FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





お母さんのための勉強会(2)~アメでもなくムチでもなく自分で考えるコ~ :: 2017/11/29(Wed)


前回の続きです。


予定より、早く会を締めることになったため、
お昼休憩も寸暇を惜しむことなく講師から聞き出したいと思いました。
参加者もみんな勉強熱心なお母さん達です。


午後からは、山梨県北杜市の森をフィールドにしたようちえん「ピッコロ」主催の中島久美子さんにお話しを伺いました。


そのなかでおうちでもやってみては?と提案されたことを書き留めたのでご紹介しますね。



1, こどもを拒否しない、一度気持ちを受け止める

例えば、こどもが泥や粘土でお団子を作ってくるでしょう。見てほしくて、「ほら、おだんごだよ」と言ったとすると、こどもに関わる大人の対応は「お団子だね」と応えて食べるフリをしてみせたりする、など気持ちに寄り添うことを大切にしよう、ということです。

こどもが社会性を身につける一歩として、
身近な他者に共感を求めるのですね。

「いや~ね、きたないわよ」とか「ちがうわよ、これは泥よ」「いま、いそがしいからあとでね」なんて返したら、こどもの気持ちは潰れてしまう。

つまり、他者と気持ちを通わせることができないため
人との関わり方を学ぶチャンスが少なくなる、と
解釈できます。

わたし達大人は意外とやってしまっているかもしれない、と心に手を当てて見つめる必要がありそうですね。


気持ちには寄り添うけど、行動は寄り添わない。
ダメなものはダメとキッパリとした姿勢を見せることも必要。そうでなかったら、わがままを通すことを認めることになる、とも話しておられました。

ここらへんの加減が母親には骨が折れるところかもしれませんね。



2,感情までは裁かない

こどもがケンカしているときに中立の立場で聴く、ということです。

ことばや気持ちを聞き出したり、代弁して相手に伝えるサポートはするけど、どうしたいか、どうすればよいのかはこどもに委ねよう、というものですが、
これは大人にとっても、大変忍耐力を要するものですね。


たっぷりとした時間や心の余裕がないと難しいでしょうね。スケジュールがびっちり詰まっていたり、関わる大人が忙しかったり疲れていてはほぼ不可能でしょう。
大人が先導して解決しがちです。

こども同士の解決に至る過程は、大人の想像を超えたところで落ち着く場合が多々あるのだ、というお話しでした。



3, こどもを通して自分自身を見つめてみる


自分自身が子ども時代に抑圧されて育った場合、自身の生育歴が子育てをしているときにザワザワ、モヤモヤすることがある、というものです。


ザワザワ、モヤモヤという表現は抽象的で上手く言語化できないのだけど、なんだか釈然としない、スッキリしないとでもいいましょうか、
わたしはこんなとき、美意識から外れてるんだと
考えています。

親はこどもに欠如しているのでは?と心配し、不安になり、どうしたらよいのかありとあらゆる手立てを考える傾向があるけど、
実のところはこどもの問題というより、親の問題が背景にあることが多いとおっしゃっておられました。



4, こども一人ひとりをみる


こどもは日々変化する存在。

場をよく見ないと大人は余計なことをしがちである。
こどもが一人であそんでいる状況をどう見るのか?

可哀想?
ホントにそうかな?
一人でたのしんでいる?
のけものにされている?


5, 失敗体験を積む

大人はこどもが失敗しないように先回りしがちで成功体験を積ませようとする。
それもいいのだけど、途中経過を大事にするよう大人がたっぷりの時間やサポートをすることで、さらなる意欲へと繋がる。

成功体験を重要視し過ぎると、こどもが失敗を受け入れられず、責任を押し付けて人のせいにしたり、癇癪をおこすなどの問題行動が見られることがあります。

2,3歳児ですでに暴君のような振る舞いを起こすことも珍しくありません。

幼児期後半になると、責任を取ることが難しく、いつまでも人のせいにして、自分の非を認めないこともあります。
こうなると、お友だちと上手く関われず孤立しかねませんね。



6,大人を許しているのはこども。


えー?反対じゃないの?
こどもを許しているのはこっちよ~なんて声も聞こえそうですが(笑)

中島先生は
「知っててね」と私たちにメッセージをくださいました。



以上のことが、昨年5月に発売された保育紙
『園と家庭をむすぶげ・ん・きNo. 155』に紹介されています。
保育に携わっていなくてもこどもと関わるひとにとっては大変興味深い記事がいくつもありますよ。





お昼の休憩時間に尋ねてみました。

わたし: 幼児期に決まった時間割りのようなスケジュールがなく自由に過ごしていては、小学生になったときに席に座れないなどの問題行動があるのでは?とよく質問されるでしょうが、
実際これまでに卒園されたこどもたちの様子で知っている範囲で教えてください。(中島先生は小学生になって一番最初の参観日には毎年足を運ばれています)


中島先生: そんなことはないですね。座っています。
話をよく聞いています。むしろ、誰よりもよく聞いています。
それから、自己肯定感が強い子に育っていると感じます。
あるとき、学校で複数人で鬼ごっこが始まったら、
ひとりの子に「いれてやんないよ」と言われたらしいです。ふつうなら「いれてやんない」なんてお友だちに言われたら気持ちがしぼんで悲しくなるでしょう。でも、違ったようで、「あの子がいれてやんない、って言うのはおかしい、まちがってる。」という結論に至り、抜けることなく鬼ごっこをしてあそんだそうです。
先生に言いつけたくなったりしますが、そうはしなかったんですね、自分で考えて判断し行動できるコになっていましたね。



ということでした。
根っこの育った人間に成長していますよね。

森のようちえんピッコロはまだまだ課題はあるものの、アメでもなくムチでもない、自分で考えて判断できるコが育っているようです。


勉強会後、さっそく実践されているお母さんのエピソードを伺いました。


リボンクラブが大事にしていることに価値があると思う大人は少数派かもしれませんね。
でも、少数派でも全国にはカタチは違えど同じような考えの大人はいるものです。


当ブログにリンクしている
静岡県の昭和幼稚園や横浜市のりんごの木の柴田愛子さんも同じく「保育」いう分野で奮闘されておられますし、

今年になって知った前京都サンガ育成部長 池上正さんも「サッカー」の分野でまた同様の考えを持っているようで、その理論は驚きとともに深く納得できるものでした。


こども育てる根幹は一緒。
改めてリボンクラブの活動はなんだか良さそうだと自負しています。























関連記事
  1. 幼児教育
  2. | trackback:0
  3. | 本文:1
<<お人形教室④ | top | お母さんのための勉強会(1)>>


comment

いろいろな項目が挙げられていますが、どれも大切な視点ですね。

失敗体験の積重ね、
実際社会に出て、そのままの成功体験なんてほとんどないでしょうね。失敗し、そこで立ち止まって、考えて・・・そのような連続ではしょうか。
人間の認識の進化も.そのような道筋でしょう。
科学史での術語から始まり、一般化した<パラダイム>、失敗から新しい枠組みへの構築を意味していますね。

こどもの場合でも、言葉の使い方など、失敗から修正していっているようですね。
  1. 2017/11/30(Thu) 19:46:21 |
  2. URL |
  3. m.k.masa #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1201-f745dad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)