FC2ブログ

記事一覧

秋のおさんぽかい①


10月26日、ひらかたルームでは初の戸外での活動
秋のおさんぽかいを行いました。



前日、その前の日も雨だった大阪。
この日も集合時はスッキリしない空模様ではあるものの、


木々はキレイな紅葉🍁を迎えていました!


この辺りの木々にはモミジバフウ、アメリカフウと名札がかけてありました。



吊り橋から下をよーく見てみると、ジィーっとして動かない黒い鯉、遠くには白い鳥、頭だけだして移動するカメ?など見えました。


注意深く見ないと気づかないで通りすぎちゃうかもしれませんね。

地面を注意深く見る子どもたち、、

その視線の先は何でしょう?

ドングリを見つけたようです


なんだか得体の知れない物体を発見!!

黒くて大きい、、
まるで大きな動物の糞のような見た目、、


周辺にいくつもあるようです。なんだかコワイけど
勇気をだして足先でひっくり返してみました!

軽い!
もしかするとキノコの一種でしょうか、、


子どもたちが集まっています。

その視線を集めているのは、、


ダンゴムシ!

「ダンゴムシのお母さんや!」教えてくれるコがいました。


そうなんだ!オスかメスかの見分けるためのポイントが伝承されます。


こちらはカタツムリ🐌の赤ちゃん!

よーく見てみると、確かに小さいながらもグルグルの殻がありました。



年中・年長児さんが生きた虫を捕まえて手のひらに乗せて観察する様子をジッと見つめる年少児。
今回初めての戸外の活動に参加です。
憧れのまなざしが向けられます。


ワタシモしてみたい!
でもつかまえることができない、、

内発的欲求と実現できない矛盾が生じます。

「ジェリーさん、つかまえて!」とお願いされますが、

「ジェリーさんはつかまえれないなあ。
おねえさんたちがどうやってつかまえてるのかみてみようね」

スグに叶えず、憧れの気持ちがムクムク膨らむのを待ちたいところです。


真っ白の蛾を発見!

そこは目立ち過ぎやしませんか?


ぶらぶら歩いていると遠くに釣りをするおじさん。

公園にはいろんな目的でそれぞれの過ごし方をしている大人に出会います。


池には水面に雲や木々が映ります。

カモなど水鳥が羽を休めているのがみえました。

私たちの近くで一羽の水鳥が頭を出したと思ったら、瞬く間に水中に潜り姿が見えなくなりました。
しばらくすると、思いがけないところから頭を出し、再び潜っては頭を出すという様子をみました。

だいぶん息を長く止められるようだし、
私たちが思っている以上に早いスピードで水中で移動しているみたいです。

注意深くみていた子どもたちも水面のどこから
頭を出すのか面白く感じたようでした。


道を歩いていると黄色い実が転がっていました。
はて、なんだろう?

近くに同じ実をつけた木は見当たりません。
その実体を探ろうと枝を用いるようです。

固いからなのか
得体の知れないものへの恐怖からかは
わかりませんが、

素手ではムリと感じだのでしょうね。
とても賢いですよね。


可愛らしい赤い実がジャンジャン付いた枝はっけん。



草むらを歩いているとピョンと跳ねる虫がいました。

コオロギ🦗でした!


跳ぶ虫を捕まえるためには
虫の動きを予測する力、
俊敏性、
捕まえた虫を潰してしまわないよう
手指の力加減を制御する力など
伴います。


この辺り一帯は緑の木々と芝生が広がっていました。
そこで一匹の白ネコを見つけたようです。
野良ネコのようです。とっても目立ちます!

ネコが好き!というコが先頭になり、道なき斜面を追いかけていきます。


捕まっては大変、と逃げるネコ、、🐱

ネコはかわいいのですが、野良ネコだと病気を持っているかもしれません。
触らずに見るだけにしてね~



お弁当を食べたいと訴えるコの気持ちに寄り添いながらも、ぶらぶら歩いていると
面白いものを見つけました!

なんと木のベンチからキノコが生えていました。


日陰でじめじめしたところは
雨が続いたことで条件がよいのでしょうか。


地面も雨に濡れて苔がイキイキしているよう。

洗われて美しくみえます。





これまで見たものとは違って、この辺りのドングリは
細長いものでした。
何というドングリでしょうね。



アレ?竹林の中に白ネコが!

さっきのネコかなぁ。
目立つのですぐに見つけられます。















スマホがお昼を知らせる合図を知らせてくれました。

さぁ、シートを広げるのに良さそうな場所を
みんなで探そう!

お弁当までもう少しだぞー
がんばれ、がんばれ、
きっと自分を励ましていることでしょう。




続く、、




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数