FC2ブログ

記事一覧

‘18 秋のおさんぽ会①


11日(日)池田ルームでは、
秋のおさんぽ会をしました。


こちら、今回リボンクラブの戸外での活動が初めての年少さんペア。キレイな色の葉っぱの収集


ふだん幼稚園へ通っているおふたり。
ママと離れて一人のワタシがここにいます。
幼稚園以外の場所へもみごとに母子分離できました!



年長のお兄ちゃんが先だって、斜面を登りました。

それを見ていた小さい子たちもあとからのぼってゆく様子がありました。

異年齢での小グループでは、互いに影響を与え合う良さがあります。


その結果、こんなことにはなるのですが、、笑





遠くにあるすべり台を見つけたようです。
「あのすべり台したい~!」と言って走ってゆきました。



でも、向かった先はは鉄棒でした。





ふつうにすべることに飽きたら、下から上がろうとしたり、寝そべってすべるなど、変化を求めます。

脳が身体が、全身をくまなく刺激することを欲しているようです。

よほど危なくないかぎり、制止や禁止は必要ないと考えています。
そのため、少し痛い思いをすることも時にはあるようですが、これもやってみないとわからないことですね。


地べたに座り込んでいます。

何をしているのかな?

よ~く見てみると、黄色いスボンの子が集めた植物の実を分けていました。
その実の数は子どもの人数とおんなじ数でした。


こちらは南京錠に興味津々の様子。



ここでも、ふつうに整備された歩道をただ歩くことに飽きたのか?「面白そうなコト」を見つけました。



歩いていると公園がありました。
もれなく立ち寄ります!



垂直に立った壁をステップのみ使って、上がってゆきます。

先日4歳になったばかりですから、見ているわたしがドキドキします。

なんの心配も必要なかったみたい笑



こんな急斜面だってへいきへいき!



歩くことに抵抗はなさそうです。



グラグラする足場。吊り橋みたいです。



おなかすいたから、ココでお弁当食べたーい!

という声もありましたが、

プラネタリウムやこの日サイエンスショーもやっている児童館へ励ましながらテクテク歩きました🚶‍♀️


「この山の上が児童館よ」と言うと、



「こんなところにちかみちがあるよー」と子どもたちが道ではない斜面を発見!

何年も住んでいますが、こんなところを通るなんて想定外!
面白そうなのでその案に乗ることにしました~


ニーナさんに先回りしてもらって安全を確認(これは大人の役目ですね)

おっと、失礼!可愛いおしりが並んでいます。


もれなく、こうゆうことになります、、







つづく







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数