FC2ブログ

記事一覧

カプラは社会の練習

あそびのアトリエ リボンクラブ✩荒尾ルーム✩の記事を読んで、

そうか今は 東京タワーならぬ 東京スカイツリーの時代よね


と思い、わたしもカプラで作ってみました

P5151702.jpg
貧素なでき具合に、あれっ こんなだった?
隣にも作ってみました

作り終えたところで、まっくすが部屋に入ってきて


自分より高い塔を見上げて、うわ〜といった感じでした

そして「そんなん、ぜんぜんすごくないし・・・」と言っていましたが・・・



その晩、
「みて〜」と言うので、行ってみると・・・
P5151706.jpg
カラーカプラで 高い塔に挑戦しておりました


「てつだって〜、ままみたいにおおきくしたい」と言い、どうやら丸くしたいようでした


そこで二人で作りはじめましたが、残念ながら 倒れてしまいました
「もう、ままのせいでこわれた〜」と くやしそうです

ままのせいで壊れたのではないことも、うすうすは 気づいています
しかし、そうでも言わないと、モヤモヤの持って行き場がありません

この塔でこれ以上積むことは、無理だと判断し、
新しく作ることを提案すると一緒に作る という条件でまっくすは承諾しました

P5151708.jpg
高くなったので、台を持ってきました

P5151714.jpg
台でも届かないとわかると、こんどは椅子を持ってきて載せました
(見ていると、ヒヤヒヤしますが・・・)

P5151715.jpg
てっぺんを制作中 真剣です

しかし、上手くいかず てっぺん部分のみ 壊れてしまいました


P5151716.jpg
今までだったら、もう嫌になって 全部壊しにかかるところです

壊してしまいたい衝動に駆られながら、カプラに当たらないように 人形を振り回します
ちゃんと 注意を払っています

そして、人形の足を 噛んでいます



どうするかな? と待っていたら、

「ままがして」と言いました
まっくすが監督となり 指示通りに カプラを置きました


こうすることで、あくまでも 「まっくすがつくった」という 気持ちが尊重されると思います
P5151717.jpg

手伝いはしましたが、「壊れる」という挫折も経験し、また立て直すことができ
想いをカタチにするところまで頑張りきった姿に 家族みなで 喜びました


カプラを積むあそびは、まるで やがてやってくる社会に出た時の練習をしているかように
感じるのです


 blogrankingバナー

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェリー

Author:ジェリー
自身の子育て中、夫の赴任先の熊本県で【あそびのアトリエリボンクラブ】に出会う。赤ちゃんの発達やあそびの重要性と赤ちゃんとモノ・ヒトの関わりに興味を持つ。【あそびの心理研究所】所属。あそびのアトリエ開設講座を受講。赤ちゃん学会会員。
2013年大阪池田ルームを開設。2019年大阪枚方市に場所を移し、ひらかたルームに名称変更。22歳・19歳・13歳の子どもの母。

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数