FC2ブログ

記事一覧

ゆっくり、しっかり大きくなってます!



2歳4ヶ月の☆ちゃんと5ヶ月の弟ちゃん
お母さんのお膝の上でお座りの姿勢ができるようになりました。
首もしっかり座り、グラグラすることはありません。


クーゲルバーンの転がる玉を目の前に出すと、
動くものを見ようと頭が左右に動きます。



まだ転がる玉を追視できないので、眼球だけを動かすのではないのです。
もちろん、お姉ちゃんの☆ちゃんの頭は動きません。

同じおもちゃを前にしても、年齢によって身体に取り込まれてから反応として現れるには違いがあります。



この日は書初めにも挑戦。

しっかり筆を握り、筆を走らせています。



残った墨汁でマーブリング

筆先をチョンとつけて。
☆ちゃんは、墨が生きているみたいにゆっくりモヤ~ッと動く様子をじっとみていました。

ゆっくりと模様が変化する様子を「オモシロイ」と感じられる感性は一番敏感なときかもしれませんね。




2歳児さんには、この「そぉーっと」筆先を水面につける、というのは力加減が難しいので、おうちでするときはおうちの方がするのがいいでしょう



さまざまな〝玉の道〝のおもちゃをたのしんでいます。






とても興味深いことをしています。
もじゃもじゃの毛糸を伸ばしてワニの上に配置。

こうして、こうして、、

☆ちゃんの中での決め事にしているようです。

配分や対応のようにもみえます。

語彙が爆発的に増え、見たものにマッチした色の名前を口にするようになりました。



ん?あたまの上から、誰かの声が聞こえるなぁ、

家では何かの拍子に寝返りを打つこともあるんだそう。

聞こえる音や目に映る面白そうなものに対して能動的な反応を示します。

バスのおもちゃを手にしました。

これはどんなものかな?
知りたいなぁ。
まずはもっとも敏感なお口で確かめてみよう!



この時期は口を使ってモノの情報を脳内にインプットするようですから、このバスのように角のないおもちゃは安全で適しています。

積み木であれば面取りしてあるものがより安全です。



しっかり身体の正中線でバスを把握し、目的を達成しています。




優れたおもちゃはこどもの発達を促してくれます。


詳しくは百町森のHPより
リンク





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数