FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





こびとのごはん【ふゆ】 :: 2018/01/14(Sun)


1月8日、あそびのアトリエのお台所育児「こびとのごはん」を開催しました。


「つめたーい!」そんな声が聞こえてきました。

この季節は、お米を研ぐ時 とっても水が冷たく感じられますよね。
そんなところからも「ふゆ」を体感します。

だからお母さんの手は荒れるのかな。なんてお母さんの役割や気持ちを察することができるようになるのかもしれません。

研いだお米を集めて鍋に移しています。
協力すると効率よくできますね。



今回テーマの食材は冬が旬の【だいこん】

講師のあいさんが、大根についてお話ししています。



大根や人参、ごぼう、さつまいも、これらは
全部根っこの部分で、みんなからは見えない地面の中で育ちます。


根菜は身体を温める食べ物といわれますから、寒い冬にいただくのは理にかなっていますね。


一方、【なつ】に使った、きゅうりやそうめん南京は地上にできて、水分を含んだ身体を冷やす食材ですからこれまた暑い夏にぴったりという訳です。


あいさんは、無農薬野菜や有機野菜の場合は皮にも栄養があるから皮付きのままいただくそうです。
スーパーで買うのは皮を剥いた方がいいかも、、とおっしゃっていました。

また、スーパーに売られているものは栄養をどんどん葉に送り続けないよう切り落とされることが多いので、
葉は不要、食べれない部分と思われたり、
あるいは葉っぱがあること自体 知らない子もいるかも?

そのようなお話しもされていました。

この日はもちろん、菜飯にしていただきました。



このお野菜な~んだ?
ほうれん草?
オシイ! こ、、からはじまるよ。

そう!小松菜。

茎の太いぶぶんから、お湯に入れるよ。


茹でたら、水につけるよ。

ーなんで水につけるの?

水につけたら、より鮮やかなキレイなみどり色になるのよ。

ーへぇ~、ふしぎ~~



あいさんのデモをよ~く聞いていますね。


ひととおりデモを聞いたあと、早速やってみます。

大根の皮をピーラーを使って剥いています。



包丁を持つ右手と、ネコの手の左手。
素晴らしい!



こちらは豚汁のお出汁をとっているところ。

袋のかつお節を手に手にちょっぴりずつ入れる4歳児さんお二人。

そうなんです。
小さい人たちと台所に立つと、大人がいとも簡単に短時間でできることも、とっても時間がかかったり汚れることも覚悟しなければなりません。


その脇でかつお節の袋を返して一度で鍋に入れる6歳児さん。
もちろん「こんなふうにしてね」と言った訳ではありません。
この違いはなんでしょうか。


子どもたちは
こうしたら上手くいく、早くできるなどの仕事効率を
普段の生活やあそびの中から身につけていくのでしょう。


ですから、あいさんも大人は余計な口出しを慎み、静かに見守るようおっしゃっておられました。


包丁についた大根の落とし方。

刃の方向に沿って、すべりだい、でしたね!
よくできていますよね~


エビの殻をむいているところ。

どうしてエビ🦐にはかたい殻があるの?

どうしてこんなにたくさん脚があるの?


生き物の身体の作りや特徴に、自然と興味がわいてくるようです。









とっても真剣な眼差し!



盛り付け。ここでもジブンで。

「自分が食べれるだけいれてね」


果たしてジブンはどれ程の量を食べれるのか?
多い?すくない?考えながら入れることになりますよね。


今回の【だいこん】献立

●菜飯(桜エビと大根葉をまぜて)
●大根餅
●豚汁



いただきまーす!


ジブンで作ったものはおいしいなぁ。
お母さんもさぁたべて!


おかわりもよくして完食でしたよ。

どう?みんなおうちでもできそうじゃないかなぁ。



食後はお母さん達の声を聞いたり、
あいさんのお店で出しているシフォンケーキの試食と販売があり、
お腹が充分満足する一日となりました。



あいさんからも、子どもたちよくデモを聞いて、集中して取り組んでいましたね~とおっしゃっていただきました。








関連記事
  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<完成✨✨ | top | 遅ればせながら、、>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1212-11a70408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)