FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





規則性であそぶ ~ビーズセット~ :: 2018/01/30(Tue)


「これなぁに?」

「開けてみていいよ。机に持っておいでよ。」


そんなやり取りで始まります。
前からあったのですが、なかなか子どもの目にとまらないようなので置く場所を変えてみたのが良かったようです。


カードを選び、対応させています。(6歳5ヶ月)



こちらも。(4歳11ヶ月)

「もっと、むずかしいカードないの?むずかしいのがしたい!」


そこで、ちょっと意地悪問題を出してみました。

「目をつぶっている間に悪い魔女が一つビーズを隠してしまったよ!
さて、何色がなくなったんだろうね??」


すると、目を輝かせて考え始めました。

「あー、わかった! あお!あおだよ!」

わかったことがたまらなく嬉しいことのように得意げに答えました。


そこで、
「えー、ほんとかな? 青かなぁ。なんで青だと思うの?」と突っ込んで聞いてみました。

「だってー、あおきいろみどりあかあおきいろみどりあかってなっているでしょ。だからあおなの!」


と、なんでこんなことわからないの?とでも言いたげな調子で自信を持って主張します。

この並びには規則性があることを知り、前後の関係から推測できるようですね。随分と論理的思考力が育っているようです。


また、さらに
「そうなんだね、もしかして黄色ってことはないのかなぁ」と言ってみると、

すぐさま、
「ないない!きいろきいろってなるやん」と
あり得ない!という剣幕で否定される始末、、。


順序や規則性に気づき、関連付けたり判断するという
難しいことを自然に身につけているようです。


数を操作するのが好きな子どもたちには、夢中になれるあそびですね。















関連記事
  1. かず
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<地域のなかではぐくむ | top | 3歳児さんの集中力>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1219-459f87fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)