あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム(旧ママりす日記)





草間彌生ワールド :: 2012/02/20(Mon)

先日 熊本の あそびのアトリエ リボンクラブより 
ボッスさんが 大阪に来られていたので、


一緒に 行ってきました

草間
ドットの女王 草間彌生展

ポップなかわいいイメージで 気軽に行ったのですが、

実際に 作品を目の当たりにすると



気の遠くなりそうな 何重にも重ねられた線、目、横顔、ギザギザ・・・

まさに 草間ワールド 炸裂


おっ 重い

苦しい 感じ

草間ドット
《チューリップに愛をこめて、永遠に祈る》
このチューリップの彫刻のみならず 天井、壁、床、部屋ごと 作品なのです


草間サイン
直筆の サインを 見つけました




彼女が 生涯をかけて 描くことに没頭する 差し迫ったものを 感じました

描くこと= 生きること

作品からは 「生」 と 「死」 が 表裏一体で 表現されていました



《魂の灯》の 小部屋は 鏡の効果を利用した とても幻想的な作品でした


数秒で 次の人たちと 入れ替わりますが、出たとき クラクラしました


最も 印象に残っているのは、《神をみつめていたわたし》 という全体的に
銀色の 自画像作品でした


取り憑かれたような気持ちになり、 家に置こうかと ポストカードを手にしましたが、

いや~ これ いつも見えるところにあると 彼女の人生観が思い出されて 重いな~と 
思いなおして 置きました


草間南京
《大いなる巨大な南瓜》

御歳80(?)歳 
「わたしはね、ピカソを こえたいのよ・・・」と 精神病院から アトリエに通う彼女

帰路に着く頃には、彼女のあまりのエネルギーに すっかり圧倒され

放心状態というか、からっぽというか 腑抜け状態・・・


ボッスさんと 一緒に行ってよかった
こうして記事にできたのも 数日後なのですから・・・
まあ、あまり まとまりませんでしたがね



blogrankingバナー
関連記事
  1. 日々のこと
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<5歳児 3人とお買い物 | top | 生活体験をもとに>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/120-8fade74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)