FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





新しいおともだち :: 2018/05/15(Tue)




今月から新しく仲間入りした☆ちゃん(7ヶ月)

これまでにもお姉ちゃんと一緒に来ていたので、生まれた直後から(もちろん生まれる前から)知っています笑!



お座りの姿勢ができるようになりました。
寝姿勢より、より広く見渡せますね。
まだ後ろにひっくり返りそうになるので、お母さんが後ろから支えています。

口に左手、それも決まって中指と薬指の二本が入るのだそう。とっても器用ですね!
よく考えてみると口内と口周りの両方の充足を満たした形なのかもしれません。☆ちゃんのあみだした究極の安心感の形でしょうか?


わたしが見つめると、緊張した面持ちで隣のお母さんを見ます。
わたしとお母さんが親しげに話す様子を見て、再びわたしの顔を見ます。


この人は安心できるひとかな?
ここは安心できる場所かな?
ねぇ、お母さんそうなの?

「お母さん」をよりどころにして、新しい環境に適応する間で揺れる様子にみえます。
こんな様子から、☆ちゃんにとって「お母さん」が他の誰でもない特別な存在であることが伺えます。



お腹がすいてきたようです。
お母さんが用意していたミルクを両手で正中線上で把握し飲んでいます。

このとき、☆ちゃんは目の前にあるお母さんの顔をジッと見ます。

お母さんもその視線に返して見つめます。



新生児は視力が弱く、4,50センチくらいに近いものがボンヤリ見えると言われています。
そのときでも二つの目を検出する力はあるようで、「顔」を認識すると言われています。


☆ちゃんは7ヶ月ですから、はっきりお母さんを認識し、わたしとの違いもわかっています。
よく会うおばあちゃんに抱っこされても泣かないけど、あまり会わないおばあちゃんだと泣く、というエピソードからも違いを認識していることは明確です。


赤ちゃんの「見る」能力の育ちを考えると、
授乳や抱っこ、おんぶのときに視界を遮る場面に出会うたび、気になってしまいます。


仰向けに寝かせると、寝返りをうちます。
お腹を中心に旋回でき、興味のあるものに向かって手を伸ばします。
肘をついて胸まで上がります。
首もしっかりついてきます。
足をばたつかせますが、まだ前に進むことはしません。

たまたま足の裏がモノに当たり、蹴った反発力で身体が前進しました。ずり這いの仕方ももうすぐ獲得しそうです。


痛いとき、苦しいとき、泣いて助けを求めることができます。
お母さんは抱き上げます。
間もなくすると、泣き止み再びお母さんのそばであそびます。
手にしたモノを口へ。口で充足を満たします。



☆ちゃん、あなたのことを教えてくださいね。
よろしくお願いします。



関連記事
  1. 「人・物識り初める美しき世界」へようこそ 0歳児
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<さかあがりができるよ! | top | 3歳児さんの平面構成あそび>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1239-e5a41900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)