FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





おさんぽかい① :: 2018/06/04(Mon)


2日(土)おさんぽかいをしました。
この日は前日からグンと気温があがり、快晴🌞でした!


AM9:40 さぁ、しゅっぱーつ!

いきなりの坂道に既に不満の色がにじみます、、
先が思いやられます笑


目的もなくブラブラ歩くのがおさんぽ。

ですが、いつも「あそこまで行けたらいいなぁ」という目標は定めています。

しかし、子どもたちにとって
歩けど歩けどひたすら道、、

おまけに暑さが体力、気力を奪っていきます。
木陰でお茶休憩を取ったところで、
「ここでおべんとうたべようか~」の声が聞こえました。

えーっ!民家の真ん前だし、まだ20分くらいしか歩いてないし!

もうちょっと歩いてみよう~
励ましながら、、

オモシロイモノを発見したようです!
「ジェリーさん、みてー!なんかかいてあるよー」

あー、これはね
箕面市のシンボルの滝よ、滝ってわかるかなぁ。
水が流れてるの。これはね、もみじ。
箕面の滝ではもみじの天ぷら売ってるのよ。

と、説明。

このあと、このオモシロイおすいの蓋を数えて歩くという良い目標ができました!ラッキー



「わぁ、みてー、ジェリーさん、イチゴがあるー!」

民家の窓辺で育てられたイチゴを発見、
「なんこあるの?」
「イチ、ニー、サン、シー、ゴー、ロク、シチ、、ナナコあるー!」



暑さと疲れを癒すため、途中の神社で休憩させてもらうことにしました。

鳥居をくぐるまえに一礼。

手水で清めて参拝しました。


神さま、ちょっとだけ休ませてくださいね。

それにしても、なんて美しい日でしょうか。

空を見上げるわたしとは対照的に、

子どもたちはアリを見つけたようです。

「わーっ、アリの巣みつけたーっ!」

子どもたちは下をよく見ています。
こんな視点の違いに気づかせてくれるのが面白いですよね。


さぁ、休憩したから、
頑張ってあるいてみよう~


普段、歩くことが少ない現代の子どもたちは
しんどいことを忍耐強く続けるチャンスも少ないため、
体力より先に気持ちがふさいでしまうようです。


AM10:40 公園がありました。
ちょっとここで休もうか。

リュックを下ろして遊具へ走っていきます。
面白そうなモノへ向かう力はあるようですね!


疲れているはずなのに、どうして身体は向かうのでしょうね。
大人は散々歩いたあと、遊具であそびたい気持ちには到底なれませんよね。
こんなところも、大人とこどもの違いです。

高いところに上ったり、揺れあそびをしたり、、

子どもの身体が、脳が要求しているようです。
このような動きが見られるのが健康な子どもの姿なのだといえるのではないでしょうか。


子どもたちから、
もう歩けないからここでお弁当食べよう、そうしよう、と意見があがりました。

えーーーーっっ!!

行き先はこどもが決めていいんじゃないの?
とも。

もちろん、そうなんだけど、、


「今日、ジェリーさんが行ってみようかなぁと思ってた川の流れてる公園はね、ここから7分あるいたら着くらしいよ。どう?わりと近いんじゃないかなぁ。」

ここまで提案して、こどもたちの気持ちが動かないようなら、しかたない。ここでお弁当を食べよう、と腹をくくって発言してみたところ、

一人がリュックを背負い出発の準備を始めました。
それを見たもう一人も、わりにあっさりと気持ちを転向しました。
ヒトは4歳後半にもなると、ちょっと先の見通しを持たせると提案に応じる柔軟性を持ち合わせているんですね。
同調することが良さそうだと判断するようになるんだなぁと肩すかしにあった気分でした。


町の近隣地図を見て、さらに明確になったところで、

着きました!

ぜったい、こっちの公園の方が楽しいでしょう、
と思わずにいられません。


ウォーターシューズに履き替え、バケツと網を持って
さぁ入ろう~


滑らないよう注意しながら、川上から徐々に川下へ、、

「みずがあったかくなってきたー」
温覚が働きます。

なるほど!
水の温度が違うわけですね。
川の水温の変化は入らないと感じることはできませんね。


川には、沢山の親子が水遊びにきていました。

ここは水深が浅く、小さな子の水遊びに最適です。
そうは言っても、足場は平らではありませんから要注意ですが、、


ココで捕獲したという親子に水槽を見せてもらいました。
ヤゴ(オニヤンマ?)、ドンコ、だそう。



なんとか、あんなふうに生き物を捕まえてみたい、
狩猟の血が騒ぎます。

しかし、そう簡単には捕まえられません。

「どうやったらつかまえられるんだろう」

「ジェリーさん、サカナさがして!」

捕まえるためには、
注意深く観て生き物を探し出す力や、
観察した生き物の習性を利用した上で道具をうまく使う知恵、
静かに辛抱強く待ったり、今だ!というときの俊敏性など力を結集しないといけませんよね。

ジャブジャブ音を立てたり、網を振り回しては
たちまち逃げられてしまいます。



大きな石を並べて水の流れを変える作戦も試みましたよ。













関連記事
  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<おさんぽかい② | top | 安心空間の拡大>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1242-f8a4e1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)