FC2ブログ

記事一覧

おどまりかいの続き②


翌日の朝食作りの様子→→→


ここの二人は台所仕事が好きなのかな。楽しそうです♪




朝食のオープンサンドウィッチ
に加え、昨夜のカレーも食べるみたいです!
そんなに食べれるかな?



朝のお散歩班とこちら居残り班



石造りの橋の上から。










子どもたちのはじけるようなエネルギーと石の間に生息する春の花。どちらも生命力に溢れています。



春はそんな生命の息吹を感じる季節です。



シーソー



みんなでおにごっこ



アイフォンでもこんなに近づいて撮れるんですねー

桜の時期には少しだけ早かったのですが、ここのだけキレイに咲いていました🌸





だーるまさんがーこーろんだ



身体をぴたりと止めるって難しいね




さぁ、熊本のコたちはお母さんの待つ県庁前にかえるよー


お友だちつくって豊かな小学校生活を送ってほしいな。

あなたたちはどんな少年少女へと成長するだろう
私たちスタッフはとっても楽しみにしていますよ。
















関連記事

コメント

5月です。

5月になりました。
少しは、落ち着きましたか?

3月には、大阪より「お泊まり会」に参加していただいてありがとうございました。〇くんも遠い所から来てくれてありがとう。パパとママにも感謝します。

「経験すること・あそぶこと」をどのように評価してよいのか?と言うテーマは、意外と難しいです。それでも子どもたちにとって「一泊二日の小さな旅」は楽しかったようです。

車の中でのおしゃべり、恐竜博物館の展示品、化石の採取、夕食のお手伝い、
お休み前の読み聞かせ、朝食の用意、早朝の散歩、石橋からの眺め、麗らかな公園でのひと時、どこでも子どもたちは生き生きと活動的でした。

ジジが驚いたことは、子どもたちは「大人の言うことに良く従う」ということです。パパやママは信じられないかもしれませんね。

状況が違うと、子どもの行動も変化するのかも知れませんね。

また送信します。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数