FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





こびとのごはん -なつ- :: 2018/09/13(Thu)


すみません(^_^;)
前回、「つづく」とむすんだまま ずいぶん間が開いてしまいましたね


切りにくいかぼちゃの皮もちゃんと切れます



小学生のお兄さん、お姉さん達もさすがに手慣れています!

ほら、立ち姿が様になってるとおもいませんか?


お料理することが好きなんだとおもいます。







今回のメインイベント!アジをさばくぞ~💪

まずは、包丁の背を使ってウロコをおとします。
尻尾から頭の方向へ。
向きに逆らうように当てるとはがれるんだね。
へぇ、包丁って「切る」だけじゃないんだねー


こちらは頭を落としています。

今回のアジは子どもたちが扱うには立派すぎるほど大きいものでしたから、骨もしっかりしています。
包丁では落とせない場合は、ムリせずキッチンばさみで。


こちらは、ぜいごを落としています。

包丁を横に滑らすのは難しいですね。
見ていてドキドキしちゃいます。


一人一尾、さばきます。



全員、三枚におろしました!
(残念ながら、写真に撮れていません😭)


熱したフライパンにバターを溶かすのはおもしろいね!





できあがり~🍴

トウモロコシごはん、アジのムニエル、付け合わせに旬野菜、かぼちゃのスープ。



今回、リボンクラブを卒業したお兄さん、お姉さん達も参加でき、久しぶりに成長した姿に出会えたことを嬉しくおもいました。

さすがに小学生とあって、講師の愛さんのおはなしに耳を傾けて説明をよく聞き、手際よく進めることができていました。途中、何をしていいかわからない、とか手持ち無沙汰になるようなことはなかったですね。


家庭で台所に立つときは、家族とおしゃべりしながらすると思います。
そんな光景がこびとのごはんでもあり、やり取りも楽しいものです。

初参加の3歳児さんは
これまでにもお料理することへの憧れの気持ちがあったようで、台所仕事への意欲や関心の高さも伺えました。

自立心が高く、手伝わないで!といわんばかりの場面に遭遇しました。


子どもたちのこのような姿に出会えてるのは、
火や刃物といった危険と隣り合わせであることの程よい緊張感と、
道具、材料、手に触れるもの、見るもの、匂うもの全てが本物体験だからこそだと思うのです。


本物だからこそ、危険を上手く扱える自分を誇らしく感じられるし、達成感を味わえるというわけですね。



あ、このとき意外に感じたこと、、

それは、アジを開いたときの内臓などグロい部分を気持ち悪がったり、やりたくない、と言われちゃうかしら?という予想に反して

みんな?マジマジとよく観察したり、グニョグニョ感触を確かめたりと、平気な様子だったのです。
まるで解剖実験みたいな感じ、とでもいいましょうか、、
これには、肩透かしにあったような
思わぬ誤算となりました笑!



アジの解剖実験、うまくいきました~







関連記事
  1. おりょうり
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
| top | こびとのごはん -なつ->>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1252-0037a0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)