FC2ブログ

記事一覧

子育て支援クラス

今回の クラブは、「参観」となっていました

いつもは 母親は別室で待機なので、こどもたちの様子をみることはできません

あいにく勤務が長引き 30分だけ 参加することができました

先生含めたこどもたち6人が 棒を引いて、先端の色が同じもの同士が ペアになります


私たち親子が遅れて入室したため こどもたちの注意を そらしたのかもしれません
少々 はじけた様子がみられます


ボールをのせた 大きく広げた布端を ペアになった二人で持ち、
約3メートル四方の 四隅に置かれたポールの外側を 
ボールを落とさないよう注意しながら あるく というもの


自分だけでなく 相手の歩幅も考えないと ボールは落ちてしまいます
また そのことだけではなく 進行方向にも 注意を向けないと、ポールの外側を 回ることが
できません

「~シナガラ・・・スル」二次元可逆操作の獲得と 自制心を みることができます


まっくすは 慎重に運んでいました
ポールの 内側を 歩いたので、指摘されると 二つ目のポールから 外側を歩くことにも
注意を 向けます
後半 慣れてきたのか、早足になっていました

ペアを変えて 2回目

要領を得たのか、スタート直後から早足ですすみ
はじめのポールに 到達するまでに ボールを落としてしまいました



相手の子は 立ったまま 布を広げて待ち、
まっくすが ボールを入れて 自分側の布端を 持ち上げた時には ボールは 転がり落ちてしまいます

入れては転がりを2回 繰り返し、3回目に ようやくボールが 布に乗りました

この間、くじけず 助けを求めることもなく 問題解決にむかいました


まだ 心は ハイテンションのままで 途中 
「おふざけするなら できませんよ」 と 先生にお咎めをいただきました

しかし、ふざけたままではなく 後半は修正し 進む様子がありました


ほかの子が している時、注意をそちらに向け
はずかしそうな表情で すこしづつ あゆみをすすめるおともだちの様子を察知し、

「オカアサンガミテルカラヤ。ミントイテアゲ」 と

お部屋が いつもと違う状況を察し、おともだちを 気遣う発言もします


この活動のあと、先生お手製の 「すごろく」を します

ここ最近 体調不良などで こどもたちが5人揃うことが 久しくありませんでした

「5人で すごろく」 となると、 じぶんの番ではない時間が かなりあり
はたして 待てるだろうかという 先生方の 不安もあったようですが

こどもたちは すごろくに 注意を向けていました

じぶんのいる次のマス目が 「いち」で あること

転がったサイコロの目を みんなで見て、コマをすすめるのも みんなで注目していました

そのなかでも 慣れていないおともだちには まっくすが率先して説明しています

マス目に書かれている ハプニングにも 冷静に うけとめています


すごろくが 終盤に向かうころ、形勢が不利になったと見えた子が 突然 コマを投げ始めました

すごろくの紙を つかんで 破りました

思い通りにならなかったことを受け入れることが むずかしいようです

このまま ゲームを続けることは もはやできなくなり、先生が その子の気持ちを代弁をして

ほかの子たちに 状況を説明をします


ほかの子たちは 静かに聞き入れ、ボソッと 「あと もうすこしだったんだけどな~」とか

まっくすは 「かみを もっと じょうぶなのにすればいいんじゃない?」と 先生に提案するなど

怒る様子もなく 寛容な態度だったことに 驚きました 


受け入れることが難しく 大声で泣いている子が 気になりながらも、
先生に 促されて 終わりの挨拶をすることができました

このあと読んだあそびのアトリエ リボンクラブ✩荒尾ルーム✩の 記事が印象的だったので
紹介させてもらいます

試行錯誤しながらも一人一人の子ども達に向き合っていく

大人がいなければ診断ばかりがついても子ども達は救われません。

どういう形でもいいので、子どもの問題を正面からとらえ

ゆっくりでも、しっかりと問題解決をしていく仲間が必要だと

とても感じています。

私もそうでありたいと思います。
 


そして わたしも そうでありたいと 願っています

blogrankingバナー


 
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数