FC2ブログ

あそびのアトリエ リボンクラブ大阪池田ルーム





枚方つーしんに、、 :: 2019/05/30(Thu)

枚方つーしん伝言板に募集記事を掲載しました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
枚方つーしん 伝言板



たくさんの人の目にとまりますように、、、



関連記事
  1. リボンクラブ
  2. | trackback:0
  3. | 本文:2
<<セラピー犬ってなんだろう? | top | ひらかたルームその②>>


comment

「枚方つーしん伝言板」読みました。

乳幼児親子教室というメッセージの仕方はいいですね。

問い合わせはありましたか?

ジジも最近同じようなことを考えていました。リボンクラブを始めたころとは社会の状況が変化してきました。同調するように、母親や乳幼児の暮らしぶりも変わってきたように思います。

「あそびはたいせつ」「あそびははったつ」というフレーズは何処でも使われるようになってきましたね。

厚生労働省が平成10年に「3歳児神話に科学的根拠はない」ということを言ったようですが、以来乳児期早期に保育園に預ける母親が増えてきました。輝く女性の社会進出が奨励された頃です。

ボールビーのアタッチメント理論は科学的根拠を持っていると思います。ですからなぜ厚労省がわざわざそのような言い方をしたのだろう?と思っています。

さまざまな立場の人々がいるで一概には言えないのですが、少なくても保育園の質が担保されてからでしょう。にもかかわらず行政は待機児童解消と言うことで、現在は保育の量にシフトしています。

だれもが安心して子育てできる社会システムの構築が目標だと思うのですが、まだまだ途上なのかもしれません。ですから、現実に子育てに不安を感じているお母さんは多いかも知れませんね。

7月には大阪に伺いますので、その時いろいろお話ししましょう。



  1. 2019/05/30(Thu) 11:31:51 |
  2. URL |
  3. ジジより #-
  4. [ 編集 ]

Re: 枚方つーしんに、、

ジジさん

いつもコメントありがとうございます。
毎回、心強く思っています。

さて、リボンクラブの空間の呼び名ですが、
なんと形容してよいのかずっとモヤモヤしています。
というのは、「・・親子教室」と「教」の文字が入ることです。何かを教える場所ではないのに「教室」とすることにしっくりきていないのです。

いつだったか、ジジさんから「幼児室」という言葉を聞いたとき、いいなぁと思いました。
モンテッソーリ教育をするところでは、「こどものいえ」と呼ぶところが多いように思います。「教室」ではないのです。

悩んでいても人に伝わらないので、ひとまず「乳幼児親子教室」としました。しばらく、このワードを使うことにしました。引き続き、よろしくお願いします。


  1. 2019/05/31(Fri) 23:00:03 |
  2. URL |
  3. ジェリー #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omocharibon.blog.fc2.com/tb.php/1274-50c40bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)