソロジーの本に取り組んでいます。この本の命題は「動物や人の行動は遺伝子コードによって方向づけられている」ということです。

25年以上も前のことですが、京都繊維大学でカイコの研究をしていた一田さんが「おみやげです」といって、ドーキンズの「利己的遺伝子」とディズモンド・モリスの「裸のサル」をくださいました。そのころのジジにとっては思いがけない本だったのですが、25年たってやっと一田さんの真意を受け取れそうです。

「遅れて気づく」ということはよくあることですが、それにしても25年は永すぎかもしれませんね。

   >描画が教えてくれること<

三枚の絵、興味深く拝見いたしました。これだけで判断することはできないと思いますが、1枚目の絵とおおよそ1か月後の2枚目の絵を比べると大きな変化がありますね。さみしそうな空間から、なんだか楽しい空間になっています。

ジェリーさんの感想では「きっと彼の中でもわけの分からない混沌とした状態が、ずいぶんスッキリ整理されてきているように思います」ということですが、そうかもしれませんね。

この2~3か月で「日常生活でも何か変化が有ったのか?」ママにお聞きしたいくらいです。

>「早い」とか「遅い」ことにあまり目を向けず(注意を配りつつ)待っていたら、準備が整った頃、突然大人をびっくりさせるような表現をしたり、遅れを取り戻し追い越す勢いで、その能力を発揮することがあるということを教えてくれます。<

「準備性」と言う言葉がありますが、まだ準備が整っていない段階で、過剰な刺激を与えると回避行動を起こすことがあるようです。

3枚目の絵に、A、C、Z、Y、U、のアルファベットの記号が見られますがひょっとしたら「英語の勉強をさせていなかったのかな?」と思いました。幼稚園でも英語を習わせているところがあるようですから、そこからの影響かも知れませんが・・・。

英語学習の是非は別にして、「この月年齢の最善の利益はお友だちを作ること」
です。まだケンカや取り合いになってしまう年齢ですが、それでも友だちを作ることでステージアップすることができます。お友だちができるということは、お友だちから評価されることでもありますから。

「子どもは発達する」

この経験的には当たり前のことが、科学的に十全に証明することは難しいようですし、私たちには科学的な裏付けが伴わないと信じることができないというジレンマがありますね。

ジジも20年近くリボンクラブに関わってきましたが、この罠にはまっています。

「こうして、こうして、こうすれば、貴方のお子さまは、りっぱな青年になります。」と言えればいいのですが、残念ながら少しでも未来を予測することはできません。

「不確実性」と言う言葉がありますが、これは先のことは分からないということです。そして私たちはこの不確実性の前に立ち尽くしています。ですから不安に襲われますよね。

野生の動物や昆虫も意識はしていないのだと思いますが、この不確実性の中で生きています。そして私たちも大なり小なりそうかも知れません。このように想像すると少しは気休めになりますし、ジジの場合は勇気が出てきます。「ジブンひとりじゃないんだ・・・怖がっているのは・・」


>わたしはそのひとりでに大きくなる力を信じて待ち、できたときに共に喜ぶ大人でいたいのです<

大人も子どももお互いにそのようにありたいですね。


それにしれも、2枚目の絵は楽しさが溢れています。いい感じですね。





  1. 2017/10/16(Mon) 16:57:32 |
  2. URL |
  3. ジジ #-
  4. [ 編集 ]

ジェリーさん先日はお疲れ様でした。
久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

1か月でこんなに描画に変化があらわれるんですね。そして絵が楽しそう!!イキイキしている様子が伝わってきます。
人と比較をしないで、その子のペースに合わせること・・・簡単なようで難しいことですが、それを大切にされている様子が1枚の絵からしっかりと伝わってきます。
  1. 2017/10/18(Wed) 13:20:16 |
  2. URL |
  3. レオ #-
  4. [ 編集 ]

一枚目と二枚目の間に、子供が女の子との関わりが幼稚園で増えてきた時期だったように思います。
自宅で、女の子たちがしている折り紙をやりたい、と言ったり、女の子たちがハートを描いてるから僕もかきたい、女の子たちがお手紙書いてるから、僕も書く、と言って急にひらがなを書き始めたり。。
ジェリーさんがおっしゃった「女の子たちが描く2次元の世界に似てる」というのが、そんな女の子たちとの関わりが増えてきた時期だったからなのかしら、と思います。

闘いごっこに夢中な時期は、絵を描こうともしません。

子供って本当に素直なんだな、と思います。

ジェリーさんと一緒に、彼の成長を喜べる親でいれて本当に幸せな毎日です。
  1. 2017/10/20(Fri) 19:43:20 |
  2. URL |
  3. 母 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1195-5e47ba4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)