FC2ブログ

記事一覧

手品あそび


この日は年長女児のプレイング。
1人が手品セットを持ってきました。

「ハイ、このなかからわたしにみえないようにカードひいてね」

「・・・・」

このとき、引いたカードが相手に見えてしまいました。
この、「ジブンだけ見て、ほかの人には見えないように・・」って、子どもたちには難しいんですよね、
4,5歳児さんと一緒にしたら、きっと見えちゃうでしょうね笑

もう一度カードを引きなおすと、今度は上手くいきました!


ジブンの視点、他者の視点を考えて行動する


こんなことが子どもたち間でできるようになるのは年長さんくらいにならないと成立しないのではないでしょうか。


「タネも仕掛けもありませんってゆうけど、ホントはあるよ。
だって仕掛けなかったら手品にならないもん」


よく、わかっていますね!


見せる方も上手く提示できるよう真剣。
見る方も「アレ?なんでー?」とその仕掛けに興味深々!




二人とも、お友だちのすること、持ち物に興味を示し、
相手と関わろうとし、コミュニケーションを図ります。

こんなふうにして「お友だち」を作っていくのですね。



指先を細やかに制御して危険な針も安全に扱えます。

もうすぐこの縫いさしも完成します。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数