FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





フィールドワーク@能勢 ~ミツバチの世界🐝~ ① :: 2018/07/24(Tue)


あそびのアトリエの台所仕事分野で協力頂いている愛さんが主催のフィールドワーク@能勢~ミツバチの世界🐝~に参加してきました!


池田ルームから車で40分弱で能勢に着きます。
そこから、みんなで乗り合わせ、最少台数で山道をくねくね上ると、こんな風景になります。


今回、おじゃまさせていただいたのはいくつかある巣箱のうちひとつ。栗の木の下周辺。


ニホンミツバチの養蜂家、和田さんにお話を伺います。

蜂は、脅威をかんじたら攻撃性を表す習性があるので、何にもしない人間には興味がないのだとか。
だから刺される心配はないとのことでした。
(近距離で一本指で蜂を指すと、攻撃されたと思い込み刺してくるので注意が必要です)


栗の実は小さく、イガは緑色でしなるほどまだ柔らかい若い実でした。



数字のふってある巣箱。

下の出入り口に働き蜂がたくさんいます。
この一つの箱に約30,000匹の蜂が住んでいるのだそう。
巣箱のそばに近づくと、ブーンという羽音が聞こえてきます。


巣箱の蓋を開けました!
たくさんのミツバチが空中に飛び交っていますが、みんなの視線は和田さんの手先に集中し過ぎて、全く気になりません!

この中に、女王蜂が一匹いるのです。
女王蜂はみんなとは違う特別な部屋があり、たくさん産卵します。


板の中央あたりに穴を塞ぐ白っぽい固まりがついています。

この中に卵を産みます。幼虫は生後3日間、栄養価の高いロイヤルゼリーを食べて育ちます。贅沢ですね~






一番頃合いの良さそうな板を選んでくれました。



ビッシリ蜂蜜が詰まった板を持たせてくれました!

約3Kgになるそうです~重い~




目の細かなネットを敷いて


ビッシリ詰まった蜜蝋にナイフを入れると、、



ワォ!キラキラ輝く蜂蜜が見えます!写真で伝わるかしら?


ミツははじめ水のようにサラサラしていて、羽根で蒸発させて、より濃度が増してくるのだとか。


板を二枚青い容器に入れ、ハンドルを回して遠心分離で攪拌させるようです。





黄金に輝く蜂蜜がでてきました~!!


和田さんは、巣箱内でミツバチの住み分けをしているので蜂蜜に死骸などが混入することは少ないようです。

濾過した蜂蜜🍯を各自、小瓶に移しました。

なんて貴重な体験!


活動中、こどもの帽子にまるでミツバチのブローチかと見紛うほど、じっとくっついていました笑!

















関連記事
  1. 戸外での活動
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
<<フィールドワーク@能勢 ~ミツバチの世界🐝~ ② | top | 2歳児さんのあそび>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1249-fc1fa987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)